2・2010年のテレビドラマ

とてもとても 2010・10~12月

 この期は見応えのあるドラマが多かった。とても多かった気がする。それぞれのクールごとに小割りにして出せばいいのにと思える程に粒が揃ってたなあ。

基本私は優劣とかつけない主義だけどあえて記す、SPECは秀逸だったな。

家に帰るのが楽しみな気分になったのは、医龍3・SPECかな。

尻上がりに興味が湧いてきたのは、フリーター、家を買う。・Q10だったな。

 おじいちゃんは25歳

 なんでか知らんが当ブログでのドラマ感想ネタで今年一番アクセスが多かったというドラマ。別にデータを取っている訳ではないのであくまで感覚であるがこの反応は「らすとふれんず」以来の事だよな。つまり一年に一度あるかないかの反応だということ。にしちゃあ視聴率的に好評だったという話しは聞こえてこないというあら不思議。それはそれはつつましい数字だったらしいのだが観たものの与えるインパクトは比例せずに大きかったのかしらむ。記録が残るドラマではなくて記憶に残るドラマということなのか。

感想としては新鮮ではあったかな。藤原さんの昭和っぽい雰囲気は絶品でありんした。個人的には昭和というよりそれ以前の世代というドラマのお作りに思えたところでありしが。役者パワーで無理を有理(あり)にさせた力技というドラマといえるのであろうかしらむ。

 龍馬伝

 年間通してのドラマだけどまあこの時期枠とみなして。ついぞ感想は書かなかったけど全話観てました。なにせしほりん出るわひらっち出るわで見ない訳にはいくまいとて。

あれを史実と思ったら痛い目に遭うだろうなと思いつつそう思わせる臨場感にほだされての迫力感を楽しんでました。それに土佐弁はやっぱしいいな。

 霊能力者 小田霧響子の嘘

 馴れるのに何話か要したけど馴れたら気負わず楽しんで観れて面白かったな。ほぼ「石原さとみ」の変化を愛でるが如きであったけど谷原さんのぶっとび振りも結構いけてた。大島さんて確かアイドルのお方と記憶してたけど役者さんとしてなんら違和感ないどころか存在感があったしオダキョーとの掛け合いが軽妙で面白かった。

キャラが活きてただけでここまで楽しめたんだから、これがもしすごい本格的なミステリーネタを仕込んでいたならばこれは「トリック」級のドラマという評価を得られたであろうか。

 黄金の豚

 これほど毎回一話の前半部分と後半部分で面白いといやはやとに分かれる感想になるドラマも珍しい。人(役者さん)を愉しむドラマだった気がする。

 ナサケの女

 第一話が他の観たいものと被ったので観ていなかったせいもあって感想は書かなかったけれど他の回は観てまして、非常に骨のあるドラマだったなあというのが感想でした。よく出来てるよなあと。

変な話しではありますが、一話の配分が前半部分黄金の豚的(調査)で後半部分ナサケの女的(組織としての遂行)だったらこれは凄い滅多に観れない極上のドラマに思えただろうとつい思ってしまいました。

 パーフェクトリポート

 面白いドラマだったんだけどスポーツ実況中継の延長で他のドラマと被り一話断念したので感想書く資格失くしたのでありまして残念至極。ドラマそのものは一話欠けたけれど最終回まで楽しく観れた。

人の数ほど都合が有ってそれを横紙破りするのが報道ということなんだろうな。それがいいか悪いかとか喝采を浴びるかどうかとかも人の都合でそれぞれだろうし。と、思いました。

 Q10

 これはもしかしたら同世代の時に観ていたなら名作の部類に入ると思えたのかもしれないと感じさせるドラマだったな。だったと曖昧なのは、そうと感じるには自分は歳を喰らい過ぎて後の祭り状態で直接響く事はなく予感でしか過ぎなかったから。世代限定のドラマだったのかな。でも限定から外れた自分からみてもなにがしか伝わってくるものがあった。

ちなみに予感がしたという点を挙げてみると

*見事な悩みっぷりだった事。答えの出ないものを探すもがき具合が滲んでた。「佐藤健」という役者さんの力量によるものだろうなそう思わせる要因は。役者さん的には「柄本時生」の存在もあなどれなしでもあった。個人的には「福田麻由子」が映えてたという印象であり、かつをも出てたし。

*大人達を優しい視線で描いていた事。大人のえぐさとかいうのを極力排して反抗期の世界でもがいてる目線からみても否定に走るのではなく頑張って生きてるんだなと思わせる善意が感じられた。小川家の空気感が秀逸だったな。

*奇抜な発想を強引だけど破綻を感じさせずに上手くまとめた事。ロボットの登場という破廉恥な物語ということでその助走には苦労が偲ばれたが走り始めたらそういう事が気にならないくらいに展開に引きずり込まれていた。

故にこれは凄い作品なのかも。そう思えるのに商売(視聴率)上可もなく不可もなくという塩梅だったという要因のひとつに謳い文句「高校生とロボットの恋愛を描く学園ドラマ」というのがあったのではないかと想像される。まるでインモラルかのような印象を与えるフレーズで芳しくないというかドラマの本質を突いていなかったのではなかろうか。観る前はえぐい話しなのかと思え敬遠する気でいたくらいだから。

あにはらんやの心象スケッチドラマで見応えのあったドラマでしたが、強いて難点を探すとすれば将来の伴侶となる人との出遭いについて。全然口説いてないじゃないか。上手く出来過ぎじゃないのかと僻み根性が芽生えたところくらいか。

 秘密

 観たというより見たという字の方が相応しい鑑賞だった。ユイカ目当てで観てたという邪な視聴者だったからというのもあるけど役者さんがででんと演じるという提示よりも読み手の頭の中でキャラを想像してく方が楽しめるような気がするお話しに思えて。どうしても役者さんの持つイメージが束縛になって入り込めないなにかがあると感じた次第。旦那の顔出しなしの目線オンリーで話が進んだ方が深入りできたのかもとつい思ってしまいました。

ところでさんざっぱらの期待持たせで男心をかき乱して迷走に追いやるという役柄であったであろうユイカの先生役。イメージ的にはそんなタイプに見えないだけに役者力ではたしてうまく気もそぞろにさせれたや否や。見た程度なのでなんとも判断つかず。

 医龍3

 このハラハラのスタイルが定着していて安心して愉しめるところがいいな。かといって印籠が何分ごろに出てくるとかいうみたいなお決まりに固着しない部分が溢れていて途中から観ても内容が全て分かるとかいう事はないから全部観てはじめて楽しめる。

音楽が強く効果的というのも特徴ではあろうかな。音量を大きめにした方が愉しめるドラマだった。

やはり加藤ちゃんが居ると居ないのとでは違うな。朝田と加藤ちゃんはセットだと思う。

 スペック

 とにかく面白かった。どこぞの世界へトリップしたみたいな世界観が独特で旅行感に満ちていたよな味わいがあった。

話しの筋といい意外性といいキャラの濃さといいそれに対応する役者さんの妙といい遊び心との兼ね合いといい程よい放置といい、全てを兼ね備えていたドラマに感じた。

ただ演出家さんが替わりばんこだったせいなのか瀬文のキャラが回によっては別人か?と疑ってしまうブレを感じたのがだちかんて。とは思いました。

記憶に残るドラマであったな。

 獣医ドリトル

 あまり漫画の方を読み込んでいる訳ではないので胸を張ってこうだと言えないところですが、原作の悪い飼い主への成敗の仕方は絆創膏が必要になるくらいの絵にも描けない恐ろしさとして表現されてましたけど、流石にドラマでその手を使える筈もなく言い負かして二の句を告げさせないという追い込み方をしていましたがこの方が納得度は高かったのでは。

 流れ星

 月9はどちらかというと観ない傾向にある自分がこのドラマは観た。色恋沙汰にあまり興味がなく月9はそれがメインテーマである事が多いからであるのでが。

もちろんこの「流れ星」も純愛をテーマにしたものであるが、男の生き様というのがかっこよくてそれに惹かれたというのが大きかったな。

両方の兄貴がとにかく印象に残る。いまどき多くを語らない男というのが珍しい限りでかえって新鮮だった。

 フリーター、家を買う。

 なかなか光明が見えてこない展開ずくめだったけどそれでも弾けるであろう最終回まで我慢して観れたというのはお気楽主義の私にしては珍しい事だった。

それはおそらく役者力によるものだろうな。悲観に満ちた空気感に染まらない逞しさとは別の生きてる感が滲んでたせいだろうかな。

 ギルティ

 最後まで不毛な出来事のままだったな。悲哀と評するには微妙でもありこれ観て何を感じればいいのだろうという気持ちになった。復讐というテーマである以上番組始まる前から展開は予想してたので予想外という流れでは決してなかったけれど粛々と進む様はある意味意外の部類に属したかな。

 闇金ウシジマくん

 役者力に引く付けられて観たという感が強いドラマだったな。普通だったらこんなおそぎゃー世界のドラマ敬遠するもの。債務者の人間模様が結構決めてだったのかも。もちろん「山田孝之」という柱があってこそだけど。

内容については、詰まる所金が絡むと人に人権はなくただ本性のみが渦巻いているかのようなお作りであった哉。金に振り回されて堕ちてくもの後を絶たずの光景は教訓にはなりえたところであった。唯一の理性と思ってた千秋(片瀬さん)も途中暴力的になってその思いが崩れて最後は辞して面目を保ったけど不動の存在であって欲しかったな。

何が面白くてこの商売やってるのか最後まで分からなかった。

これ観て思えたのはやはり金に振り回される生き様だけは避けないとという思いかな。当たり前の感想だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ギルティ 悪魔と契約した女 その11

ほんでもって誰も居んくなった。

快楽殺人の末路はかくも悲惨ということを謳っていたのであろうか。

なんか渇いた印象を与えるドラマだったな。潤いが欲しくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フリーター、家を買う。 その10

 なかなか光明が見えない展開のドラマだったけど惹きこまれて観てたなあ。

日常の閉塞を打破せんとするクーデター、家を買う。とかといった奇天烈な展開に陥らず大層地に足の付いた地道な育成物語であったかな。育成をはめた理由としては再生というには現状回復というには前に進んでるからはまらないし、成長というには青臭い部分が見られないだけに育成という字が似合うかなと。それに周りの人々の支えというものも大層な力であったし。育ったというんじゃなくて育てられたという部分も大きかったんだろうし。

就職決めてから家を買ったんだからタイトルに偽りありではあるけれどこれが一番すっきりする形だよな。

就職先かく決まりたるは至極得心のいく様たりや。

会社を切り盛りするする人からしてみれば、本音で付き合える社員が欲しい。それは社員間でも上下の間に於いてもということであればなお良い。

社員からしてみれば必要とされてるのは能力というだけでは物寂しい話だ。

人間は機械じゃないのだから新品の時が一番性能を発揮する訳じゃなく馴れるに従って能力が向上していくものであろう。

それを見極めてから決断するというのは共によい道だろうな。

職種にもよるだろうけど、主人公の就職への道はそういう流れに沿った理想の形を表わしたものなんだろうな。

それにしても「二宮和也」という役者さんは硫黄島で地を這っても障害を抱えながらセールスマンの道を選んでも不治の病に侵されて余命短しでもとにかく如何なる状況に置いても悲壮感とか破滅感を感じさせない役者さんだなあ。だからこういう陰鬱に飲み込まれそうな状況だらけのドラマでも観れたんだろうかな。

井川さんはえらいお綺麗であらしゃった。それでいて女性という側面よりもお姉ちゃんという家族のひとりという側面が主で現われていて。単なる綺麗綺麗じゃないよな。

個人的にこの回好きなシーンは大悦社長(大友さん)とおやじ(竹中さん)の会話のシーンが印象深かったな。久しぶりに大人の男のさしの会話をテレビで観たというか。ぎこちなく距離を置いた中に共通項を見い出すシンクロ感がなんかリアル。だからといってその距離は決して縮めないとこが大人の距離感だよなあ。

ああいう挨拶が出来る大人に憧れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

流れ星 その10

 惚れた腫れたについてはどうにも嗜好として味わうという領域ではないので一番の盛り上がり部分についてははしょって観たという横道外れな視聴者でありますが。

平たく書いてしまえば臓器売買という因果応報で艱難辛苦を味わうお話しであるが、しかして誰一人として不幸に陥っていないという不思議な現象が摩訶不思議。これぞ綾というものかというとこが面白かった哉。

最大の難関の誰も裁けないアニキ(稲垣さん)をどう捌くのかという点が最も注視したところでありますが意外と身を引く様があっさりだったかな。

飛び降りたるシーンにて即座に思いしは理由はなんだ?と。

妹の心は我の元に非ずして最早健吾(竹野内さん)の元にありとて悲観したる故と推察したるも、そんなやわな奴だったかいな?と。寄生先は妹だけではあるまいてと思えるだけに。あてつけだったのかな。

もしあそこで命を絶っていたらどういう展開に転がったんでしょうかねえ。梨沙(上戸さん)は負い目を一生背負い続けなくちゃいけなくなるだろうから最悪の結末にはなっただろうな。

でもまあ死ねるに死ねずで梨沙がまた戻ってきてこれで元の鞘に収まったと思ってたのに通帳見てそうじゃないことに気づく。

で、どうするのかと思ったら別の寄宿先へと宿替えという様。懲りないお人だこと。変な意味で逞しい。

結構徹底抗戦に勤しむ粘着力の強さと手段を選ばぬ暴発性を併せ持つお人のように思えていただけにこの引き具合は淡白に思えてしまいました。

つまるところ最後までこの人何考えてるのか分からないというお人でしたな。

この人がいたからこのドラマが盛り上がったというかハラハラしたというか。

でも健吾の男らしさが一番光ってたってとこがこのドラマの主軸だったよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

獣医ドリトル その9

命あるものと付き合うには覚悟がいる。

そういうことなんだろうな。

カワイイ可愛いキレイ綺麗なだけじゃ務まらないよと。

頼られる事のありがたさを噛みしめられるのは飼い主の特権だろうけど頼みごとに選り好みする権利はないよという教えでもあろうかな。

面白かったけど、全体的に真面目で統一されていて、もう少し笑いとまではいかずともほんわか・まったりした光景とかが差し挟んであればそのギャップで緊迫感が増してより楽しめたような気がしたよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SPEC・警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿 その10

 いやあ面白かった。めちゃくちゃ面白かった。ここまでくるとオールクリアーよりもこれくらい期待持たせの美人局な謎残しくらいで終わるのが丁度いい感じ。

「一十一」を組み合わせると「王」となる。「1は2の前だから二の前(ニノマエ)と読む」。なるほど手の込んだネーミングである。しかしてその実態は当麻(戸田さん)の血を分けた弟とな。出遭いは不明だけどおそらくは地居(城田さん)にすべて植え付けられた記憶と従う振りして暗に操ってでここまでの一連の出来事をやらされていたということなんだろうな。

それから、そもそも瀬文(加瀬さん)の始まりの事件がなんで起きたんだろうという疑問が解けたのが大きかったな。きもい男の壮大な作り話しの題材というのはなるほどど。凄い余裕ぶっかましだこと。

その過激かつ過剰で不遜な自信が当麻によって崩されていく様が悦であったなも。ただしこれは津田(椎名さん)=地居ではないという仮定の上での話しだけれど。

ケイゾクの時は暗い昏いcryでどよよんとした終焉だったけど、地居のはしゃぎ振りが変な意味で明るくて、血まみれだったけどなんか爽快に終焉を迎えた感じ。もっともこれが終焉かどうかはいかがわしいが。

なにせ「癸」の回改め「起」の回となって、最後は「承」に続くのか?とかいう暗示を植え付けてるくらいだから。

それになんでしょうねケイゾクだって悪魔は体を入れ替えていってたみたいで、今回はその同じ悪魔が地居に乗り移ってたと勘繰れなくもなし。もしかしたら津田がホントの黒幕なのかもしれないし。なにかと妄想は膨らみますわな。

話し飛びますけど、記憶の操作ということで、てっきり当麻の左手の傷は地居が能力を使って当麻にそう思わせてただけで本当は無傷で動くものになるのかなと思っていたんですがそれはなかったみたいですねえ。最強の能力者を屠る為に当麻をぶつけたということであれ愛(ストーカー)する人が左手切断に相成るのをよしとするのは違和感が湧くところ。

まあ途中で好意に変わったということらしいので好意に変わる前にこれが起こってまったでホントだちかなんだっつうこんだかいねえ。

最強の能力者を屠らなくとも記憶操作して自分の弟にして兄に絶対服従とかいう事にさせてしまえば「早く逝ね」と喜ばなくても済んだんじゃないかと思えるのはど素人の考えかなもし。

そんなヲタはともかく、この回の見所は如何に「にのまえ」を封じるのかという手段と奪われた記憶の回復という二本立てであった訳ですが、どちらもなるほどという勢いで納得して愉しめました。記憶というものは頭だけに蓄積されてくものではないというフレーズは格好良かったでかんわ。

なんで嗤ったんだという謎は最後の特殊能力は誰が駆使したんだという事への伏線だったでありゃーしたか。とりあえず兄弟だし自分のスペックが覚醒しろと願ってた当麻なだけにあれは当麻のスペックだというのは十分ありうる話あろうと想像するところでゃーて。

これで話しがまだ転がるとしたら覚醒した当麻を津田が狙うという図式が勘繰られるぞなもし。ほうなってまったらどえりゃあてゃーへんだわ。

以上えせ名古屋弁まじりで失礼しました。

役者さんも印象深かったな。戸田さんと加瀬さんが特に。それにしてもひょうきんなもので兄弟だとなると戸田さんと神木さんそう見えてきてあら不思議であった。もちろん決める時は決める野々村係長(竜さん)がでんと控えてこそであるけれど。

ここまであえて書いてこなかったけど時間が止まる様は見応えあったな。

小ネタもギャグもキャラもよし。ストーリーの展開もそれを映す映像もこれまた愉しで文句を探す方がめんどくさいというよく出来たドラマだったなあ。

続があったら是非とも観たいな。なくてもこれでも十分満足というとこは「仁」とは偉い違いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

黄金の豚 その9(最終話)

 この一連の出来事をする為に作られたドラマなんだろうな。これ以前のお話しはここに至るまでの道筋を作る為のお話し群だったんだろうかな。

最初(第一話の冒頭)っから一億焼くシーンが挿入されていたから多分そうなんだろうな。

昨日の敵は今日の友、今日の敵は昨日までの理解者というのも盛り上げる為の大きな要素だったんだろうな。

最後はほんわかする終わり方で久しぶりに観たハッピーエンド。なおかつここまで露骨なのは私の好み。

明るい明日の予感がするとこで終わって貰えると観てる方もなんか自分にも明るい明日がやってきそうな気がしてくる。

ムショでお勤めしてこれで晴れてお天道様が拝めるってえもんだ。多少生きてく上での過ちを犯しても性根さえ腐っていなければお天道様は照らしてくれると謳ってるようでもあり。ホント元気を貰えるところ哉。

でも臭い匂いは元(てっぺん)から断っても二の矢三の矢(総理候補)が次を待ってるだろうから一時的な快晴にも思えるところでもあるな。モグラたたきの繰り返しという風にも思えてしまうのは自分がひねくれてるせいなのか。

人情劇としては面白かったけど成敗ものとしては微妙だったかな。役者力で押し切ったという勢いが強くあり、面白いドラマではあったよな。同じメンバーで違うお話しのドラマが作られるなら観てみたい気もするところであります。

尚、その8は欠番ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

医龍3 その10

 最終回は怒涛という表現が相応しい展開で流石医龍と喝采を上げるべきか。面白かったな。食い入るように観ちゃいましたよ。

早めに朝田(坂口さん)が墓前に手を合わせてるシーンがチラッと提示されたので誰か命が尽きるんだろうな。で、それは黒木(遠憲さん)なんだろうなと思ったらやっぱそうだった。

なんでそんなチラリのシーンを差し挟むんだろうといぶかしく思えたけど、いくらなんでも黒木死すのショックを和らげるためという事でもなからろうとは思えるのだがやはり事前の覚悟を促すみたいな意図なんだろうかな。でもやはりなんでだろとぞ映りにけりないたずらに。

朝田喪に付し 浜辺でなにせん。

若干話し変わるけど、最後のシーン朝田が浜辺でなんで呆然とした勢いに感じたのはそういうことなのかな。いくらなんでも怪我の後遺症が今頃現われたとか今まで無理してたけど緊張の糸が緩んでくらっときたとかいうことはないだろうし、さてこれからどうすべえやとかいう事でもないだろうから。やはり黒木を悼んでということでいいんだろうかな。

;それにしても黒木が主役とも思える勢いでもありましたな。終わってみれば伊集院(小池さん)を勧誘したのはチームドラゴンに風穴を開けるという勢力争いからではなく伊集院を見込んでの事だったという善意であったということで。良い奴ほど早死にするという教訓を改めて表現したドラマだったといえるのかもしれない。迫力あったな。

で、がんばれ野口(岸部さん)くん。毎シリーズ今の医療の問題点を象徴化したような権化として登場してきたけれど、このシリーズでは世を統べる権現さんになろうということだったのかしらむ。それとも海外の富裕層を取り込んで商売繁盛の恵比寿さんになろうとしたのか。もっとも暗躍してなんぼというとこが華というとこは終始一貫してるから神仏という方向ではなくむしろその逆で何かに魂を売った危ない人ということではあろうが。

ところで、本当に正直な感想を申さば、これが考え得るベストメンバーだということもあるまいにと。まだいるだろうと。大分想ってしまいました。前のシリーズで一人でも欠けたり遅れたりするものがいたらオペは成功出来ないとかいって人集めに注意が払われてたのに今回はそういう執拗さが薄かったかなと。

でもまあ加藤ちゃん(稲森さん)が復活したので2より見応えがあるように感じられたな。

医龍は朝田と加藤ちゃんがコンビ組んでこそ面白いと私は思っているに相違ない。当然だけど次があるなら当然観る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フリーター、家を買う。 その9

次週最終回とな。このままの勢いだとフリーターやりがてらの家購入は無理っぽいけどとんでもない逆転劇でも起こすのかな。

それにしても面接日に限ってというパターンが続きますなあ。

それでもまたかよって気持ちにならないとこは出来た人だ。

悪徳霊感商法?にはまっても騙されたという怒りよりきっぱりと縁を切る方を選ぶというのは争を好まず和を以て貴しとする事の表れか。

いじめばばあにも一分の理あるを聞きて憤らずという様は何かを悟ったかのようでもある。「するな」というのではなく「されても負けない」なんて凡人じゃ言えませんわな。

いづれにも被害者意識を持たないという考えに至るところが自分とは大きく違うところではあるな。

来週最終回ということでこの先どうなるんだろうという思いを巡らすことはせず、今やり残されてる事を考えてみると

引っ越しはするのか。姉貴(井川さん)と姑との確執はどうなるのか。誠治(二宮さん)と真奈美(香理奈さん)の関係はどうなるのか。就職はどうなるのか。お母さん(浅野さん)は回復するのか。おやじ(竹中さん)との関係はこのままなのか。くらいでしょうかね。

これらをどう捌くのかが最終回の見所として観ますです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ギルティ 悪魔と契約した女 その10

 ギルティはママの味。ってどこがじゃい。んなもの微塵もありゃしない。

温もりがないからさびしい。

まあホントはギルティは儘よな味って書こうと思っての変換違いだったんだけど。ママの味も真逆で面白いかなと。

それはさておき随分なもじりではあるが「ギルティは儘の味」。

「儘」(まま)・成り行きに任せる事。その通りになる事。その状態を変えない事。と辞書にある。

黒幕も現れて凄惨な清算も佳境を迎えつつあるこの回。下っ端の汚物処理係を屠りいよいよ最終回はその黒幕へということで。

野上芽衣子(菅野さん)の執念が変わる事無く臨機応変に成り行きに任せつつ初志貫徹の通りにしつつある。つまり「儘」よ。ということで。

真島(玉木さん)が割って入ってもぶれそうでぶれない危なっかしさもあるけれどよくぞここまでという感慨が湧きますなあ。

最終回はどうなるんだろ。何を観たいのかとかは特に浮かんでこないけど顛末がとにかく気になりますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0-0・当ブログの読扱要領 | 0-1・耳で聞く遠州弁 | 1-1・遠州弁かるた随時製作中 | 1-2・遠州弁あ行 | 1-2・遠州弁い行 | 1-2・遠州弁う行 | 1-2・遠州弁え行 | 1-2・遠州弁お行 | 1-2・遠州弁か行 | 1-2・遠州弁き行 | 1-2・遠州弁く行 | 1-2・遠州弁け行 | 1-2・遠州弁こ行 | 1-2・遠州弁さ行 | 1-2・遠州弁し行 | 1-2・遠州弁す行 | 1-2・遠州弁せ行 | 1-2・遠州弁そ行 | 1-2・遠州弁た行 | 1-2・遠州弁ち行 | 1-2・遠州弁つ行 | 1-2・遠州弁て行 | 1-2・遠州弁と行 | 1-2・遠州弁な行 | 1-2・遠州弁は行 | 1-2・遠州弁ひ行 | 1-2・遠州弁ふ行 | 1-2・遠州弁へ行 | 1-2・遠州弁ほ行 | 1-2・遠州弁ま行 | 1-2・遠州弁や行 | 1-2・遠州弁ら行 | 1-2・遠州弁わ・ん行 | 1-3・遠州弁+古語でお遊び | 1-3・遠州弁的言い回し | 1-3・遠州弁関連 | 1-4・遠州地域ネタ | 2・コマーシャル | 2・スウィングガールズ関連 | 2・テレビ | 2・映画・テレビ | 2・現クールのテレビドラマ | 2・2007年のテレビドラマ | 2・2008年のテレビドラマ | 2・2009年のテレビドラマ | 2・2011年のテレビドラマ | 2・2010年のテレビドラマ | 3・DVD | 3・戦争活劇 | 3・映画・DVD | 3・矢口史靖作品 | 4・その他 | 4・つぶやき | 4・変形改造ことわざ・慣用句 | 4・手作り話し | 4・死語の世界 | 4・言葉の彩?綾?誤?