1-2・遠州弁え行

えぜる その2

遠州弁え行

「えぜる」と「いぜる」はどう違う。

続きを読む "えぜる その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*えらい その2

いきなり例文

「お帰り~。えらいやあっとかかったじゃん。しゃれんならんくらいえらくどんじかられただって?そんなどえらかっただけえ。」

「えらいえらい。下手すりゃ今日のうちになんか帰って来れんかとホントえらいとこ来ちゃったやあと思っただよ。ふんでもまあなんとかえらいなりに終われただよ。」

「そりゃえらいえらかったの。」

「なんしょはあ肩凝ってばかえらい。」

上記の例文における「えらい」。

意味は「随分」・「大変」・「相当」・「苦労した」・「しんどい」

例文を訳すと

「お帰り~。随分と手間取ったみたいじゃないか。洒落にならないくらいこっぴどく怒られたんだって?そんなに大変だったのかい。」

「そりゃ相当なもんだったさ。最悪の場合今日中には帰って来れないのかとやれやれひどいとこに来ちゃったもんだと思ったもの。それでもまあなんとか大変なりに終われたよ。」

「そりゃまた随分とご苦労様だったね。」

「そのせいでとにかく肩が凝ってしんどい限りだ。」

紛らわしいとお思いでありましょうが、どの意味においても「厭な事」ということでは同じなので実際使ってる身としてはそういった大雑把な解釈をしていて例文の訳みたいな細かい受け取り方はしていないであろう。したがってこの訳以外にも解釈は可能であり間違いでもない。

身も蓋もない訳ということであれば

「なんか嫌な事あったみたいだね。」

「おおなんとか終われたけど嫌な事だった。」

「そりゃ相当嫌だったねえ。」

「ホントだよ。ひどく嫌だったよ。」

とまあこういう感じである。

例文にはないが「えらい重たい」という言い方は訳せば「とても重たい」という事になるのであるが持つのが嫌なくらい重いという事である。他には「がんこ重たい」(持つのに骨が折れる重たさ)・「ばか重たい」(なんでこんな重いの俺が持たなきゃいけないんだと怒れてくる重さ)・「ど重たい」(自分の力量を越えた重さ)とかいうニュアンスであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*ええからかん

「いい加減」・「不真面目」・「口先だけ」などという意味。遠州に限らない広い地域で使われている言葉であろうが遠州でも使うよということで記載。でもほぼ死語に近い感じで昔は大人がよく使ってたけど最近は殆ど聞かないなあという気はする。

「かんからかん」(空き缶)という言い方ととても近い、というか「からかん」が同じである。他には「すっからかん」とかがあろうか。

「いいからかん」という言い方をする地方もあり。ネットで調べると甲州(山梨県)・東京都西多摩郡瑞穂町・秩父・群馬・長野などなど関東甲信地域で広く使われる方言として検索でヒットする。

遠州では「いい」が「ええ」に変化して使われているということであろう。余談だが駿河でも同じような言い方をするらしい、意味も殆ど同じみたいだし。

他には「ええからべえ」という言い方も遠州にはある。「べえ」はおそらく名前の「兵衛」からきたものと想像される。こちらは「いい加減な事を言う人」といった人を指す時に使われることが多い。

「いい加減」・「ずぼら」などということであれば「ええころかげん」という言い方もある。

話を戻して、「からかん」という言い回しの味噌は「から」にあるのかも。地域によって「かん」とか「べえ」になったりするが「から」は不変だからというのがその理由。

以下は全くの私見な推測の屁理屈であるが

「かんから」も「すっから」も漢字にすると「缶空」・「素っ空」と書ける。

したがって「ええから」の「から」も「空」である可能性が高い。そしてその意味するところは辞書による「空」は「ただそうするだけで、それに伴うものがない状態にあること」ということの意味が使われているのではなかろうか。したがって「良い」が「空っぽ」。つまり良いが空虚ということではなかろうか。そして「良いが空」+語呂合わせの「兵衛」とか「かん」が付いたのではと。

ただ「かん」ってなんぞやということに関してはさっぱり分からない。

想像を働かせば、「官吏」の「官」だったら「役に立たないお役人」って感じだろうし「感覚」の「感」だったら「当てにならない感」ってことだろうし「奸」だったら「騙す輩」って勢いだろうし。「完結」の「完」なら「いい加減にしろ」もしくは「完全ないい加減」だろうし「漢」なら「いい加減なおとこ」とかなんでも可能性があるような。ま、あくまで妄想ですけどね。

実際のところやはり「からかん」ってどういう語源なのかはさっぱり分からない。

例文

「明日の天気どうだかいやあ。」

「どがんこピーカンだって。」

「またええからかんなことぬかいてえ。」

「テレビでゆってたで嘘じゃないって。信じん人だやあ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ええがあ

いいわあ・いいだろうがとかいうニュアンスでしょうか。これがもろ名古屋だと「ええがや」関西なら「ええわあ」とかになるんでしょうけど。

これが遠州弁かといったら大分疑問符がつくわけですが、多分に「ええがや」の変形とも感じられる「ええがあ」という表現でありまして。に、してはなんか普段耳にするよりテレビや映画とかで入ってくるようなイメージもなきにしもあらず。ホントのところはどこの言葉なんでしょうかねえ。

オヤジギャグかますなら「この映画ええがあ」(この映画ホントいいよ)

例文作ろうと思い巡らすも、会話として浮かばないってことは普段使ってないのかな。でも自信ないけどまあ強引に作ってみすか。

例文

「こっちん方よかあっちん方んがええがあ。」

  (これよりあっちの方がいいんだけど。)

「なんでえ一緒じゃん。これでいいじゃん別に。」

  (どうして?同じでしょ。別にこれでもいいでしょう。)

「ふんだこたあねえよを。あっちん方がええだもん。」

  (そんなことないもん。あっちの方がいいもん。)

「一緒だっつてるらあ。ホント聞いちゃいんだで。これんせるでねえ。」

  (同じだって言ってるでしょ。もう聞いてないんだから。これにするからね。)

「嘘こいちゃかん。値段みてみい違うにい。」

  (嘘つき。見てよ値段が違うじゃん。)

「なにいやらしいとこ見てるよを。」

  (なにえげつないとこ見てるのよ。)

「どっちんいやらしいよを。子供だまくらかいちゃかん。」

  (どっちがえげつないよ。子供だと思って騙すのはやめて。)

やっぱこれは遠州弁じゃないな。遠州弁だったら「ええよを」になるもんな普通。じゃあどこの言葉なんだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

えらそうに

「馬鹿えらそうにしてたもんで医者連れてった。」

(物凄くつらそうにしてたから医者に連れて行った。)

偉ぶるとかの「えらそうに」というのももちろん使うが、遠州弁では体調がすぐれない状態に見えることを指す場合も多い。「えらい」を「しんどい」というかどうかで上記の例文の解釈が大きく変わるところであろうか。一応辞書では「階段の上り下りがえらい」という文例を載せているので「えらい」=「しんどい」が遠州だけという訳ではないのであるが使いどころが独特のような気がする。

例えば、共通語での「えらそう」(偉そう)の使い方で上記例文を解釈すると

「大変偉い方のような振る舞いしてたので医者に連れて行った。」

これでは頭がいかれてるから医者(精神科)に連れてったということになる。

もしくは「えらい」が「大変に」という訳で解釈すると

「物凄く大変にしていたから医者に連れて行った。」

これだと救急車呼んだほうがよさそうで医者に連れてくことがはたしていいことなのかどうか。ちなみに救急車呼ぶくらいの緊急性があるような場合は「えらい・えらそう」は使わないことが多く「死んでる」「死にそう」

またもしくは「えらそう」を「生意気」という訳で解釈すると

「物凄く生意気にしていたから医者に連れて行った。」

性格を直してくれる医者はいないだろうから行くとこが違うだろとなる。

以上もちろん冗句だがそう取られ兼ねない可能性もあるということで。

例文

「○○の奴なんかえらそうにしてたなあ。」

「なにやっ!きんのうあんだけ説教しただにしょんねえなあやあ。連れて来いやあ。」

「んじゃなくて気分がえらそうっつうの。」

「あっそ。ちっと説教し過ぎただかいやあ。」

「きんのう酒がんこおそまで呑んどったらしくてさあ。」

「懲りちゃいんじゃんかあ。やっぱ説教だ。」

「やめない。説教喰らって落ち込んだのの気分転換かもしれんじゃん。」

「ちゃうだあ。二日酔いこいて仕事すんじゃねえっつって説教こいたの。」

という風に現地人でも聞き間違えはある。これを防ぐため「しんどそう」の「えらそう」は「にしてる。にしてた」を使い「生意気」の「えらそう」には「してる・してた」又は「こく・こいてる」とかを使って分けてる人が多い。もちろんこの使い分けでもどっちにでも取れるややこしさが完全に解消される訳ではないのだが。

| | コメント (0)
|

*えらそうこく

生意気な口を利くと言う意味。発言だけでなく生意気な行動とかでも「えらそうこく」を使う場合がある。

共通語だと「えらそうに」であろうか。

ちなみに「えらそう」だけだと「しんどそう」という意味合いもあるので「えらそうに」だと遠州ではどちらの意味(大変そうに・生意気に)でもとれるので「こく」がつくことが多い。「こく」がつけば必ず生意気にという意味で使われる。

例文

「やあ。怖いやあ。まあちっとブレーキ早めにしてくれん?」

  (おわ~。怖いぞお。もう少しブレーキ踏むの早めにしてくれないか。)

「えらそうこくじゃないにい。ふんだだこんわ免許取ってから言えやあ。」

  (生意気言うんじゃないよ。そういうことは免許取ってから言えよ。)

| | コメント (0)
|

*えばる その2

威張る(いばる)の訛った表現。生意気だとか非難や中傷をするような場合に使われる。関西系の方言であろうか。遠州でも使われるということで記載。

遠州人は「いばる」と「えばる」の両刀遣いをしていてその使い分けは、「いばる」は威を張るという事で多少肯定的なニュアンスであるが「えばる」は偉そうに張るみたいなほぼ批判的なニュアンスとして使われる。

他の言い方には「えらそうこく」というのもある。

例文

「あんの野郎ちいっと賢いと思ってえばってけつかりゃがってえ。馬鹿おこれる。」

  (あの野郎め。ちょっと頭いいと思って威張りちらしやがって。なんかむかつくぞ。)

「課長だで部下にいばるのしょんないらあ。」

  (課長なんだから部下に威張るのはしょうがないだろう。)

「仕事もでけん癖しやがって指図せるなんざふざけるなっつうだよ。威張るなら上に噛みついてみろっつうだあ。」

  (仕事も出来ない癖して指図するなんてふざけるんじゃないよって感じだよ。威張るんなら上に噛みついてみろってんだ。)

「しょんないじゃん。昇進試験受からにゃペーのままだで。」

  (仕方ないだろ。昇進試験に受からないと仕事出来たって平のままなんだから。)

| | コメント (0)
|

えへらえへら

要は「へらへら」なのだが浮かれてる度合いの違いによって使い分けられていると説明しても撥はあたるまいて。

「へらへら」は相手から見れば許しがたい状況での緊張感のなさに対する怒りを感じるが。

「えへらえへら」は納得いかないが多少は許せんでもない状態。

なので「へらへらしてんじゃねえよ」だと「気を緩めてるんじゃねえよ。」とか言う風になり「えへらえへらしてんじゃねえよ」だと「お楽しみはそこまでにしてそろそろ・・・」とかいったニュアンスの意味になることがある。

検索してみると「えへらえへら」おかしくもないことに締まりなく笑う様と辞書で載っていたので共通語ではあろうが遠州弁のニュアンスだと「へらへら」と「にしゃにしゃ」の中間的な使われ方をするということで記載。

同じような言葉で「にしゃにしゃ」という表現があるがこちらは満面の笑みといった勢いがあり「えへらえへら」は浮かれてる(はしゃいでる)といった趣となることが多い。ただし「えへらえへら」の後に「ちんたら」とかがついたら気を引き締めないと痛い目に逢う領域である。

例文

「相変わらずうれしそうだのえ。」

「んなことあらすかあ。いつだって平常心だにい わし。」

「いんやあ、きんのうにしゃにしゃしとったけど今日はえへらえへらしてるわあ。やあ、何いいこんあったでえ。」

「なんもねえよ。」

「うそこけえ。」

| | コメント (0)
|

*えぜる

いじる→いぜる→えぜると変化したもの。

「いぜる」との意味的な違いはほとんどなく地域性年齢的な要素による違いであろうか。

「いじくる」は「えぜくる」となる訳だがとても粗野な感じが増す勢いである。

例文

「えぜっちゃかんってっ。まだ乾いちゃいんだと。」

  (さわっちゃ駄目だって。まだ乾いて無いからだって。)

「どんくらいで乾くだ?」

  (どれくらいで乾くの?)

「知らすけえ。なんしょええっつわれるまでだらあ。」

  (知らないよ。とにかくいいっていわれるまでだろ。)

「えぜっちゃかんつわれるとえぜりたくなるなあやあ。」

  (触るなって言われると触りたくなっちゃうんだよなあ。)

| | コメント (0)
|

*えーが

映画のこと。発音が違うと言うことで記載。二種類の発音を使い分けてるが、ひとつはほぼ平坦なアクセントであるが強いてあげれば最後の「が」がやや強めになる。もうひとつは頭の「え」が強めになる共通語に近いアクセント。

使い分けには明確な決まりがある訳ではないし個人差があるので一概には言えないが、話しの頭に来る時は「え」が強め、話しの中とかに来る時は「が」が強めになることが多い感覚がある。

「ええが」か「えーが」どちらが近いか悩んだが「えーが」かなと思ってこちらを採用したが個人差があるのでどっちでもとんじゃかない(構わない)。映写機とかも「ええしゃき」(アクセントは共通語と同じ)と言うし映像も「えーぞお」(これも共通語と同じ)と言う。

共通語のアクセントで「えいが」と言うと「栄華」の方をイメージする遠州人は多い。

例文

「えーがみいいかまい。」

  (映画観に行こうよ。)

「なにみいいく?」

  (何観に行く?)

「行って決めまい。」

  (映画館行って決めようよ。)

「そんなこんゆったら混んでいんのになっちゃわへん?」

  (そんなこと言ったら混んでないのにならないかい。)

「じゃどーゆうえーが観たいよお。」

  (ならどういう映画をを観たいの?)

「特に無い。」

「じゃいいじゃんなんしょいかまい。」

  (ならいいじゃんとにかく行こうよ。)

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0-0・当ブログの読扱要領 | 0-1・耳で聞く遠州弁 | 1-1・遠州弁かるた随時製作中 | 1-2・遠州弁あ行 | 1-2・遠州弁い行 | 1-2・遠州弁う行 | 1-2・遠州弁え行 | 1-2・遠州弁お行 | 1-2・遠州弁か行 | 1-2・遠州弁き行 | 1-2・遠州弁く行 | 1-2・遠州弁け行 | 1-2・遠州弁こ行 | 1-2・遠州弁さ行 | 1-2・遠州弁し行 | 1-2・遠州弁す行 | 1-2・遠州弁せ行 | 1-2・遠州弁そ行 | 1-2・遠州弁た行 | 1-2・遠州弁ち行 | 1-2・遠州弁つ行 | 1-2・遠州弁て行 | 1-2・遠州弁と行 | 1-2・遠州弁な行 | 1-2・遠州弁は行 | 1-2・遠州弁ひ行 | 1-2・遠州弁ふ行 | 1-2・遠州弁へ行 | 1-2・遠州弁ほ行 | 1-2・遠州弁ま行 | 1-2・遠州弁や行 | 1-2・遠州弁ら行 | 1-2・遠州弁わ・ん行 | 1-3・遠州弁+古語でお遊び | 1-3・遠州弁的言い回し | 1-3・遠州弁関連 | 1-4・遠州地域ネタ | 2・コマーシャル | 2・スウィングガールズ関連 | 2・テレビ | 2・映画・テレビ | 2・現クールのテレビドラマ | 2・2007年のテレビドラマ | 2・2008年のテレビドラマ | 2・2009年のテレビドラマ | 2・2011年のテレビドラマ | 2・2010年のテレビドラマ | 3・DVD | 3・戦争活劇 | 3・映画・DVD | 3・矢口史靖作品 | 4・その他 | 4・つぶやき | 4・変形改造ことわざ・慣用句 | 4・手作り話し | 4・死語の世界 | 4・言葉の彩?綾?誤?