1-2・遠州弁て行

でほ 2

遠州弁て行

「でほ」

レベル 非日常レベル

続きを読む "でほ 2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*で その2

「そんなの後でいいで」。十分共通語の範囲であろうがそれでも

きちんと訳すとなると「そんなの後でいいから」とするのが普通。

じゃあ「で」=「から」なのかというとそんなことはないだろう。

屁理屈的には「そんなの後でいいので」という「で」=「ので」ということではなかろうかと思えてくる。

遠州弁はこの「で」=「ので」という言い回しをよく使い傾向があろう。と同時に「から」という言い方をあまり用いない傾向があるとも思えてくる。しかしながら感覚で物を言うと大分曖昧なのでちょっと調べてみる。

辞書によると

「ので」{接続助詞}前件が理由・原因となって、後件に述べる事柄が起こる事を表わす。A「風が強いので埃がひどい」。

「から」{格助詞}①動作・作用の起点・出発点や、それがもたらされるそもそもの原点を表わす。「学校から戻る」。②物事の順序・範囲を示す場合の始まりを表わす。「あなたからどうぞ」③経由点を表わす。「玄関からお入りください」④原因・理由・根拠を表わす。「不注意から大惨事になる」⑤材料・構成要素を表わす。「酒は米から作る」⑥ある数量より以上の意を表す。「百人からの人が集まった」

{接続助詞}①前件の事柄が後件の事柄の原因・理由となることを表わす。(命令・依頼・推量・意思・主張など、話し手の主体的な立場で述べる場合に多く用いられる)B「寒いから窓を閉めてくれ」②(終助詞的に)相手に向かって強い決意を表わす。C「もうどうなっても知らないから」

「で」{格助詞}①その動作・作用が、どんな場所・場面で行われるかを示す。「日本で催された」②(古語「・・・においては」の変化)その動作・作用が行われ始めたのはどこからであるかを表わす。「彼の説ではこうなっている」③その動作・作用がどんな方法・手段や材料で行われるかを表わす。「鉛筆で書く」④その動作・作用がどんな原因・理由で行われるかを表わす。「病気で休むかもしれない」⑤その動作・作用がどういう状態で行われるかを示す。「みんなでやろう」⑥その動作や状態がどんな時点で問題にされるかを表わす。「現在では行われていない」

{接続詞}それで。「で、なによう」

{助動詞「だ」の連用形}「今日は10日で金曜日だ」

格助詞と呼ばれる「から」や「で」については共通語とまったく一緒で変化する遠州弁は思いつかない。違いが出るのは接続助詞においてであるようだ。

次に辞書での例文を遠州弁に直して考えてみる。

A、「ので」{接続助詞}は遠州弁だと「風ん強いもんで埃んがんこ」といった「もんで」が使われる。もしくは「んで」と当然「で」。

B、「から」{接続助詞}①については「寒いだで窓閉めてやあ」。もしくは「もんで」稀に「にい」。「で」も当然使われる。

C、「から」{接続助詞}②については遠州弁では「もうどなっても知らんにい」といった風に「にい」が使われる。もしくは「でねえ」。

といったように、「から」は遠州弁の場合他の言い回しになる事が多く「で」に置き換えることが出来る。なので遠州弁ではやはり「から」は使わない言葉という傾向が強いといえるのではないか。

で、「で」=「ので」はどうなったんだというと「で」=「から」を否定する事ができなく「で」=「から」=「ので」みたいな感じにもとれる。遠州弁においてはそこら辺は曖昧なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*でろでろ

あくまで遠州弁のお話しです。(ネットで調べてたら漫画のタイトルでヒットしたけどそれとはまったく関係ありません。)

広く使われている表現ではないが「でろでろ」という表現は遠州弁には存在する。使い手は少ないので遠州人同士でも地域が違えばそのニュアンスが伝わらないこともあるので限りなく俗語(それもごく一部での)という領域の言葉かもしれない。

例えば

「でろでろの遠州弁」。口からよだれが出るようなしまりなく方言が漏れ出るような様と感じ取れる。こう言い切るのは無謀であるが、当人は共通語を発しているつもりでも方言を発してるという自覚がないという勢い。

これが「だあだあの遠州弁」だと共通語で話そう(話さなくては)と言う意識はある割には方言が際限なく止まらないという勢いに感じられる。こちらは方言が出てるという自覚が見受けられる。

「ぐでぐでの遠州弁」だと近いのが「こてこての関西弁」といったところか。共通語を駆使しようなどと言う気はさらさらなく相手がどう思おうと構わないという勢いを感じる。

これが「ぐだぐだの遠州弁」ということになるとその意は共通語と同じで「支離滅裂な遠州弁」と訳すことになる。

「でろでろ」という言葉自体は日常会話でよく使われるものではないのでこういう言葉であると明確に述べる事は難しいのであるが

骨が抜かれて支えがなくなったみたいな形が留まれない様を表現してる事が多い気がする。かといってせき止めていたものが外れて一気に噴き出すような勢いのものではなく外れたまではいかないがそこかしこから漏れ出ているという勢いというのが「でろでろ」ではなかろうか。しかもちょっとべとべとしていそうな汚い印象を与える場合もある。

で、他の使い方として

往時のいかにもなアメ車のアイドリング音を「でろでろ」と表現する。

「表に停まってる車でろでろ言ってるで望月ん来ただら」

それ以外には、「でろでろの遠州弁」という使い方とほぼ同じなのであるが、「げろげろ」程露骨ではないがなにかが漏れ出る様を「でろでろ」と表現するといもの。

正しくはなんというのか知りませんが擬声語・擬音語・擬態語といったものが遠州弁は多いという特徴もあるらしく、この「でろでろ」もそういったもののひとつというこになりましょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

*で・でえ

意味使いそのものに方言性はないのだが、話しと話しのつなぎの言葉として遠州弁では非常に重宝されている言葉。別記事で書いた「でえ」のパートⅡ。

小癪な(小難しい)言い方をすれば「で」接続助詞、「活用語の終止形に付く。原因・理由を表す。」という説明がなされている。

「今日はいい天気だ。で、布団干すぞ。」

みたいな。これを遠州弁にすると

「今日いい天気だで布団干すにい。」

となる次第。

「で」と「でえ」とではその意味合いは微妙に異なる。

「で」は「ので」

「でえ」は「から」

したがって「今日天気いいで布団干すにい」という言い方はあっても「今日いい天気で布団干すにい」とかいう使い方は存在しない。

これに「だ」が前について「だで」・「だでえ」とすると

「今日いい天気だで布団干すにい」という言い方が成り立つと共に「今日天気いいだで布団干すにい」という言い方も存在して使い方の幅が広いので重宝であり「だで」・だでえ」が「で」・「でえ」よりも多く使われるところである。

訳すと

「だで」は「だので」(だから)

「だでえ」は「なのだから」

とかになる。

ところで共通語の「でだ」(それでだの略か?)。遠州では「でえ」を使う事が多いので「でだ」の使用頻度は少なめな傾向にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*でえ

語尾に付く「でえ」ではなく頭に付く「でえ」のお話し。

「それで」と言っている。共通語であろうが使用頻度が高いことに地域性があろうか。「で」と言うよりも「でえ」と言う方が多い傾向が遠州弁にはあろうか。

前の話しに上乗せというか被せるという使い方もすれば話し変わるけどけどみたいな切り替えの使い方としても使われる。「で」だと切り替えの用途に限られる点があって両刀使いの「でえ」がよく使われる理由であろうか。

他には「そんでえ」・「ほんでえ」などがある。「ほれでえ」というかどうかは微妙。

たまに「だもんでえ」の略としても使われる事がある。

疑問形にする場合は「でえ?」となるよりも「で?」となる事が多い。

例文1

「あのさあちっといい?」

「ちょっと待って今テレビ観てるで。」

暫し後

「あ~笑った。でえ、なによをなんかいいたいこんあっただら?」

「はあいいや。何ゆうか忘れちったあ。」

例文

「あのさあ。」

「なに?」

「明日暇だら?」

「なんで?」

「フラーパーク行かん?」

「別にいいけど。」

「でえ 車出してくれんかねえ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*でほ

「法螺」。

「嘘」とは異なるニュアンスである。「冗談」とも違うのであろうか。

自分も含めて周りの衆は使わない言葉なので正しい意味は定かではないが、言われた際におそらくそういう意味だろうと解釈した。

どこの言葉なのか定かではないがネットで調べても出てこないので遠州の固有種なのだろうか。・・・まさかね。

ちなみにうちらは「をた」・「ふかし」とかを使う。

例文(多分こういう使い方であろう)

「どうだったよを。」

  (どうだった?)

「おお、がんこ人いたにい。入りおせんで入れろ入れんでひゃあひゃあやってた。」

  (うん凄い人だかりだったよ。入りきれないものだから入れろ入れられないで揉み合ってた。)

「そんながんこに人おったあ。」

  (そんな大層に人が集まったのか。)

「がんこだよを。車道まで人ん溢れて警察まで来てたもん。」

  (凄かったよ。車道にまで人が溢れてしまって警察が来てたくらいだもの)

「まあたそんなでほこいてえ。」

  (おいおいそんな話し膨らませてえ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*で

意味を超強引に訳すと「から」。

「行ってくるでね」(行ってくるからね)。

ネットの辞書で調べると

「で」{接続助詞}江戸時代に多く用いられ、原因・理由を表す。活用語、特に助動詞「た」に付くことが多い。…ので。…から。現代語では、くだけた雰囲気での会話に用いる。浄瑠璃、心中二つ腹帯「お暇が出た―、去にまする」。浮世風呂[2]「よく流してくれた―、さつぱりしました」。「ちょっと出かけて来る―、頼むよ」
広辞苑第六版より引用

とあった。

共通語との違いは「だで」という「だ」に付く事も多いのが遠州弁。もっとも「だもんで」の略が「だで」という解釈もあって区別はつきにくいところではあるが。

例えば「あなたが悪いのだから」というのを遠州弁だと

「あんた悪いだで」となる。

でもまあおそらくは古い日本語をまだ普通に使っているということなんだろうな。

「だ」+「で」という解釈があるのなら「だ」+「に」という解釈も当然あってもおかしくない。その際の訳は「だで」が「だから・だので」ということであれば「だに」は「だのに(なのに)」という屁理屈も成立しそうな気がする。ただ江戸で使われていなければそういった根拠はどこにも記されていないだろうからあくまでも想像にしか過ぎないところではある。

例文

「ここんさあにないならあるとこにわし持ち行くで場所おせえてやあ。」

  (ここにないのならあるところに取りに行くから場所を教えて。)

「まあちっとあるかどうか探いてみるでちょい待ちい。」

  (もう少しあるかどうか探してみるからちょっと待ちなよ。)

「しょろしょろしてると催促くっでちゃっとしまい。」

  (とろとろしてると催促食らうから早くしようよ。)

「持ち行くにしたって近かあないだでさあ。」

  (取りに行くにしたって近くはないんだからさあ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*てめえ

一般的な共通語では「おまえ」を賤しめていう表現ということであろうが

遠州弁での使われ方にはそれとは別に例えば「てめえが」だと「自分が」という使い方をする場合がある。「手前」が訛ってかく相成ったかと推察するところである。まあそうはいっても「手前味噌」を「てめえ味噌」とは言わないので説得力はないが。

まあとにかく「おまえ」というニュアンスではなく「自分で」・「自力で」とかいったニュアンスが強いということで賤しめのニュアンスはないというところが共通語の「てめえ」とは異なるところであろうか。

多分に江戸っ子風味があるので遠州独特ということではなかろうがまだ生き残ってる地域でもあろうということで記載。基本男言葉であろうがごく稀に女性の使い手を見る事はある。そういう女性は年齢・血縁関係に関わらず「おっかさ」と呼ばれることが多い。

例文

「どうしようこれ。」

「甘えちゃかん。てめえでなんとかするだあれ。」

  (人に頼るなよ自力でなんとかするもんだ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*でんぶう

「デブ」のこと。「ぶう」が鳴き声とリンクしてそうでより一層丸み感が増す感じである。男女兼用だがまあ基本女子は使わないのが淑女の条件ではある。

「でんぶ」だと当たり前に「臀部」と紛らわしいので普通はこういう言い方はしないが存在しても不思議ではない。

自身を指して言う言葉では決してなく直に言う言葉でもない。あくまで陰口として本人の居ない場所とかで使われる表現であろう。「愛嬌のある」ニュアンスであり悪意でもって発することより会話の話題の中に出てくるその人物を身体的特徴で表現してることが多い。もちろん共通語の「デブ」もそうだが言われた本人はいたく傷つく表現なので使わないに越したことはない。

同様な言葉で「チビ」を「ちんびい」という。「でんぶう」は男女共用表現だが「ちんびい」は男言葉。

例文

A「うちのおっかさ でんぶう だもんで信号黄いなくなって慌てにゃかん時息ハアハア汗だあだあでえ。」

  (オレの女房太ってるから信号の変わり際に走ったりなんかするとすぐ息がハアハアで汗だくになる。)

B「うちんのなんかけったぁ乗らすとタイヤ爆ぜつしそうだにい。」

  (おれの女房なんか自転車乗るとタイヤがパンクしそうだぜ。)

C「なんつう おっかさ自慢してるでえ。嗤える話しじゃねえらあ。」

  (どういう女房自慢なんだ?とてもじゃないけど嗤えないけど。)

B「病気自慢するようになっちゃお終いだら。その手前でとどまってるだでいいこんじゃん。」

  (病気を自慢するようになったらお終いだろう。その一歩手前で踏みとどまってるんだからいいの。)

C「そをゆうもんか?洒落に聞こえんけど。」

  (そういうものなの?洒落には聞こえないけど。)

A「いいだよを。自虐ネタにゃ違いないだで。」

  (いいんだよ。自虐ネタには変わりないんだから。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

でで

「でで」これだけだとなんのこっちゃいということですが。使用例を挙げれば

「行くででねえ」(行くからねえ)

「買うででねえ」(買うからねえ)

という風に共通語に訳すと「~するから」とかいうような意味使いになることもあれば

「よっちゃんのででいいらあ」(よっちゃんのものでいいだろう)

といった「もので」を略した意味使いもあり結構幅広い。話しをややこしくするが

「のでで」を「のので」と替えて「よっちゃんののでいいらあ」としても意味は同じになる。

元に戻すが、「ででねえ」でひとつの言葉とした方が分かり易いのかもしれないが「ねえ」以外にも「さあ」とか「やあ」が付くので「でで」で記事とした。

単純に話しの頭で「ででねえ」とか「ででさあ」という使い方だと「それでねえ」・「それでさあ」とかいう意味になる。

似たような表現で「だでねえ」というものがあるがニュアンスが微妙に異なる。では「買うだでねえ」(買うんだからねえ)とはどう違うかというと「だでねえ」は買うという事が主になる勢いがあるが「ででねえ」だと何らかの事由があってそうなったという感じになる。一概にこうだと決め付け出来ないけれども「だで」は「から」・「でで」だと「ので」って感じであろうか。

例文

「今日ちょっと買い物してくで帰り遅れるででねえ。」

「何買い行くよを。」

「いいじゃん別に。人が何買おうがいらんこんじゃん。」

「スーパー行くならついでに買ってきて欲しいもんあるだよ。」

「んなとこ寄りゃせんよ。自分が行きゃあいいじゃん。」

「こうみえても忙しいだでねえ。あんたと違って。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0-0・当ブログの読扱要領 | 0-1・耳で聞く遠州弁 | 1-1・遠州弁かるた随時製作中 | 1-2・遠州弁あ行 | 1-2・遠州弁い行 | 1-2・遠州弁う行 | 1-2・遠州弁え行 | 1-2・遠州弁お行 | 1-2・遠州弁か行 | 1-2・遠州弁き行 | 1-2・遠州弁く行 | 1-2・遠州弁け行 | 1-2・遠州弁こ行 | 1-2・遠州弁さ行 | 1-2・遠州弁し行 | 1-2・遠州弁す行 | 1-2・遠州弁せ行 | 1-2・遠州弁そ行 | 1-2・遠州弁た行 | 1-2・遠州弁ち行 | 1-2・遠州弁つ行 | 1-2・遠州弁て行 | 1-2・遠州弁と行 | 1-2・遠州弁な行 | 1-2・遠州弁は行 | 1-2・遠州弁ひ行 | 1-2・遠州弁ふ行 | 1-2・遠州弁へ行 | 1-2・遠州弁ほ行 | 1-2・遠州弁ま行 | 1-2・遠州弁や行 | 1-2・遠州弁ら行 | 1-2・遠州弁わ・ん行 | 1-3・遠州弁+古語でお遊び | 1-3・遠州弁的言い回し | 1-3・遠州弁関連 | 1-4・遠州地域ネタ | 2・コマーシャル | 2・スウィングガールズ関連 | 2・テレビ | 2・映画・テレビ | 2・現クールのテレビドラマ | 2・2007年のテレビドラマ | 2・2008年のテレビドラマ | 2・2009年のテレビドラマ | 2・2011年のテレビドラマ | 2・2010年のテレビドラマ | 3・DVD | 3・戦争活劇 | 3・映画・DVD | 3・矢口史靖作品 | 4・その他 | 4・つぶやき | 4・変形改造ことわざ・慣用句 | 4・手作り話し | 4・死語の世界 | 4・言葉の彩?綾?誤?