4・手作り話し

言ったら洒落になるかな

あくまで創作上の冗句です。

バージョン1

付き添いの人「先生うちの亭主の病気はどのくらい悪いんでしょうか。」

医師「ご主人の性格くらいかと。」

付き添いの人「それじゃあもう救いようがないんですね。」

医師「そう来ますかぁ。」

バージョン2

患者「先生はっきりおっしゃって下さい。私はどのくらい悪いんですか。」

医師「はっきりいっていいんですか?」

患者「はいお願いします。覚悟は出来てます。」

医師「実は・・・貴方の性格ぐらい悪いです。」

患者「?」

医師「今日一日自分を振り返ってみてください。ではまた明日検診で来ます。」

~翌日~

患者「先生昨日言われてからずうっと考えたんですけど・・・そんなに悪いとは思わないんですけどね自分では。」

医師「でしょう?病気もそんな程度ですって。心配するほどのものじゃありませんから。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

念写カメラ タイプ2

Y氏は日曜大工ならぬ日曜科学者である。大学は出たけれど望みの職種につけず家族を持ったことで趣味と生活は分けて暮らす道を選んだのである。親が残してくれた比較的広い敷地と家に住み、家族に迷惑掛からぬよう庭の端に作業小屋をおっ建て休みの日はそこに籠もりきりという休日を過ごしていた。家族は妻は特に出費が酷くなければと黙認している。子供たちは反抗期なので興味すらない。発明して特許で目指せ金持ちと最初妻は願ったがどうも方向性が違うらしい。世界征服を狙ってる風でもないのでまあいいかと思ってる。

そんな毎日を送っていた或る日。無視されているとはいえ一応家族揃ってテレビを見ていた。

「このドラマ筋は面白いんだけど、役者さんがタイプじゃないのよねえ。」

「そんなんいいじゃん別にこれで。」

「そうかなあ○○って役者の方がずっといいって。」

「うんそう思うお母さんも。」

そんな他愛の無い会話にすら参加が許されないY氏だった。

「じゃあさあお兄ちゃんパソコン得意でしょ。合成とかで顔だけでもすり返えちゃえない?」

「無理だよそんなの。」

! と閃くY氏。

そして日曜日。Y氏は自分のイメージが映像になる「念写カメラ」を作ろうと図面を書き始めた。なんとか脳波を感知して想像した映像をカメラに記憶させる手立てはないかと指向し思考し試行し志向し嗜好し施工したりなんかした。その夢中な様子はまるで棟方志功のようでもあった。そうはいってもご飯ですよと呼ばれれば続きは次の休みにというペースではあったが。

どれくらいの月日が経ったのだろうか。気がつけば子供たちもそれぞれ独立し仕事の方も早目ではあったが無事定年退職して時間が取れるようになっていた。妻は一日中家にいられるよりも研究部屋に籠もってくれてる方が楽なので心着なくY氏は研究に没頭できるようになった。

そしてついにその「念写カメラ」なるものが形となった。といっても持ち運べるようなものではなく小屋全体がカメラと呼んでも差し支えないほどのサイズであるが。

とりあえずの実験とかは行なってきたのだが、いよいよドラマ一本を丸々念写カメラで撮影することにした。引用するドラマは先月大好評のうちに幕を閉じたドラマ。と、妻が言っていた物を使うことにした。

基本はY氏が頭の中でイメージした脳波からの情報を読み取って映像化するシステムなのだが。それを補助する形で再生した画面と変更したい役者さんの情報、その双方のデータを解析分析して役者さんだけを希望した役者さんと入れ替えより繋がりがスムーズになるような作業が行なわれる。背景や色なども任意で変更は計算上出来るのだが今ある機械の容量では追いつかないので人物のみの変更に設定していた。したがってあらかじめ入れ替えたい役者さんのデータとかも装置に記憶させておかないといけないとかの事前の準備とかもあったりして一時間の番組でも変更作業を終えるのに一週間程要した。

それでも早く終えたもんだとY氏は思った。初めてなのにとてもスムーズであったのだ。予想では1ヶ月がかかるんじゃないかと想定していた。

出来上がった物を確認するY氏。満足のいくものであった。早速妻に見て貰おうと家に戻るY氏。

「ちょっとこのドラマ見てくれないかな。」

「へえ~、いいわよ。」

そういってY氏会心の作品を鑑賞する妻。始まって5分位して

「あら懐かしいわねえこのドラマ。出てくる役者さん懐かしい人ばかりじゃない。」

そう。Y氏はここ数年研究に没頭するようになって最近の役者さんを知らず必然的に昔よく観た役者さんのデータしか持っていなかったのである。

「ホント懐かしい。物語とかそういえばこうだったわよねえ。」

なんのことはない。使いまわしというか昔のドラマのパクリだったのである先月大ヒットしたこのドラマは。もちろんアングルとかカット割り・台詞までそっくりパクリと言う訳ではないが昔のドラマをそんな細かい違いのとこまで憶えちゃいない。記憶の方がごちゃ混ぜになってると思っているのであろう。なのでY氏の快挙にはまったく気づいていない妻であった。唯一感心してくれたのは

「昔のドラマなのに随分と綺麗ねえ。画像処理とかしてクリーニングしたの?凄いじゃない。」

と言うお褒めの言葉であった。

すごすごと小屋に戻るY氏。反省点を整理する。

娯楽たるドラマは輪廻転生。周期的にローテーションしてるもので見る側も作る側もそれでよしとしているらしい。予想外にも早く出来たのはそういうことだったんだと気づく。違いがあるのは役者さんだけだったのを元に戻しただけだった。なんのことはない自分が以前観た作品を思い出して復元しただけだったのだ。どうりでキャスティングも躊躇なく決まった筈だと。

つまりの結論「駄目だこりゃ。」

ネットで公開して世に問うという事も考えたのだが著作権とかの権利の発生がどんなものかは会社勤めを長いことやっていたから分かっているのでそれは止めた。素直に特許申請してとも考えたがまだ改良すべきとこだらけだからとそれも止めにした。まだまだ実験の段階だと。

最近活躍の人は知らない、ストーリーはマンネリだから違いが分からない。だとしたら背景だ。昔の馴染んだ作品でも良いから特撮とかがおもちゃみたいに思えたものをリアルな映像に変えてみよう。そういう考えに至るY氏であるが、これは稀な偶然で全てのドラマがそうじゃないという事をドラマにあまり興味の無いY氏は気づいていない。

Y氏は取り込んでいたデータ等全てクリアして関連する項目のデータに入れ替える作業をすることにした。そして怪獣やら戦闘機やらのデータを取り込んだりして再び意欲を取り戻していった。

そして使った映画はY氏が幼い頃に観た「怪獣ゴスラ」。○ジラと○スラの間に出来たという摩訶不思議な怪獣。羽はあるが体重が重くて飛べない、口からモノは吹くが糸と火炎が共に出るので糸に引火して自分の喉を火傷してしまう。足は逞しいが手は蛾のように細くて力がない。唯一尻尾だけが凶器として使え体はひたすら固いというすちゃらか怪獣が偶然の連続で最強極悪の宇宙怪獣を運よく退治するという展開の映画である。

誰が見てものパクリ便乗満載の映画で特撮とかもちんけで評価は最低であったがなぜかこの映画が好きだったY氏。これを凄いリアルな映像にして再現しようと。まあ本音は自分が所有してるのが小さい頃に買ったこれしかなかったという理由でもあるのだがこれならそう著作権にうるさくないだろうという考えもあったようだ。

そして苦節数ヶ月。Y氏会心のリアルなものを作り上げることに成功した。イメージというか想像力がそう豊かでは無いので物語の強引な展開とかもつっこみはいれれるが代案が湧かないのでそのまんまで建物が壊れる様とか質感重量感はあたかも生きてるかのような本物感に達したと満足できる出来であった。

さすがに妻はこういうのは見ないので、息子が孫を連れてきた時にでも見せてみようということにした。そしてその日が来てワクワクしながら孫に見せた。

すると孫は

「これこないだ見たよつまんない。他の無いの?」

え?と思うY氏。すると息子が

「この間『懐かしの作品を最先端技術で再現シリーズ』っての借りてきてその中にあったんだ。人気無いんだけど親父が唯一持ってたビデオだったから懐かしくてね。でも食いつき悪いんだ面白くないみたい。」

唖然とするY氏。翌日それを借りてきて観てみる。細かくはもちろん違うが最近の映像処理技術は素晴らしくかつプロの仕事が足りない部分を補っていて素晴らしい出来映えでいたく感動したY氏であった。だが面白くない人にとっては集中して観ていない分違いなぞ分からない(どうでもいい)ようである。きちんとした名作を題材にすれば良かったのにそれをしなかったY氏の選択ミスであることをY氏は自覚していなかった。

こうなるともうまったくのオリジナルを作るしかない。比べるものがあるから違いが判り易いと思っていたがそうじゃないんだと思うY氏。そうはいっても創作力がある訳でもなし。そうなると著作権にうるさくなさそうな小説を映像化するが肝要という結論に達する。

今度は背景から何まで全て作り(思い)込まなければならない。カメラのデータ記憶容量も足らない。それでもここまできたら意地でも引き下がれないY氏。地道にこつこつと作り上げていった。カメラそのものも改善すべき箇所は改善していきこれが出来たら見本作品として提示して特許申請でもしようかと思っていた。売りはそうだな映像のシンセサイザーってとこかな。どんな映像でも室内で想うだけで撮影できる!なんて勝手に想像してにやけるY氏。

そしてあと少しで完成するという時、家でちょっとした不注意で階段から転げ落ちてしまった。

目が覚めた時には病院のベッドの中だった。妻が言う。

「閉じこもってばかりで運動とかしないからだよ。」

確かに言われた通りだった。幸い命に別状はなく足の骨折だけで脳波等の異常もなかった。暫しの入院の後無事退院の運びとなる。さあ帰ったら最後部分を作って仕上げるぞと意気込むY氏。決して意欲は衰えてはいない。

タクシーを降りて、家に入らず作業小屋に向かおうとして目を疑うY氏。小屋の場所が違っていた。

「勝手にやってごめんね。でも入院費やらで厳しくて。だから少し土地を売ったの。」

おぼつかない歩みながらも急いで中に入り唖然とするY氏。決して小屋にあったものは何一つ捨てられてはいないようだが小屋を移動させる際に一旦全てばらしてから運んだらしくデータやらなんやら全てぶっ飛んでいた。しかも追い討ちを掛けるように図面とか紙類が水に浸かったかのように滲んでいて読めない状態になっている

「お隣さんが火事になってね。飛び火を防ぐために小屋辺りに放水したいって言われてね。あなたの大事な機械駄目にしちゃいけないと思って機械を出してからにしてって消防の人にお願いしたの。紙類までは避けてる時間がなかったの。」

ふ~んと聞き入るY氏。そして妻にこう言った。

「おなかすいたな。晩御飯早めにね。」

その後Y氏は敬老会(若い部類であるが)とか積極的に参加するようになって体を盛んに動かすようになった。もうこりごりと思ってるかに見えたが、Y氏が思っているのは「0からの再スタートだ。経験値が増えてるとはいえ長丁場になる。ここはまずそれを乗り越える体力が必要だ。」

さすが趣味には終わりもゴールもない。いきがいとどう違うのかはY氏にも分からない。

| | コメント (0)
|

念写カメラ タイプ1

Y氏はマンガに出てくるような全てを自分で作り出すことの出来る技術者でもある有能な科学者である。かといってお約束のマッドサイエンスを目指してる訳ではなく、ただ極度の対人めんどくさ性で社会的に世に出ることを嫌う人間であった。元々家が裕福で働きに出なくても生活に困ることの無いいわば引き篭もりともいえる生活をしている。家は別荘地の中でも人里離れたような場所でゴミにしか見えない発明研究に使うのであろう部品が積まれてる様な有様の中を掻き分けつつ暮らしている。外出するのは食料をまとめ買いするような時くらいといった徹底した引き篭もり振りである。小言を言うべき両親も既に他界して一人暮らしを満喫して自分の好きなことだけに熱中して生きている人間である。

そんなY氏は或る日、自分の思念を映像に投影できるカメラを長年の歳月を要しつつも開発に成功した。超能力なぞ有していなくとも写真だけでなく動画としても撮影できる優れものである。

なにゆえ彼がそのようなものを開発しようとしようと思い立ったのかというと。彼の生活においてテレビは欠かせないものであり殆ど唯一の娯楽であり社会で起きている出来事を知る手段となっている。そしてドラマが好きというありふれた人間の感性は人並みにある。

凡ての他人が苦手という訳ではなく人としての好き嫌いは人並みにある。そういう彼がこの機械を作り出そうとした直接的な要因となったのは物凄く感動したドラマがあった。Y氏はそれをより愉しみたくてこれがもし自分のお気に入りの役者さんが演じていたらもっと愉しめるのにという想いを持つに至ったのである。

ただ惜しむらくは芸術家的な才はY氏にはなく発想力が貧困でイメージだけでは映像を頭の中で構築するには役不足であった。そこで彼は録画しておいたドラマを観ながらその映像を頭の中を通して撮影することにした。そして出来てきて再生した映像はY氏の主観が混ざっていてテレビで映されていた映像とは似て異なるものであった。ただし色んな雑念が混ざっているせいでとても見辛いものではあった。

それでもこれならいけると、何度も実験・試験・訓練を重ねY氏は雑念除去も含めた自己鍛錬に勤めた。彼は一日中テレビの前で張り付き機械の改良に励むという生活すること数ヶ月。

そしてついに役者さんをY氏の好みの役者さんに凡て入れ替えて背景等は本作と寸分違わぬ作品を作り上げることに成功した。当初自分で満足して楽しんでいたがそのうち人はどう思うのだろうかと言う評価の程を知りたい欲望に駆られて来た。

今なら匿名性で発表できるネット社会というものがある。Y氏は自慢と期待のその作品を足のつかない手段を講じて有名な動画サイトへ投稿してみた。

反響は始めちょろちょろ中ぱっぱ。徐々になんだこれはということになってくる。そりゃそうだ全然違う役者さんが話題沸騰となったドラマを演じているのだから。オリジナルを越えたものとして誰しもが認めることとなった。

当然合成やCGであろうと思われたがそれにしては動きとかに違和感がない。作りモノにしてもここまで精巧なものは実際にドラマ制作したところが作ったのだろう。それが流出したのではないかとさえ言われるほどの出来であった。ネットでの評判から制作したテレビ局の関係者がその噂の映像を見て愕然とした。

「なんじゃあこりゃあ!」

抜かされた役者の事務所からはクレームが局に押し寄せ、出てもいないのに登場している役者を抱える事務所は本人とひと悶着したうえで局にどうなってるんだと問い合わせ。視聴者もなぜこれがお蔵入りになってそしてなぜ流出したのだという電話や書き込みが鳴り響く。雑誌はこのネタ書けば売れる。関係者のみならず視聴者をも飲み込んでのお祭り騒ぎとなりつつあった。

こんなの作った覚えの無い担当者は呟く。

「なんで?」。

そう、Y氏は面倒くさがりなので最後に出てくる出演者やスタッフのテロップまでは気が回らず(興味がなかったので)見えたままにしてあったので制作は某テレビ局のままになっていたのだ。

テレビ局は反響の多きさに会見を開き「我関与せず。」の声明を発表する。

じゃあ誰がと。著作権もへったくれもない社会のルールを逸脱したものとして糾弾すべきと言う意見。確かに面白いと思う意見。様々な意見が飛び交う。

プロバイダ等から追って行けば面が割れるだろうと思われたがY氏は有能な科学者。結局警察権力が介入しても掴むことは出来なかった。

そんな中でお騒がせの張本人Y氏はというと、賛否両論渦巻く中で原作のあるドラマでまだ映像化されていない物語をドラマ化して欲しいという少数意見に惹かれていた。以前イメージの貧困さから挫折した想像だけで映像化してみることに新たなチャレンジを見出したのだ。

以降彼は様々な映像を研究すべく益々以って引き篭もり具合が増すことになっていった。そして神経が切れてるんじゃないのかと思える程寝食を忘れる位没頭して行くのである。その結果ドンドンと緻密さを増していく。

そんな世間の喧騒から離れて新たな挑戦に挑んでるY氏であったが、新たな挑戦してはいてもドラマに関しては律儀に毎月1話づつ投稿していき世間は益々反響が凄く国民殆どがなんだこれはとなっていく。技術的にどうすればこういうものが作れるのかという特集番組や記事が連日踊る。これは超高度なCGであると言う説。変装・モノマネといったアナログ芸と合成の合作によるものだと言う説。などなど諸説紛々ながらも決定打がないまま日にちが過ぎる。

Y氏が作ったドラマのオリジナルは全12回。こういうことには理詰めに完璧を期すY氏12話きちんと投稿。著作に関して無断使用だからと削除要請もあるにはあったのだが一般人には歓迎で迎えられており大勢の意見が見せろと言うものだったし、著作権団体とかの要請を受け入れて一度削除したところ物凄い非難を浴びたのとコピーされたものが出回るなどして益々収拾がつかなくなってしまったこともあり黙認の状態となった。

欲しがる連中

テレビ局や映画のプロデューサーはこれでギャラも払わずに済み経費が安く作れるからと将来性を感じ懸賞金つけてでも探そうと躍起になる。

監督はイメージ通りのアングルからとかの映像が作れ理想のキャスティングが役者さんの生死に関わらず出来ると期待を寄せる。

作家は他人を介さず自分で映像をつくれる。もう勝手にイメージを壊されずに済むと熱望。

エロヲタクは悶々画像を妄想できると嬉々。いくらなら買うか買えるかという話しで勝手に盛り上がる。

電機メーカーは商売になるならと研究を開始。

学者は理屈を知りたいから学会で名乗り出てくれと訴える。

などなど誰も彼もが反応する中でこんなものが世に普及したら困る者が眉をしかめる。

著作権を扱うところ。みつけたらただじゃすまないぞと憤慨。

役者はこんなのが出回ったら商売上がったりと危機感を募らす。しかも自分の能力を超えた演技すらもY氏の作品の中で演じられているので現実の創作中に出来るだろうと監督からの無理な注文に辟易しなくてはならなかった。

作家などこれが普及すれば自分で作れるかもと思い映画やドラマへの映像化のOKを出さなくなった。

相反する反響の中でY氏は我関せず。ただ己の好奇心の赴くままこの世界にのめりこんでいた。当然これで一山当てようと言う気はなく人前に出ずに人から評価される快感を得られるこの世界でよしとしていた。

しかし、使い道はY氏が考えているようなものだけではないのである。例えば防犯カメラとかに映っている映像を作っておけばアリバイが成立する。また逆に犯人に仕立て上げることが出来る。対立する人間を追い落とすために言ってはいけないこととかをあたかも言っている様な映像を作ることが出来る。そういくらでも悪事にも色々と使えてしまうのである。

そういう可能性の警告をテレビで発した者がいて映像の証拠性が揺らぐと言う事態に実際発展しかねない煽りすらあった。

そしてついにそれを利用しない手は無いと思い立った悪党が現れた。その悪党の財力と権力は何故か絶大で不老不死以外にこれ以上何を求めるのかと思える感じだが、とにかくあらゆる手段で作り手が誰であるかを調査し始めた。

その調査は困難を極めたが悪党なりの威信にかけて調べ捲くった。そしてどういう手立てを講じたのかは不明だがY氏を突き止めたのだった。

悪党とは言え、金銭でけりがつけばこれほど楽なこともなくまずは交渉に出向いた。居留守を随分と使われたが何度目かの訪問でなんとか接触することが出来た。

「如何でしょう。貴方のその研究私どもにお譲りいただけないものでしょうか。」

「なんのことだかさっぱり分からない。」

「おとぼけにならないで下さい。貴方が世間を騒がせている映像の発信者だというのを知っているのですよ。著作権を保護する者達に貴方のことを教えてもいいんですよ。そうなれば貴方の生活は滅茶苦茶になる。ならばそうならないために私どもにお譲り願いたい。」

「なんのことだかさっぱり分からない。」

まったく話しにならない。いくら摂理(脅し)を説いても多少の威嚇(暴力)をしても神経が通っていないような目が死んでるかの様の無感情で「さっぱり分からない。」を繰り返すのみなのだ。あれでは誘拐しても無理だろうと判断された。家の中を探ろうと入れろと脅かして無理矢理に入ってみてもがらくた尽くしでさっぱり分からない。その雑然さに辟易し半分死んでるような姿をみると魂を吸い取る掃除機でもあるのかとさえ思えるくらいであった。

監視してどのように映像を作り出しているのか探ろうともしたが窓はいつも締め切りで外からは見えず盗聴カメラを仕掛けても何らかの強い電磁波のようなものが発生しているらしくカメラが機能しない。

譲って貰えないのなら盗んでしまえ。大金を要してもなんとしてでも欲しいと考える組織はその道のプロに依頼したのだ。

深夜寝込みを襲う賊の集団。その手並みは盗人界のゴルゴ軍団と称されるだけのことはありそれはそれは見事なものであった。ただし火付け盗賊改めが現存していたなら容赦しないであろう押し込みの種類でも性質の悪いいそぎ働き。一応「ありかを吐け。」と言ったがY氏は拒否。あえなくY氏の運命はついえた。そしてらしきものは全て持ち去りかつ証拠を残さぬために火を点けての退散であったのだ。それについては依頼人からの独占したいがための要望でもあったのだが。

盗賊団にとっても念写カメラがどういうものかは分からない。なので機械と言う機械は凡て持ち去るという大掛かりかつ徹底振りであった。

だがそれらは盗んでも全部意味のない物ばかりであった。何故なら見事盗み出してきたガラクタや資料以外でその機械と思われるものは録画機と増幅機能をもつブースターのようなもので肝心の読み取り機能とかの部分がなかったのである。設計図などもなかった。

依頼者は問う。「何故だ。凡てと言ったろう。」

「部屋にあったものはこれで凡てだ。家具に至るまで粉砕して隠してないか調べた。そういう粉々になったベッドや机、風呂桶果ては着ぐるみ脱がせた衣服まで持って来いっていうのか。」

「見つからないならせめて連れて来れなかったのか。」

「そういう話しじゃなかっただろう。」

「ならば何故吐かせてから殺さなかった。」

一瞬躊躇する盗賊であったが

「生憎と拷問は専門じゃないんでね。」

「まあ仕方ない。」

その後一応研究室に運ばれて研究者が調べるがやはり肝心な部分が存在しないので仕組みが解明できなかった。

その後、焼け落ちたY氏の屋敷跡からは黒焦げになった遺体が地元の消防団と警察によって発見された。それは遺体というよりも異体とも呼べるものであった。頭部部分には入力ジャックがあるという機械と人骨が合体したような異様さであった。頭部だけでなく内臓近辺にも焼け焦げて使用意図不明な小さな機械が散乱していた。そう念写カメラの為にY氏は自らの肉体をも改造していたのである。本体とも呼べる受像部品は脳に直接取り付け寝食する時間を省くため体の至る所をも機械化していった。つまりサイボーグ化(自らをカメラ化)していたのだった。普通サイボーグというと強化と言う意味合いが強いのだがY氏の思想は補強プラス簡略化であった。頭部は補強し体は人としての最低限のことは確保しつつも生活の手間を省くため食事睡眠を省くため電気とサプリの摂取だけで体が動くようにしていたのだった。実は火付け盗賊に襲われた際振り向いて立ち上がった際足がつまづいてあっけないほど簡単に首の骨が折れ勝手に絶命したのだった。日頃の運動不足の賜物と頭部に内蔵した部品の重量により頭でっかち尻すぼみ、バランスが悪かったのである。その都度無計画に突き進んできたので設計図なぞはもとより存在していなかった。

用意周到な悪党及び盗賊たちが何故Y氏が異様であることに気づかなかったのか。闇夜という事もあろうか精巧な人工皮膚を装着しており見た目が改造されてるとは思えなかったこと。若干青味は感じたが殆ど出歩かないので不健康な青白いせいだろうと思われた。一目瞭然異様な頭部についてはなぜ視認出来なかったのか。そうY氏は若かりし頃より自分で開発した鬘を終生愛用していたからでありその精密さは転倒してもずれることの無いものであった。そしてあまりの最後のあっけなさにさすがに不憫に思う仏心が盗賊にも湧いたのであろうか。それでもプロとして身ぐるみ剥いで衣服のチェックは行なったのだが体の中まではさすがに掻っ捌いてチェックしなかったのである。

もし世に出ていれば精巧なカツラ・人工内臓の開発など優れたものであったかもしれない。

この火災については消防や警察は壁などが破壊された後燃えていることなどから事件の可能性もと考えられたがそれを裏付けるものもなく失火原因は漏電であろうとしてひっそりと事故として処理されることとなる。

凡ての情報収集を終え経過報告を受けた依頼者はその旨を首謀者に伝えた。

「大統領残念ながら闇に葬られました。」

「そうか。私の100年天下の夢は夢でしか無いか。」

心の中で「実績で生き残れよ。」と思う首席秘書官であった。

Y氏が世に発表したのはキャストの入れ替え全12話のひとつのドラマ。それと原作のあるドラマでドラマ化されていなかった物語を0から作り上げたものが2本。CG特撮がせこかった映画を改造したものが1本。自らをカメラにしてしまうなんて発想に普通の人が至る筈もなく結局新たな開発者が現れることはなかった。

本人は様々な映像の寄せ集めの成果で創造性(芸術性)は皆無という意識であったが最後の方は邪念除去装置を取り付けた成果か作品を仕上げることのみに神経がいってたようであった。

人は突如として表れ忽然と消えたその芸術家を現代の写楽と読んだとさ。まあ写して楽しんだのだから大きく的が外れてはいないが。

| | コメント (0)
|

なんとなく

安らけく 生きんが為に 何をせん

つつがなく 生きんが為に 何をなす

つつましく 息する為に 穏やかに

輪をなし 和となし 永久(とわ)となし

穏やかに 健やかにと 息をせん

急くことなかれ 飽くことなかれ 断つことなかれ

ことなかれ主義の昇華こそ

明日へと続く 道標

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

春追い

てふてふ舞い飛ぶ春のよに

てくてく歩くはなんのため

ただただ息をせんがため

ただただ生きとしんがため

止まらば子らに捉んまさる

止まれば冬に捉んまさる

夢から夢へと食い繋ぎ

春よ春よとてくてくと

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

東海で韜晦

書くは自由の地獄絵図

出すは勇気の誉れども

読めぬは現(うつつ)の戯言(ざれごと)か

命短し襷(たすき)は長し

なにもしなけりゃ始まらぬ

なにもせずとも終わりなく

今に今にと世は深ける

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

その他のカテゴリー

0-0・当ブログの読扱要領 | 0-1・耳で聞く遠州弁 | 1-1・遠州弁かるた随時製作中 | 1-2・遠州弁あ行 | 1-2・遠州弁い行 | 1-2・遠州弁う行 | 1-2・遠州弁え行 | 1-2・遠州弁お行 | 1-2・遠州弁か行 | 1-2・遠州弁き行 | 1-2・遠州弁く行 | 1-2・遠州弁け行 | 1-2・遠州弁こ行 | 1-2・遠州弁さ行 | 1-2・遠州弁し行 | 1-2・遠州弁す行 | 1-2・遠州弁せ行 | 1-2・遠州弁そ行 | 1-2・遠州弁た行 | 1-2・遠州弁ち行 | 1-2・遠州弁つ行 | 1-2・遠州弁て行 | 1-2・遠州弁と行 | 1-2・遠州弁な行 | 1-2・遠州弁は行 | 1-2・遠州弁ひ行 | 1-2・遠州弁ふ行 | 1-2・遠州弁へ行 | 1-2・遠州弁ほ行 | 1-2・遠州弁ま行 | 1-2・遠州弁や行 | 1-2・遠州弁ら行 | 1-2・遠州弁わ・ん行 | 1-3・遠州弁+古語でお遊び | 1-3・遠州弁的言い回し | 1-3・遠州弁関連 | 1-4・遠州地域ネタ | 2・コマーシャル | 2・スウィングガールズ関連 | 2・テレビ | 2・映画・テレビ | 2・現クールのテレビドラマ | 2・2007年のテレビドラマ | 2・2008年のテレビドラマ | 2・2009年のテレビドラマ | 2・2011年のテレビドラマ | 2・2010年のテレビドラマ | 3・DVD | 3・戦争活劇 | 3・映画・DVD | 3・矢口史靖作品 | 4・その他 | 4・つぶやき | 4・変形改造ことわざ・慣用句 | 4・手作り話し | 4・死語の世界 | 4・言葉の彩?綾?誤?