1-2・遠州弁ち行

「ちいと」と「ちっと」 その2

遠州弁ち行

「ちいと」と「ちっと」の違いとか

補足記事

続きを読む "「ちいと」と「ちっと」 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちゃいない

遠州弁ち行

「ちゃいない」

そういえばそう言うよなあと。

続きを読む "ちゃいない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「ちんぷり」の使い方

遠州弁ち行

「ちんぷり」の使い方

レベル 一部地域において日常茶飯事レベル

続きを読む "「ちんぷり」の使い方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちょっきり その2

遠州弁ち行

「ちょっきり」の補足説明

レベル まあ日常レベル(というか共通語だろうこれは)

続きを読む "ちょっきり その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*ちらける その2

遠州弁 ち行

続きを読む "*ちらける その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*ちっとばか その2

「少しくらい」と言っている。

「ちっとばかいいじゃん。貸してやあ。」

直訳すると「少しくらいいいじゃないか。貸してくれよ。」

この場合の「ばか」は「くらい」・「程」とかいうことになる。つまりここでの「ばか」は「馬鹿」ではなく「ばかし」の略したものであるという事。

「ほんのちっとばか分けてくれんかねえ。」

直訳すると「ほんの少しばかり分けてくれないかねえ。」

この場合の「ばか」は「ばかり」。

「ばかり」(許り){副助詞}で「ばかし」は「ばかり」の俗語と辞書にある。

従って同じ言葉という事になる訳だが上記の例文を

「ちっとばかりいいじゃん。」・「少しばかし分けて」とかにするのは違和感を感じる。

使いどころとしては頼みにくい・言いにくいことを頼む際に発せられることが多い。他所の人からしてみれば「ちっとばか」と聞いた印象はぞんざい・横柄というものであるが頼むごとをする際に下手に出ている事を表現している言い回しなのである。

もちろん「ちっとばかのこんでひゃあひゃあゆうじゃない」といった「些細な」といった意味で使われる事もあり、大したことじゃないだろうという量の多い少ないという意味に限らない使い方をするものである。

「ちっとのこんでひゃあひゃあゆうじゃない」と

「ちっとばかのこんでひゃあひゃあゆうじゃない」とでは

「ちっとのこんで」は些細な出来事でと言ってるのに対し、「ちっとばかのこんで」は器量(了見)が狭いという言ってるというニュアンスの違いが感じられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*ちいちゃい

無論「小さい」と言っている。他意はない。

他といえば「ちいちゃ」・「ちっちゃ」・「ちっこ」・「ちっちゃい」・「ちっこい」・「ちっさい」・「ちっせえ」・「ちんこい」・「ちびこい」という言い方もする。「こまい」・「こんまい」は意味は理解できるが使う事はほとんどしない。ちなみに「こまい」(細い)は辞書に記載されてるので「こんまい」が方言ということになるのだろうか。

「ちいちゃい」は遠州固有な言い方ということではないだろうが地域的なものを探すとなると、幼児向け言葉に限ったものではないという点であろうか。大人同士で使う場合期待に反してとかいったがっかりというニュアンスが込められてる事が多い。もしくはガキじゃあるまいしといった子供だましのようなというニュアンスも含まれる事もあろうか。

なので決まりや根拠がある訳ではないが傾向としては「小さくてかわいい」という場合は「ちいちゃくてかわいい」と言うよりも「ちっちゃくてかわいい」(他には「ちっこく」)という言い方をすることが多いと思われる。あくまで大人同士の場合はである。

例文

「なんか入賞したもんでメダルくれたよを。」

「ほお、よかったじゃん。」

「それがさあ、ばかちいちゃいだにい。見てみい、ほれ。嗤っちゃうらあ。」

「んなもんだらあ。」

「そうかねえ。こんなもんだかいねえ。」

「だよを。」

「けっこうがんばっただけどやあ。」

「貰えなんだ衆の事思や貰えただけ有り難いと思わにゃ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*ちみる

血を見るとかいう意味ではない。滲みるの変でもない。

「ちみくる」(つねる)の「くる」表現でないもの。まあ滅多に使われないので想像の域を出ないのであるが。

実用としては「ちみくる」で使われているのでこれで十分なのであるが。元の言葉はなんだろうという事を考えていくと「ちみくる」・「ちみくらかす」・「ちみきる」の元は「つみる」か「つむる」なのだろうかな「つみくる」・「つむくる」という言い方もある訳だからと思える次第。

元は多分そうではあろうが、しかしなところ「つみる・つむる」だと「つねる」と同じ意味で「ちみくる」という言い方とは少し差異が生じる。「つみくる」は「指でつまみねじる」で「ちみくる」は「爪でつまみねじる」という使い分けがなされているので「ちみくる」の元の元は「つみる」で元は「ちみる」と段階を踏んだ方が合点がいく。

おそらくは「ちみくる」の正しい訳は「つねってひねる」というものであり、「ちみむ」が「つまむに」に限りなく近い「つねる」であろうかと。

もっとも辞書には

「つねる」(抓る)爪や指の先で膚を強くつまんでねじる。

古語辞典には「つむ」(抓む)①指先でつまむ。②つねる。

とあるので古語のニュアンスは近そうだけれど共通語のニュアンスとは離れたものであるが。

遠州弁のニュアンスだと「ちみる」(つねる)は微細なもの(部分・箇所)などを爪で挟むようにして引っ張り上げるというもの。ひねりとかねじりが含まれてる訳ではないので「ちみむ」には懲らしめ的なニュアンスはない。

つまり「つねる」の細分化として指で挟むのを「つみる」で爪で挟むのを「ちみる」。「つまむ」においては指でつまむのはそのまま「つまむ」であるが爪でつまむのを「ちみむ」というということで。

じゃあ爪ではなくピンセットとかの道具を使っての小さいものを挟む場合「ピンセットでちみんない」(ピンセットで挟みなさい)とか言うかとなるとこれも微妙ではあるがこれは有りそう。

「洗濯ばさみでちみくられた」とかいう表現はあるから辞書の「つねる」とは違って指や爪でと限った表現ではないから道具であっても「ちみむ」という言い方があっても不思議じゃない気がする。

「ちみくられた」には故意を感じるが「ちみられた」となると結果そうなったという過失っぽい印象を受ける場合もある。

意識の強さでいうと

「ちみる」<「ちみくる」=「ちみきる」<「ちみくりまわす」

という感じか。どれをとっても「はさむ」というものではないのでされた方は痛いだろうなとは思う範囲でのお話しかと。

「ちみられたら痛いじゃん。」

「ちみんで持てばいいじゃん。」もしくは「ちみって持てばいいじゃん。」

という様な使い方であろうか。先にも書いたが今は大抵「ちみくる」という言い方をして「ちみる」は滅多に使われる表現ではないので想像上で書いてる部分が多分にあるので自信がある訳ではないのであしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちょく

「直で行く」・「直に飲む」

共通語だと「直接行く」・「じかに飲む」ということになるのかな。

遠州弁ではそれを「ちょく」と言う。なんてな。「直帰」(ちょっき)という言葉もあるくらいだから遠州弁とはいえないだろうけど。

ホントこういう言い方が遠州弁だと言い切るのは無謀極まりないし皆が皆そういう訳でもないので決めつけに近いところであるが確かに「ちょく」を多用する使い手は遠州には存在している。

例文

「アイス一気にかっくらうと頭にちょくにくるなあキーンって。」

「慌てて食うもんでえ。」

「来る来るじゃなくていきなしだもんで効くだいね。」

「それ楽しんでるだ?」

「いや別にそおゆう訳でもないだけえが。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちょー

「ちょっと」と言っている。「超」とか言ってる訳ではない。

「ちょ」を長音化したものか?その効能は呼びかけの強調ということか。でも「ちょ」という言い方は普通しないので説得力に欠けるところではある。

逆に「ちょっと」の短縮されたものという勘繰りもできなくはない。まあどこをどうはしょれば「ちょっと」が「ちょー」になるのかは説明できないが。

「ちょーちょー」と連呼する事も多い。男女共用。

「ちょっくらちょっと」(ちょっとやそっとのこと・ほんのちょっと)というのを「ちょっくらちょー」と言う次第で、「ちょー」という使い方は遠州に限ったことではないのであるが以下の使い方には地域性があろうか。

「ちょー。ちょー、こっち寄って来たでえ。危ないにい。」

  (おい。おっと、こっちに寄ってきたぜ。危ないぞう。)

「ちょー。何やってるよをあんた。」

  (ちょっとあんた何してるの。)

普通はこういう状況では「ちょっと」以外だと「ちょい」とか言うのであろうかな。遠州弁ではそれが「ちょー」と言われているということである。訳としては「もう」・「あ~」・「おい」など状況によって変える方が分かりやすく必ずしも「ちょっと」だと限定しない方が訳しやすい。

今回例文は恐縮ながら動画を使わして貰った。

この動画では「ちょー」の他にも「おい」・「やあ」・「ちょい」の状況での使い分けが表わされていて参考になる。

緊急性が最も高い場合は「やい」もしくは「やあ」>「ちょー」>「ちょい」といった感じか。「ちょー」と「ちょい」の使い分けは急いてる時と余裕が出来た時に使い分けているようにもとれる。「やあ」は相手に指示する勢いが強い。

「超危ない」と聞こえるが「ちょー危ない」(うわぁおい、危ないな)と言っている筈である。ただし一度だけ「超」の表現を使ってると思われるのでそれと比較するというのもまた一献かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

その他のカテゴリー

0-0・当ブログの読扱要領 | 0-1・耳で聞く遠州弁 | 1-1・遠州弁かるた随時製作中 | 1-2・遠州弁あ行 | 1-2・遠州弁い行 | 1-2・遠州弁う行 | 1-2・遠州弁え行 | 1-2・遠州弁お行 | 1-2・遠州弁か行 | 1-2・遠州弁き行 | 1-2・遠州弁く行 | 1-2・遠州弁け行 | 1-2・遠州弁こ行 | 1-2・遠州弁さ行 | 1-2・遠州弁し行 | 1-2・遠州弁す行 | 1-2・遠州弁せ行 | 1-2・遠州弁そ行 | 1-2・遠州弁た行 | 1-2・遠州弁ち行 | 1-2・遠州弁つ行 | 1-2・遠州弁て行 | 1-2・遠州弁と行 | 1-2・遠州弁な行 | 1-2・遠州弁は行 | 1-2・遠州弁ひ行 | 1-2・遠州弁ふ行 | 1-2・遠州弁へ行 | 1-2・遠州弁ほ行 | 1-2・遠州弁ま行 | 1-2・遠州弁や行 | 1-2・遠州弁ら行 | 1-2・遠州弁わ・ん行 | 1-3・遠州弁+古語でお遊び | 1-3・遠州弁的言い回し | 1-3・遠州弁関連 | 1-4・遠州地域ネタ | 2・コマーシャル | 2・スウィングガールズ関連 | 2・テレビ | 2・映画・テレビ | 2・現クールのテレビドラマ | 2・2007年のテレビドラマ | 2・2008年のテレビドラマ | 2・2009年のテレビドラマ | 2・2011年のテレビドラマ | 2・2010年のテレビドラマ | 3・DVD | 3・戦争活劇 | 3・映画・DVD | 3・矢口史靖作品 | 4・その他 | 4・つぶやき | 4・変形改造ことわざ・慣用句 | 4・手作り話し | 4・死語の世界 | 4・言葉の彩?綾?誤?