1-2・遠州弁と行

どじらんかお

遠州弁と行

「どじらんかお」

続きを読む "どじらんかお"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

とんじゃかない その3

遠州弁と行

「とんじゃかない」

以前書いた記事の補足説明(言い訳)。

続きを読む "とんじゃかない その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

とんでく その3

遠州弁と行

「とんでく」

どうでもいい内容の話し(記事)

続きを読む "とんでく その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*「とんじゃかない」と「とんじゃくない」

遠州弁と行

「とんじゃかない」

の補足記事

続きを読む "*「とんじゃかない」と「とんじゃくない」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

とんでく その2

遠州弁と行

「とんでく」の使いどころ

レベル 日常茶飯事レベル

続きを読む "とんでく その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*とっぽい

辞書にはないので俗語の範疇(といってももう死語化してるやもであるが)であろうか。

ネットの辞書には記載があって

キザで不良じみているさまを俗にいう言葉。とある。

付随で茨城弁大辞典において

(不良っぽい感じで)イカしてる。(昔の流行語だと思われる)。とある。

となると遠州でというか自分たちが使っていたニュアンスと大分に異なるものである。

これを遠州独特と言い張るには無理があるところだが自分たちが使っていた「とっぽい」のニュアンスはひとことでいうと「お間抜け」。

もう少し細かくいうと、場の空気が読めない奴(浮いた奴)・タイミングがずれる奴(間の悪い奴)・発言・服装・態度などが的を得ない奴(頓珍漢な奴)とかを指す。(注、的を射ないではなくあえて的を得ないを使用してます)そしてその場に於いて先に挙げたような負の要因によって目立つ奴の事を指すものである。

つまり条件は浮いて目立つ事。しかもその目立つ理由は残念なもの。

浮いていても目立たなければ「どんくさい」・「どとろい」という表現になる。

「とっぽい」奴に対してその存在に嫌悪感や怒りの感情といったものは薄く「あきれる」・「関わり合いたくない」という感情の方が勝る。もし気に障るというものであるならば「むかつく」・「なまいき」という表現を使う事が多い。

辞書にあるような不良というニュアンスは無い。それが大きな違いである。

他の言葉言いかえるとなると「自覚の無い浮いた奴」とかでひとつの言葉としては思い付かない。こじつけ並に強いて挙げるとしたら「ひょんきん」か。まあ「ひょんきん」には「愛嬌」があるのでその「愛嬌」を抜いたのが「とっぽい」という事になろうか。

例文

「今度みんなで休みの日呑み行かすかあ。」

  (今度休みの日に皆で呑みに行こうぜ。)

「いいじゃん。で、だれん呼ぶよを。」

  (いいねえ。それで誰を呼ぶんだい?)

「うちらんとこの班全員呼ばすかと思ってるだけえが。」

  (自分の所の班の人全員呼ぶつもりでいるんだけど。)

「○○も呼ぶだあ?」

  (○○も呼ぶのかよ。)

「なんでえ駄目けえ。」

  (なんで?駄目なの?)

「あいつ服装とかとっぽいじゃん。仕事の時しか知らん衆らどんびきんなるにい。」

  (あいつの普段の服装とか浮きまくりじゃないか。仕事中の時しか知らない連中はどんびきになるよきっと。)

「確かにあいつ普段がんことっぽいでのっ。でもひとりだけ声掛けなしっつうのもあれだらあ。」

  (確かに普段のあいつは凄く浮いてるわな。でも一人だけ声掛けしないっていうのも問題あるだろう。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*とらまえた

「つかまえた」と言っているのであるが

ネットの辞書では「捕まえた」と「捕らえた」もしくは「捉えた」が合わさって出来た言葉みたいな旨の説明がなされていた。

遠州弁においては「とんました」という言い方が存在し「捕まった」だと「とんまさった」となる。

細かくして考えると「とんまさった」は「とらまれなされた」ではなかろうかと推測できる。

「とらもう」→「とらまう」

「とらまうれ」+「なされた」→「とらまれなさった」→「とんまさった」

もっとも「とんまさった」のニュアンスは「お捕まりになられた」みたいな敬語的なものではなく「捕まったアホだ」といった小馬鹿にしたものであるのでこの説明に説得力は皆無であるが。

しかしながらこんな感じがもし説得力があるとしたなら、「つかまえた」と言う意味の「とらました」と「捕まった」という言い方である「とらまさった」という言い方が考えられ実際そういう言い方が存在してるような気がする。そして「とらました」の「ら」が撥音便化して「とんました」となったという事が考えられるのではないか。

で、肝心の「とらまえた」であるが、「とらました」が存在するのであるからして「とらまえた」という言い方も存在してもおかしくないと思えてくる。つまりネット辞書での説明とは異なる理由で言葉の説明が遠州弁においては出来るということである。

それに「とらまえた」の「ら」が変化して「とんまえた」という事になればより遠州弁っぽくなるところでもある。訳としては

「とんました」(とらました)だとはっきりした意思を持って捕まえたという勢いが増し

「とんまえた」(とらまえた)だとなんのかんのの結果として捕まえたという勢いが増すように感じられる。

分かりにくいので例文で説明すると

「猫んそこらはっちょうでくるうもんでとんまして外に出いた。」

  (猫が所構わずはしゃぎ回るものだから捕まえて外に出した。)

「えらいがさごそ音んするもんでなんだと思ってとんまえたら隣んちの猫だった。」

  (なんかがさごそ音がするのでなんだろうと思って捕まえてみたら隣の家の猫だった。)

「捕縛」が「とんました」で「捕獲」が「とんまえた」と例えるのは無謀か。でもそんな感じの違いを個人的には感じる。

「とんました」の対が「とんまさった」であるなら「とんまえた」の対は「とんまえさった」という風にも勘繰れるところである。それに「ら」=「ん」であるとしたら「とらまえた」。対で「とらまえさった」は方言として存在するものであると屁理屈が立てれるところである。

まあ総じて無謀な屁理屈ではあろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*ど その2

例えば「どストライク」・「ど真ん中」。

遠州弁的感覚で訳せば「もろ」。

「ど変態」・「ど馬鹿」

遠州弁的感覚で訳せば「凄い・大層・相当」などといった感じ。

「もろ変態」という訳でも違うということはないが遠州ではやはり「度を越えた変態」という意味で解釈されるところである。

おそらくは「もろ」という意味使いは共通語であり「凄い」系の意味使いが遠州弁なのであろう。

従って使いどころが微妙に異なり受け取り様が異なってくるのであろう。しかしながら遠州人はそのどちらも使っており時としてややこしいという事が起こる。

例えば「どすけべ」。

共通語的「もろ」と解釈した場合多少なりとも客観的判断という趣があるところだが

遠州弁的「相当」と解釈した場合は拒絶感が強い感情表現という趣になる。

「あいつどすけべだにい」の場合「もろ」と読めば「あいつはすけべだからなあ」という訳になるし「相当」と読めば「あいつになにかされた」という被害者は語るみたいな感じになる。同性同士の会話なら「もろ」であるが異性間の会話だとどちらとも取れて曖昧となる。

これを回避するためには「もろ」と言いたい場合には「馬鹿」・「がんこ」を使う事が多い。

では次に「ど根性」はどうか。

この表現は共通語であろう。遠州弁的解釈においても共通語と同じ凄い根性というニュアンスであろう。共通語においても「凄い」というニュアンスは存在するということであろうか。もっとも「もろ根性」というか「根性丸出し」と解釈すれば「凄い」でなくても説明はつくが。

次に「どストライク」。

実は遠州人にはざらつきを感じざるを得ない表現である。「ど打てないストライク」とか「どぎりぎりのストライク」とかなら分かるが「どストライク」ではなにがどう凄いのか述べられていないから違和感を感じるのである。一歩ゆずって「もろストライク」だとすると「誰がどうみてもストライク」という解釈ととれるのであるが「どストライク」からそういう解釈をとるのは難しい。

こういったように「ど」の使い方は共通語と遠州弁では異なるものである。いっしょくたあにしてしまうと本来の意図が正確に伝わらない可能性があるところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*とっちらかる その2

以前書いた際に荒っぽくとかいう意を付加する意図で「捕まえる」→「とっ捕まえる」といったのと同じで「散らかる」→「とっ散らかる」という流れであろうと書いたのだが。

考えてみると「とっちらかす」という言い方にはざらつきを覚えるので

「とちくるう」と同じ傾向の「とちちらかる」→「とっちらかる」の流れかもしれないという手も捨てがたく思えてきた。

辞書には「とちる」{「とち」は「とちめく」の語幹}広義では、まごついて、物事をやりそこなう意に用いられる。とある。

ちなみに「とっつかまえる」はネットの辞書では、捕まえるを強めて言う語と説明されていた。遠州弁的感覚だと乱暴・ぞんざいという勢いになる効能があるとこが若干違うようだ。

それはともかく、つまり「とちる」=「とっ」(とち)であるとするならば「とっ」(とち)を使うとあたふたした感じが加味されるということで「とっちらかる」は整理不能で何していていいのか分からない状態を表わしているということで実際使っている意味と合う。

好きでこの状態に陥る事はないのだから自らの意思で「ちらかす」ことはないと思われるので「とっちらかす」という言い方にざらつきを感じる理由が納得できる。

そういう点から乱暴・ぞんざいという意味使いの「とっぱらう」・「とっつかまえる」とかいうものとは別種ではないかと思えてきた。

もちろん「とちくるった男がとっちらかした」とかいった他人の様を指す分には乱暴・ぞんざいであろうと混乱・まごつきであろうとどちらの使い方でも違和感はない。自身が散乱状態になった場合に乱暴・ぞんざいという使い方は不自然を感じるということである。

ちなみに古語辞典を引いてみる。「とち」では記載はないので「とち」を使った言葉を挙げてみる。

「とちくらふ」ばか食いをする。

「とちぐるふ」戯れる。ふざけあう。

「とちめく」あわて騒ぐ。うろたえる。

古語の「とちぐるふ」は意味合いが異なっている。「とちめく」が一番意味が近い。

例文

「とち狂った男がやっきりこいて机の上をとっちらかいた」

  (血迷った男が地団駄踏んで机の上の物をくしゃくしゃに散らかした。)

例文2

「やあもう訳分からんくなってきてとっちらかってきたぞ。頭爆ぜそうや。」

  (ああもう訳が分からなくなって頭の中がごちゃごちゃになってきたぞ。頭が爆発しそうだ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*とうに その2

「とっくに」・「すでに」。

遠州弁でもなんでもない共通語であるが使用頻度が多い事に地方性があろうかと思って記載。古い言葉であり他地域では既に死語化してるということであれば遠州弁と呼べることになるのだがどうでしょうね。って思ってネットで調べたら関西ではよく使われる表現ということらしい。なので改めて言うと遠州でも使うよという事で記載。

「そんなんはあとうに忘れたわあ」

  (そんな事もうとっくの昔に忘れたよ)

「とうの昔に」とした場合に「とっくの昔に」と訳すべきところであろうがニュアンスとしてはこの方が近い。つまり「とうの昔に」の省略形が「とうに」という言葉になっているとも考えられる。

で、「とっくのとんまに」という言い方は流石にとうに使われていない。

尚、発音は当然の如く「とおに」。

ちなみに「とうのむかし」を漢字で書くと「疾うの昔」。であるからして「とうに」は「疾うに」と書く事になろう。

「お前は既に死んでいる」というフレーズを遠州弁にすると

「おんしゃあとうに死んでるでねえ」などとなる。

例文

「やあ、こんどあいつに会ったらさあ。最新の情報おせえてってゆっといて。」

  (あのさあ今度あいつに会ったらさあ、最新の情報教えてって言っておいてくれないかなあ。)

「ゆっても無駄だにい。」

  (訊いても無駄だよ。)

「なんでえ。」

  (どうしてだよ。)

「だって、はあとうにやらんくなったもん。」

  (だってもうとっくにやらなくなっちゃったもの。)

「え~!あの馬鹿好きがけえ。」

  (え~!凄いはまってたじゃないか。)

「凝りすぎて飽いただなきっと。」

「ほどほどが大切ってか。」

「だの。」

  (だね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0-0・当ブログの読扱要領 | 0-1・耳で聞く遠州弁 | 1-1・遠州弁かるた随時製作中 | 1-2・遠州弁あ行 | 1-2・遠州弁い行 | 1-2・遠州弁う行 | 1-2・遠州弁え行 | 1-2・遠州弁お行 | 1-2・遠州弁か行 | 1-2・遠州弁き行 | 1-2・遠州弁く行 | 1-2・遠州弁け行 | 1-2・遠州弁こ行 | 1-2・遠州弁さ行 | 1-2・遠州弁し行 | 1-2・遠州弁す行 | 1-2・遠州弁せ行 | 1-2・遠州弁そ行 | 1-2・遠州弁た行 | 1-2・遠州弁ち行 | 1-2・遠州弁つ行 | 1-2・遠州弁て行 | 1-2・遠州弁と行 | 1-2・遠州弁な行 | 1-2・遠州弁は行 | 1-2・遠州弁ひ行 | 1-2・遠州弁ふ行 | 1-2・遠州弁へ行 | 1-2・遠州弁ほ行 | 1-2・遠州弁ま行 | 1-2・遠州弁や行 | 1-2・遠州弁ら行 | 1-2・遠州弁わ・ん行 | 1-3・遠州弁+古語でお遊び | 1-3・遠州弁的言い回し | 1-3・遠州弁関連 | 1-4・遠州地域ネタ | 2・コマーシャル | 2・スウィングガールズ関連 | 2・テレビ | 2・映画・テレビ | 2・現クールのテレビドラマ | 2・2007年のテレビドラマ | 2・2008年のテレビドラマ | 2・2009年のテレビドラマ | 2・2011年のテレビドラマ | 2・2010年のテレビドラマ | 3・DVD | 3・戦争活劇 | 3・映画・DVD | 3・矢口史靖作品 | 4・その他 | 4・つぶやき | 4・変形改造ことわざ・慣用句 | 4・手作り話し | 4・死語の世界 | 4・言葉の彩?綾?誤?