1-2・遠州弁ま行

めんくりだま

遠州弁ま行

「めんくりだま」

続きを読む "めんくりだま"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

もちくる その3

遠州弁ま行

「もちくる」

他所ではこういう使い方はしないらしく、どうもモロな遠州弁らしい。

続きを読む "もちくる その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

みっせえ

遠州弁ま行

「みっせえ」

例「ほれみっせえ」

続きを読む "みっせえ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

まいた

遠州弁ま行

「まいた」

レベル 非日常レベル

続きを読む "まいた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

もさる

遠州弁ま行

「もさる」

レベル マスターレベル

ちなみに私は知らない言葉

続きを読む "もさる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

まあ

遠州弁ま行

「まあ」

レベル 普通レベル

続きを読む "まあ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

みば その2

遠州弁ま行

「みば」

レベル 最近非日常化レベル

続きを読む "みば その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ましゃくにあわん

遠州弁ま行

辞書にもあるので遠州弁とするのはどうかと思うが昔よく聞いたし今使ったらなにそれ?だと思うので記載。それと辞書にはない意味使いをしてる地域もあったらしい。

レベル よく分からないが方言での意味に於いては死語級か?

続きを読む "ましゃくにあわん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*もちょっと

おそらく広い地域で使われてる俗語の部類に入ると思える

「もちょっと」

訳す程でもなかろうが一応「もうちょっと」のはしょった言い方。遠州でもよく使われる言い回しであるということで記載。

辞書には「も」{副詞}「もう」の口語的表現。とあるのでちゃんとした共通語らしい。

時代劇なんかだと「もそっとちこう寄れ」とかいう台詞を耳にしたりするわけで古い言い回しということになるんだろうか。

実際の遠州での使い方は「もうちょっと」よりも「ちょっと」というニュアンスという勢いで使われる事が多い。(まあ全国どこでもこんな感じであろうが)

もう少し>もうちょっと>もちょっと>ちょい

とかいった具合であろうか。

「ちょっと」ではなく「ちっと」を使う事も多い。

もう少し>まあちっと>もちっと>ちょい

まあ他にも細かい言い回しはあろうがとりあえず大雑把に挙げてみた。

ちなみに「ちょびっと」・「ちびっと」と「もちっと」ではどちらがより「ちょっと」なのかというと微妙過ぎて何とも言えない。

ちなみにネット辞書には「ちょっと」は「ちっと」の転と記載されていた。「ちっと」は俗語の類いじゃないんかい。辞書にはそうは書かれていない。どうなんでしょね。

で、元に戻って「もちょっと」。使いどころとしては「ほんのちょっと」・「あとすこし」といった微調整を求めるもので

「もうちょっとなんとかせえやあ」だと基本駄目出し・作り直しであるが「もちょっとなんとかせえやあ」だと改良・改善を求めるといった勢いになる。

例文

「やあ、どんどん点離されてってるじゃんかあ。」

  (おいどんどん点差が開いていってるじゃないか。)

「しょんないじゃんあっちん方がつおいだでえ。あの衆ら全国行ってるだにい。」

  (しょうがないだろあっちの方が強いんだから。あっちは全国大会に出てるんだよ。)

「にしたって、もちょっとなんとかせえやあ。」

  (それにしてももうちょっとなんとかしろよ。)

「なんとかできたら苦労いらんわ。」

この場合勝てとは言わないからせめて少しは意地を見せろという意味での「もちょっと」である。「もうちょっと」だと勝てそう(善戦した)な雰囲気作れという勢いになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*まるけ

よく使われるのは「ほこりまるけ」・「どろまるけ」。

この「まるけ」を共通語に訳すとしたら「だらけ」がいいのか「まみれ」がいいのか。

「血だらけになって」を「血まるけんなって」とは言わない。ではどう言うかというと、「血いだあだあで」とか「血だるまんなって」などと言うのは少数派で普通は「血だらけになって」とそのままである。

「汗まみれになって働く」を「汗まるけんなって働かす」とも言わない。「汗だくんなって働かす」というのが普通。

「烏合の衆だらけで話にならない」を「ばかまるけで話しんならん」とは言わない。「ばかばっかで話しんならん」と普通は言う。

つまるところどっちだと言い切れない。よく分からないので辞書で「まみれ」と「だらけ」の違いを調べてみる。

「まみれ」

辞書には「塗れる」{自動詞下一段活用}(血・汗・泥・ほこりなどが)体中につく・ついて汚れて見える。「一敗、地に塗れ」。

ネット辞書には「塗れ」他の語の下についてそのものがべったりついて汚れる意を表す。「ほこりだらけ」・「血だらけの男」。

「だらけ」

辞書には「だらけ」{接尾語}(もとのものの表面が分からないほど)一面に、そのものでおおわれること。「どろだらけ」・「借金だらけ」。

ネットの辞書には「だらけ」{接尾語}名詞に付く。①そのものが一杯であるさまを表わす。ばかり。「借金だらけの生活」・「紙屑だらけの部屋」・「欠点だらけの人間」。②そのものが一面についている様を表わす。まみれ。「泥だらけの服」・「血だらけになる」。

とある。

大雑把にいえば、「汚れた」状態になるのを「まみれ」と言い、そういう限定なしにとにかく全面覆われたりした状態を「だらけ」と区別できそうだ。

じゃあ「まるけ」はどっちなんだ?となるとこの区別にあてはまらない。つまり長々と書いてきた割には何もわからないということ。明確なものが見つからない以上「だらけ」・「まみれ」になる状態をなんにでも「まるけ」に置き換えてもそれはおかしいとはいえない。しかしながら実際は言うものと言わないものがある。

判定するにはなんでもかんでも言いまくって周りから「変」と言われるかどうか試していくしかない。アンケートとかとれれば楽なんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0-0・当ブログの読扱要領 | 0-1・耳で聞く遠州弁 | 1-1・遠州弁かるた随時製作中 | 1-2・遠州弁あ行 | 1-2・遠州弁い行 | 1-2・遠州弁う行 | 1-2・遠州弁え行 | 1-2・遠州弁お行 | 1-2・遠州弁か行 | 1-2・遠州弁き行 | 1-2・遠州弁く行 | 1-2・遠州弁け行 | 1-2・遠州弁こ行 | 1-2・遠州弁さ行 | 1-2・遠州弁し行 | 1-2・遠州弁す行 | 1-2・遠州弁せ行 | 1-2・遠州弁そ行 | 1-2・遠州弁た行 | 1-2・遠州弁ち行 | 1-2・遠州弁つ行 | 1-2・遠州弁て行 | 1-2・遠州弁と行 | 1-2・遠州弁な行 | 1-2・遠州弁は行 | 1-2・遠州弁ひ行 | 1-2・遠州弁ふ行 | 1-2・遠州弁へ行 | 1-2・遠州弁ほ行 | 1-2・遠州弁ま行 | 1-2・遠州弁や行 | 1-2・遠州弁ら行 | 1-2・遠州弁わ・ん行 | 1-3・遠州弁+古語でお遊び | 1-3・遠州弁的言い回し | 1-3・遠州弁関連 | 1-4・遠州地域ネタ | 2・コマーシャル | 2・スウィングガールズ関連 | 2・テレビ | 2・映画・テレビ | 2・現クールのテレビドラマ | 2・2007年のテレビドラマ | 2・2008年のテレビドラマ | 2・2009年のテレビドラマ | 2・2011年のテレビドラマ | 2・2010年のテレビドラマ | 3・DVD | 3・戦争活劇 | 3・映画・DVD | 3・矢口史靖作品 | 4・その他 | 4・つぶやき | 4・変形改造ことわざ・慣用句 | 4・手作り話し | 4・死語の世界 | 4・言葉の彩?綾?誤?