1-2・遠州弁く行

くすげる その2

遠州弁く行

「くすげる」

続きを読む "くすげる その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

くすげる

遠州弁く行

「くすげる」

そのニュアンスは

レベル 日常レベル

続きを読む "くすげる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*くっちゃべる その2

「無駄話をする」とかいった宜しからぬおしゃべりに対して発せられる言葉である。全国的に使われてる言い回しで遠州弁ということもないのだが。

この「くっちゃべる」ってどこをどうすればこうなるのかというのを考えて見る。

意味は当然違うが似たような言い方としては「くっちゃぶい」というのがある。

これはおそらく「くそさぶい」の変化したものであろうと想像できる。

したがって同様に「くっちゃべる」は「くそしゃべる」の変といえるかもしれない。

「この忙しいだになにくっちゃべってるだあ。」といったような不快に思ってるから出る表現であるので「くそ」という言葉はおかしくはない。

この「くそ」はどういう意味をとなると

中身のない(栄養のない)という意味。「くそみたいな話をしてる」という勢い。

人をののしって言う語。「こんな時に話してるくそ」という勢い。

とかが想像される。意味的には繋がるんだけど「ちゃべる」となんで「しゃ」が「ちゃ」になるんだという疑問が解けない。別に「くっしゃべる」でもいいんじゃないのかと思えるのだが「くっしゃべる」とは言わない。

「くそ」じゃないとしたらなんだろう。「食いつく」の変での「くっ」かな。

「食いついてしゃべる」つまり夢中になって手が休んでしまうというのは状況的に無理はなさそうだ。

まあどちらにしても単なる妄想であって正解でもなんでもないだろうが、ホントのところはなんなんでしょうね。

「くっつく」とか「くっつける」とかは共通語だろうからそこら辺から答えが出ないかなと思ったがよを分からん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*くたんくたん

「くたくた」は疲れる様を表わしているものであり

「くたんくたん」はくたびれた様を表わしている。もしくはしおれた様。

ただししおれるというと花などがイメージされるのだが植物のみに使われるのではない。あくまでその物の見た目が貧弱に映るというものである。

例えば道具を長い間使っていてくたびれた状態であることを「はあくたんくたんになってる」(もう随分とくたびれてる)と言う。

「くたびれた背広」なら「くたんくたんな背広」

身も蓋もない事を言ってしまえば「くたくた」に「ん」が付いて「くたんくたん」となったといえるのかもしれない。意味的にはそうであろう。

ただ遠州弁において「くたくた」と「くたんくたん」とでは受けるニュアンスが違う。

「くたんくたん」には長い時間の末にというような勢いの劣化を表わすものであり他の言葉に言い換えるなら「年季の入った」といった趣がある。

「くたくた」は使用が激しいという勢いで消耗を表わすものである。

従って激務の果てのつぶやきで

「はあどえらいくたくたやあ」と発すれば疲労困憊を訴えているものであり

「はあどえらいくたんくたんやあ」と発すれば疲労蓄積を訴えているものである。

なので「くたくた」になってる人に「ちっと休みない」というのは労わりの効果があるが「くたんくたん」になってる人に「ちっと休みない」といっても労わりという効果はほとんどない。

例文

「久しぶりに釣りでも行かすかな。どうよ、行かん?」

「行くはいいけど、道具長い事仕舞いっ放しだら。はあくたんくたんになっちゃいんけえ。」

「みばあくたんくたんでもいいやつ買っただでそんなやごかないらあ。使うに問題ない筈だでいいらあ。」

  (見てくれはくたびれててもお高い品買ったんだからそんな簡単に駄目になったりなんかしないだろう。使うには問題ない筈だから大丈夫だよ。)

「ま、どっちみち大物なんか釣れんで大丈夫だろうけど。」

「ゆってくれるじゃん。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*くんない その2

「くんない」が遠州弁かどうかは定かではないが希少ではあるが実際使われている表現なので記載。

元であろう「くれないか」の変形言い回しパターンは「くんない」だけではない。

「くれん?」・「くりょう」・「くりい」。「やってくれないか」だと「やっとくりょう」・「やっちくりい」とかになる。「やってやあ」・「やってよを」とかもあるがこういうのまで含むときりがないのでそらはパス。

「くんない」は「くれ」が「くん」に変化したものであろうか。「ない」は打消しではなく傾向としては「まい」と「まいか」との関係と同様のものであろう。でも、じゃあそういう理屈で「くれないか」があるなら「くれない」という言い方もあるだろうというと、それは無い。

「くんないか」という言い方はあってもおかしくないが実際にはほとんど使われていない言い方である気がする。

「くれん?」は「くん」と撥音便化せずに「くれ」のままで代わりに「ない」(ぬ)が「ん」に変化したものであろうか。

「くりょう」は頼んでるというよりも強めにお願いしてるといった感じであるがどう変化すればこうなるのかという屁理屈が思い浮かばない。無理繰りひねりだすとしたら「くれ」+「ろう」であろうか。

「くりい」はおちゃらけた印象を与えるところであるが「くりょう」より遥かにどう変化したのか思い浮かばない。

他にも「くんなまし」・「おくんない」とかがあるがここまで広げると遠州弁とはなんの関わりあいもないお話しになるのでパス2。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*くり その2

「へそくり」・「やりくり」・「むりくり」

とかいう「努力・工夫」というか「なんとかして・強引に」というニュアンスが「くり」には感じられる。漢字のすると

「臍繰り」・「遣り繰り」・「無理繰り」

と書くから「くり」の「く」は「繰」という字がはまるんだろうな。

辞書等で調べる限り「繰り」に「なんとか・どうにかこうにか」といった意味合いがあるとは書かれていない。

しかし「繰り」を使うと意思を感じる訳で自然の流れでは決してそうならない故意が含まれる気がする。遠州弁では「繰り」を多用する傾向にあると思えるのだが気のせいか。

「繰り返す」とかの反復という意の「繰り」ではなく意図的(もしくは強引)なものを感じさせる言葉を羅列してみる。

「ほじくる」・「かじくる」・「いじくる」・「ちみくる」・「はしくりまわる」・「つれくりまわす」・「やぶくる」・「こねくる」・「せせくる」

いずれも「くり」の後に「ほじくりかえす」のように「かえす」か「まくる・まわす」が付く事が多い。「倒す」も付く事がある。

例文

「閉まりゃせん。」

「あんた無理繰りはめすと壊れるにい。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*くちつけたの

「くちつけたもの」。「器に口を付ける」つまり飲むという事。「箸をつける」と同じ。

「箸つけたの」であれば「食べかけ」を指し

「くちつけたの」であれば「飲みかけ」を指す。

「つける」を漢字で書くと「付ける」。

「唾付ける」という言い方もあり共通語だとは思うのだが「くちつける」で検索しても接吻系しかヒットしないので、もしかしたら地域性があるのかもと思って記載。

まあ、勘違いでしょうけど一応ね。

味噌は「の」=「もの」という事。それの実用例。

例文

「や、のど渇いたでここんさあにあるジュース飲んでいい?」

「それわしくちつけたのだで水汲んでくるで待ってない。」

「もう飲めりゃなんでも構わんでええって。」

「つうかそれジュースじゃなくて薬溶いたのだもんで。」

「うそっ!やあはあ遅いわ。飲んじまってえ。」

「あ~あ、知らんにいどうなってもを。」

「なんの薬よを。」

「便所は友達。」

「う~腹ん痛くなってきた。」

「気のせいだら。んな早くになんか効きゃせんにい。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*ぐんじょ色

子供の頃よく言ってたなあ。これが遠州弁なのかどうかは全く定かではない(おそらくは全国的だろう)のだがこういう意味での使い方をしてたというのを残しておこうかなという事で記載。もしかしたら地域によって使い方が異なっているかもしれないので。

まず言えることは決して「群青色」ではない。ネットで検索すると「群青色」の方言という意見もあるようだけど私らんとこでは絶対そうではない。凄い安物の「あお色」という勢いであろうが、むしろ「うんち色」という感じだという意見の方が同感するところである。

「ぐんじょういろ」(群青色)と書かれてあった青のクレヨンを初めて見た時、「ぐんじょ色」とは似ても似つかないとても綺麗な青で違和感を覚えたのははっきり覚えているところである。

なんだろ、「ぐんじょ色」ってのは色んな色混ぜ合わせ過ぎて輝きを失しなってしまったような印象を抱く色と申しましょうか。「ぐじょぐじょ色」と申しましょうか。「灰色」ではない事は確かだけど。経験上でいくと「土色」(茶系)に近づいてくみたいな。具体的なこういう色という記憶がないや。

土色といっても油絵具の「アンバー」や「シェンナ」のような自然な色ではなく、自然界には存在しないようなくすんだ土色だったようなイメージがある。

「どどめ色」とかも言ってたけどそれとどう違うのか今はもう全く記憶がないけど、とにかく「残念な色」を総称して「ぐんじょ色」と呼んでいたんだろうかな。「ぐんじょ色」といってよく色のセンスを疑われて囃されたような記憶が残ってるけど。

中学辺りまでは言ってたけど高校に入ったらもう忘却の彼方だったかな。もっとも授業でお絵かきの科目はなかったからというのもあろうけど。

追記

周りの人間に「ぐんじょ色」のことを問うたけど、結構同じ浜松でも意見バラバラだったな。私の意見は「混ぜた色」であってそういう色のクレヨンなんかなかったというものだが、「やまぶき色」とおんなしでそういう色のクレヨンが確かにあったという人もいれば「群青色」を真似したもので安価な分「ちんけな青色」という人もいた。

「ぐんじょいろ」というクレヨンが実在したのかが気になるところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*くれる その2

「付ける」という意味。

「丸をくれる」(丸を付ける)

「しるしをくれる」(印を付ける)

こういう「くれる」の使い方は遠州独特なんだろうかネットで検索してもなかなかヒットしてこなかった。

例文

「どうでえアンケートは。順調けえ。」

  (どう?アンケートの具合は。順調にいってる?)

「渡す分にゃ貰ってくれるだん、読んでしるしくれる人いんくて参っちゃうよ。」

  (アンケート用紙受け取ってはくれるんだけど、読んで項目に印を付けてくれる人がいなくて参っちゃうよ。)

「質問の仕方ん悪かったじゃないだけ?」

  (質問の仕方がよくなかったんじゃないのか?)

「ほうかなあ。」

  (そうかなあ。)

「分からんかったらここんさあに丸くれときゃいいだっつうとこ作っとかんもんで難しかっただらあ。」

  (もし分からなかったらここに丸を付ければいいっていうのを作っておかないものだから敬遠されたんだろう。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*くる

使い方例としては、「つるくる」・「せせくる」・「いじくる」・「こねくる」・「歩くる」・「破くる」・「ほじくる」などが思い浮かぶ。

共通語でいうのなら「ほじくる」は共通語と同じか。「こねくる」なら「こねくりまわす」と言うのかな。遠州弁はこの「くる」という言い回しがお気に入りということであろう。

訳としては正しい訳とは思えないが「~したおす」・「~しまくる」などというのがニュアンスとしては近いのであろうか。まあ「「吊るす」である「吊るくる」を「吊り倒す・吊りまくる」という訳にはいかないのであるがそれ以外の例に挙げたものは「~したおす」的な感じで間違いではない。つまり「やりすぎ」的なイメージが有るという事。あくまで遠州弁でのニュアンスのお話し。

漢字で書くと何になるのか見当がつかない。思い浮かぶ限りでは「来る」・「繰る」・「呉る」辺りか。古語辞典での「暮る・暗る・昏る」の説明の中で「心が乱れ惑う。理性を失う。=くらむ。」というのがあったのでこの三つもアリなのかもしれないが当然憶測の範疇を出ない。

まあ例に挙げた中で「ほじくる」・「やぶくる」・「あるくる」は「穿る」(ほじく+る)・「破くる」(破く+る)・「歩く+る」で、「くる」ではないので「くる」の漢字はなんじゃらほいと考えるのはとんだ見当違いということかもしれないが。

例文

「ここどこよを。」

「分からん。地図見がつらさんざっぱら歩くった挙句が迷子かや。」

「はあそんなんやぶくっちまえやあ。怒れるに。」

「地図のせいじゃありもしん。おめえがコンパス意味もないのにいぜくりまわいて壊すもんでどっちん北だかわからんくなったもんでじゃんか。」

「あれなによを。わしんせいにするだ?」

「当然じゃん。」

「随分じゃん。はあええで、帰るかあ。」

「ばかっつう。帰れんもんで迷子っつうだあ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0-0・当ブログの読扱要領 | 0-1・耳で聞く遠州弁 | 1-1・遠州弁かるた随時製作中 | 1-2・遠州弁あ行 | 1-2・遠州弁い行 | 1-2・遠州弁う行 | 1-2・遠州弁え行 | 1-2・遠州弁お行 | 1-2・遠州弁か行 | 1-2・遠州弁き行 | 1-2・遠州弁く行 | 1-2・遠州弁け行 | 1-2・遠州弁こ行 | 1-2・遠州弁さ行 | 1-2・遠州弁し行 | 1-2・遠州弁す行 | 1-2・遠州弁せ行 | 1-2・遠州弁そ行 | 1-2・遠州弁た行 | 1-2・遠州弁ち行 | 1-2・遠州弁つ行 | 1-2・遠州弁て行 | 1-2・遠州弁と行 | 1-2・遠州弁な行 | 1-2・遠州弁は行 | 1-2・遠州弁ひ行 | 1-2・遠州弁ふ行 | 1-2・遠州弁へ行 | 1-2・遠州弁ほ行 | 1-2・遠州弁ま行 | 1-2・遠州弁や行 | 1-2・遠州弁ら行 | 1-2・遠州弁わ・ん行 | 1-3・遠州弁+古語でお遊び | 1-3・遠州弁的言い回し | 1-3・遠州弁関連 | 1-4・遠州地域ネタ | 2・コマーシャル | 2・スウィングガールズ関連 | 2・テレビ | 2・映画・テレビ | 2・現クールのテレビドラマ | 2・2007年のテレビドラマ | 2・2008年のテレビドラマ | 2・2009年のテレビドラマ | 2・2011年のテレビドラマ | 2・2010年のテレビドラマ | 3・DVD | 3・戦争活劇 | 3・映画・DVD | 3・矢口史靖作品 | 4・その他 | 4・つぶやき | 4・変形改造ことわざ・慣用句 | 4・手作り話し | 4・死語の世界 | 4・言葉の彩?綾?誤?