1-2・遠州弁さ行

さい

遠州弁さ行

さい

使い方としては

「そうするとさいにゃ」とか「買い物行くさいにゃ」

とかがある。

続きを読む "さい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ささる

遠州弁さ行

「ささる」・「ささって」

レベル 日常レベル

続きを読む "ささる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*さっしゃりい

「さっしゃる」で辞書を引くと、「なさる・される」の俗語的表現。・「させられる」の老人語。となっている。

でも使い方としては遠州弁的には「さっしゃりい」だと「~さしあげなさい」という意味合いで使われてる気がする。辞書とは異なるということは地域性があるのかな。

丁寧な言い回しではあろうが雅語なんぞではなく俗語だそうな。遠州弁でもなんでもないところであるがこういう使い手が遠州にもいるからという事で記載。でもまあほとんど耳にすることはないけど。

むしろ「りい」・「りいな」という言い方が方言チックであろう。三河に行くとこれが「りん」になるのかな。

「時間きたら起こしてさっしゃりいな。」

  (時間が来たら起こしてさしあげなさいよ。)

「時間きたら起こいたりいな。」

  (時間が来たら起こしてあげなよ。)

「時間きたら起こしたりん。」みたいな?

といった感じで「さっしゃりい」を使うと丁寧な感じになるという仕組み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*さあ

「いざ!」という意味ではなく「さ」を伸ばす言い方。男女共用。

「あったりまえじゃんそりゃいるさあ」

だと「そりゃいるに決まってるだろ」と訳すことになる。イントネーションが独特である。説明するに難しいが語尾を上げて「あ」を強く言う。

意識としては当然だろうという勢い。

「さあ」の強調形は「さあれ」・「だあれ」。「さあれ」の短縮形という憶測もイントネーションが同じだから勘ぐれるところではある。

例文

「みんなの分アイス買い行くけど、あんたもいる?」

  (あなたも欲しい?)

「そりゃいるさあ。わしだけはぶせにしんだっていいじゃん。」

  (そりゃいるに決まってるだり。仲間外れにしないでよ。)

「いやなんか腹回り肥えちゃかんで節制してるって聞いたもんでやあ。」

  (いやあなにかメタボにならないように節制してるって聞いたからさあ。)

「こうゆうのは別腹だもんでいいだよ。」

  (こういうのは別腹だから構わないんだよ。)

「だでかんじゃないの?」

  (だから駄目なんじゃないの?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*さげる

提灯を提げるという使い方の「さげる」。

辞書によれば「上部でささえてたらす」と書かれてある。モロ共通語で方言という部類ではなかろうて。

でもまあ「凧」で毎年提灯触ってる種族なんで全国的には死語化しつつあるところを遠州特に浜松では現役として残っているということであろうということで記載。

ただ最近は「提灯提げてんと駄目じゃん」と言わず「提灯持ってないと駄目じゃん」という人が多くなってはいるので遠州でも死語化しつつあるのかもしれない。

使いどころとしては、提灯・カバン(手提げカバン)などであろうか。

尚、「さげる」を「持ち上げる」という意味として使うと述べられている遠州弁紹介HP等もあるが、多少意味が異なる「お膳を下げる」とか「舞台から下げる」とかいった「どかす」・「はかす」と言う意味で使う「さげる」(持ち上げて移動させる)ということなら私でも理解出来るけれど

「これさげるの手伝ってやあ」

  (これ持ち上げるのを手伝って)

とかいう使い方は私にはちょっと判らない。

  (これどかすんで持つの手伝って)

とかなら判るんですけどね。実際は色んなとこで「さげる」=「持ち上げる」という訳で紹介されてるんで私が無知だということなんでしょうけど。少なくとも「提げる」という使い方での「持ち上げる」の意は「上部で支えて垂らす」物に限って使われるものであるので別物の「さげる」なんでしょうねきっと。

例文

「やあ、そこの若い衆らやあ。練りん出るなら提灯提げろやあ。」

「なしでもいいじゃん別にい。」

「はあ暗いだで車なんかに轢かれちゃ困るだで。」

実際問題法被は黒や紺系が多いので夜間無灯火はドライバーからしてみれば視認しずらいことこの上ない。練りは夜開くものであり道を使って行われるものである以上提灯なしでうろつかれるのは怖い限りである。提灯は個人所有というより組で支給される事が多いので終了後提灯を返納してから各自が帰路につく際での無灯火黒装束はもっと怖いものであるが。

配られるゼッケンとかを光りを(ライトを)反射するような素材かなんかにしてくれればいいのにと思わないでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*さまさす

冷ますと言う意味。厳密にいうと冷まさせると言う訳が正しいのだが。

「ちゃんとさまささんもんでそうなるだにい。」(きちんと冷まさせないからそうなるんだよ。)

もちろん「さまささん」(冷まさせない)ではなく「さまさん」(冷まさない)を使うことの方が多いのだが。こういう言い方もまだ残っているということで。

例文

「あんたあこれまあちっと置いてさまいたら冷蔵庫入れといて。」

  (ねえこれ暫く置いて冷めたら冷蔵庫に入れておいて。)

「ちゃっとさまさいていれちゃかん?」

  (直ぐ冷ませて入れちゃ駄目?)

「どうやってえ。」

  (どうやってやるの?)

「知らんなんとなく。言いたかっただよお。」

  (いやただなんとなく。言ってみただけ。)

| | コメント (0)
|

*さんざっぱら

よく使う言葉なのだが、じゃあ共通語に訳せとなるとはたと困る言葉である。そもそもこれ自体共通語だからだろうか。

「さんざっぱら使っといて」だと「使うだけ使っといて」と訳すのが妥当か。

「さんざっぱらな目に逢った」なら「散々な目に逢った」となるので、「散々」という訳で良いかと言うとそうでもない。

「さんざっぱら三方っぱらで迷った」だと「これでもかというくらい三方原で迷った」という訳になる「さんざっぱら」。

検索してみると、群馬の方言でもあるようで、「甚だしい様・量や回数が多い様」と説明されている。分布的には関東辺りの方言とされてるようであるが遠州でも使われている言葉である。意味的には大体そうなので多分同じ用法であろうと思われる。

広い地域にわたる表現であるが「~っぱら」という言い回しは非常に遠州弁っぽい感じがする。

例文

「なによーさんざっぱら売れ売れっつっといてこんだあ売るなだ?」

  (なんだよ。あれだけ売れ売れって言っておいて今度は売るなってどういうことだよ。)

「しょんないじゃん。生産追いつかんっちゅうだもん。」

  (しょうがないだろ生産が追いつかないって言うんだから。)

「えらいさんはなに考えてるよー。売る方の身にもなれっつうだよ。」

  (お偉いさんは何考えてるんだ。売る方の身にもなれっていうの。)

「まあそーいわすとお。何もまるきし売るなって訳じゃないだで。」

「おめーなあ。ひたすら頭下げてきて、こんだあ売れんじゃ信用なくすにい。」

夢見たいな話しである。例だから幾らでも書けるけど。

| | コメント (0)
|

*さす

させると言う意味。「やらさす」だと「やらせる・やらさせようと」・「買わさす」だと「買わせる・買わさせようと」・「行かさす」だと「行かせる・行かせようと」といったような具合。

特に遠州独特ということではないが、共通語ではないことは確かなので記載。

ちなみに「やらす」だと「やらせる・やらせられる」と「やろう(と思った)」・「買わす」だと「買わせる・買わさせられる」と「買おう」・「行かす」だと「行かせる」と「行こう(と思った)」というように。

言いにくい表現では、「させる」が「ささす」・「させさす」。指すも「ささす」指させるだと「さささす」。

早口言葉を作れば「直ぐに笹に刺させる」を「ささっとささんさささす」。

例文

「こんだあなにさすつもりだあ。」

  (今度はなにをさせるつもりなんだ?)

「なにさすたあ随分じゃん。もの頼むだけじゃんかあ。」

  (させるなんてとんでもない。頼みごとがあるだけだよ。)

「おめえの頼みなんかひょんきんなのしかありもしんに。」

  (君の頼みなんていつもとんでもないことばかりじゃないか。)

「んなことあらすけえ。いつだってまともばっかだに。」

  (そんなことないよ。いつも当たり前のことばかりだよ。)

「感覚おかしいぞお。おんしゃ自分やれるか胸に手え当ててからいえやあ。」

  (その感覚おかしいよ。君、自分が出来るかどうか自問してから言ってっくれよ。)

「なにい、わしじゃでけんもんで頼むじゃんかあ。なにゆってるよお。」

  (何を言ってるんだ。自分じゃ出来ないから頼むんじゃないか。)

「なんだかなあ。」

| | コメント (0)
|

*さっかけ

釣りは私やらないのだが、大分昔近所に釣りが道楽の人がおって。たまに家で喰いおせんくらい釣果があると、おすそわけっつって魚をくれたりしてた。

その人の釣り方が「さっかけ」と言って、餌もつけずに泳いでる魚をでかい針で引っ掛けて獲るという方法だというのを小耳にはさんだ記憶がいくばくかあり。

今切れ口という遠州灘と浜名湖の境みたいなとこの突堤あたりで釣ってたらしい。

今もそういう方法があるのかみんなそういう言い方をしていたのかは不明だが、天竜川の鮎釣りでは「ごろびき」という針のサイズは小さいが同じように餌なしで引っ掛ける方法があるらしいのでもしかしたらポピュラーなものかもしれない。

でも、薄ら記憶なんですが、なんかやっちゃいかんかったらしい。「めっかるとがんこ怒られるで内緒でやらんとかんもんで気い使うだよ。」なんつー会話も憶えてるのでもしかしたら違法に近いものなのかもしんない。禁止区域だからか免許制だからか漁法そのものがからかは知りませんけど。確かに針見して貰った時こんなの人に刺さったら肉んえぐれるなあと子供心に怖い感覚を持った想い出があります。あそこまでいくと釣りではなく狩猟の領域ですわ。

この言葉が遠州独特なのかは知りませんけど一応記載。

| | コメント (0)
|

*田舎っさー

例えば「田舎っさー」。田舎者と云う意味で「っさー」は「~者」ということになるが、全国的にみると地域によっては「っさ」と伸ばさないところがあるらしい。というか「さー」と言う方が少数部族の属するようだ。

遠州は語尾を流すのが特徴でもあるので、そこいら辺は方言だといえなくも無い。そうはいっても福田や大須賀辺りからの出身者であまり語尾を流さない人とかを知っているので遠州地区全てというわけではなさそうではあるが。

私は浜松なので語尾が流れるのが普通使いとしているので「田舎っさ」ではなく「田舎っさー」で通します。発音的には「さあ」ではなく「さー」又は「さぁ」となる。

「とろくっさー」は単純に「とろくさい」というあきれ返った意味にも使われますが「とろい奴」というニュアンスも含むことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0-0・当ブログの読扱要領 | 0-1・耳で聞く遠州弁 | 1-1・遠州弁かるた随時製作中 | 1-2・遠州弁あ行 | 1-2・遠州弁い行 | 1-2・遠州弁う行 | 1-2・遠州弁え行 | 1-2・遠州弁お行 | 1-2・遠州弁か行 | 1-2・遠州弁き行 | 1-2・遠州弁く行 | 1-2・遠州弁け行 | 1-2・遠州弁こ行 | 1-2・遠州弁さ行 | 1-2・遠州弁し行 | 1-2・遠州弁す行 | 1-2・遠州弁せ行 | 1-2・遠州弁そ行 | 1-2・遠州弁た行 | 1-2・遠州弁ち行 | 1-2・遠州弁つ行 | 1-2・遠州弁て行 | 1-2・遠州弁と行 | 1-2・遠州弁な行 | 1-2・遠州弁は行 | 1-2・遠州弁ひ行 | 1-2・遠州弁ふ行 | 1-2・遠州弁へ行 | 1-2・遠州弁ほ行 | 1-2・遠州弁ま行 | 1-2・遠州弁や行 | 1-2・遠州弁ら行 | 1-2・遠州弁わ・ん行 | 1-3・遠州弁+古語でお遊び | 1-3・遠州弁的言い回し | 1-3・遠州弁関連 | 1-4・遠州地域ネタ | 2・コマーシャル | 2・スウィングガールズ関連 | 2・テレビ | 2・映画・テレビ | 2・現クールのテレビドラマ | 2・2007年のテレビドラマ | 2・2008年のテレビドラマ | 2・2009年のテレビドラマ | 2・2011年のテレビドラマ | 2・2010年のテレビドラマ | 3・DVD | 3・戦争活劇 | 3・映画・DVD | 3・矢口史靖作品 | 4・その他 | 4・つぶやき | 4・変形改造ことわざ・慣用句 | 4・手作り話し | 4・死語の世界 | 4・言葉の彩?綾?誤?