1-2・遠州弁き行

きちがい その2

以前にも述べたが遠州弁において「きちがい」とは

他人の迷惑を顧みず我を通そうとする自己中心的(自分勝手)な奴という意味で使われる。

続きを読む "きちがい その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*きよる

自分は使わないのでらしいという事しか言えないのだが

「きよる」の意味は「格好つける」ということらしい。

ずうっと「気負う」と言ってるのかと思ってた。

「お~お~なんか高そな服着てえらいきよってまあ。」

という文章、知識なしの頭で考えると判断が二通り湧くところ。

ひとつめは、「気負う」。いつも違う服着て随分と気張ってるじゃないかと判読できる。つまり気合が入ってるという意味かと。もしくは「気負いよる」の短縮形なのかなと。

気負うだから気張る・気合が入る・意識してるとかいう意味使いだろうと解釈していた。「格好つける」も近いものだから結果当たらずといえども遠からずであったのだが。

でもまあ気負うは悪い事ばかりに使われるものではないが格好つけるは褒め言葉に使われるためしが少ないだけにニュアンスは場合によっては大分異なるな。「頑張ったねえ」と感心してるのかと思ってたが冷やかしだったということで相槌の打ち方とか結構な勘違いしてたかも。

ふたつめは、「来よる」(来やがった)。別の言い方だと「来くさる」。高そうな服を着て豪勢に来たじゃないかとも判読できる。「ようやりよる」(よくやるよ)とかでの「よる」の使い方かなと。

実際のところは「きよった」とかでないとこうは判断しないけれどこう判断しても意味は大きく外れているが驚いてるというニュアンスということであれば左程とんちんかんではないか。

どちらにしても過去を振り返ってうまく相槌打ててたのかなというのが心配になってくる。

この「きよる」。遠州に於いてどの集落辺りで使われる言葉なんだろう。それとも自分が無知なだけか。

例文はよく知らない言葉なので間違った使い方になるといけないので略します。きよって書いて恥掻いてもねえ。今更だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*きちっと

「きちんと」と言っている。場合によっては「きっちり」・「正確に」というニュアンスでも使われる。

ネットの辞書にも記載があるくらいだから共通語であろうが促音便を多用する遠州弁では「きちんと」よりも使用頻度が高いのが特徴か。それと「きちっと」と「きちんと」を使い分けてる節が見受けられるところもある。

「きっちり」を「きっちし」、「ばっちり」を「ばっちし」とかいうのとはもちろん別種であろうか。そう思えてくる理由は「きっちし」は若者が使うみたいな世代的な違いであって意味的にはほぼ変わらないのであるのに対し「きちっと」と「きちんと」は意味的な使い分けが存在してそうだからである。

そういう一例として

「きちっとしなさい」だと正しなさいといった姿勢や服装といった見た目(外見)を指し

「きちんとしなさい」だと改めなさいといった態度や受ける印象といった内面的なものを指す

みたいな違いか感じられなくもないところである。共通語でもそういった受け取る印象の違いみたいなのが存在しているのか分からないが遠州ではそういう印象の違いで使い分けしてる感じがする。

「きちんと生きなさい」とは言うが「きちっと生きなさい」とは言わないといった具合に。

そういう傾向で似たような共通語には「しゃきっ」と「「しゃきん」があろうか。

ちなみに「ちゃんと」(しっかり)というニュアンスは「きちっと」・「きちんと」どちらにも含まれていると思える。「ちゃんと」と「きちんと」・「きちっと」の使い分けは曖昧でよく分からんが。

「マニュアル通りにちゃんとやった」と「マニュアル通りにきちっとやった」とでは受ける印象はやはり違うのだろうな。

例文

「いつまでやってるよを。んなもんちゃちゃっとやっちゃやあいいじゃん。」

「そうゆうわけにゃいかんだよ。手え付けた以上きちっとやらんと気が済まん性格だもんでねえ。」

「そうゆう性格は他でやっとくりょ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*きよい

「よい」の記事でも書いた「着よい」(着易い)。

聞き様によっては「清い」とも聞こえる訳でこんがらがるボケもありうるなと。

例文

「これがんこ着よいで着てみい。」

  (これとても着易いから着てみなよ。)

「どこが頑固に清いんですか?」

「どこがって。変な事ゆう人だやあ。なんしょ着てみいにそうすりゃすぐ分かるでえ。」

  (どこがって。可笑しな事言う人だねえ。とにかく着てみなよそうすれば実感出来るから。)

「・・・・着易いですけど、でも特に心が洗われるとかにはならないですけど・・・。」

「なにゆってるよをあんた。変わった人だねえ服着て安気になる人なんて普通いんらあ。」

  (あなた何言ってるの。変わってる人だねえ服着て安らかになる人なんて普通いないでしょう。)

「暗鬼ってそりゃ疑い深くなんかなることはないですけど。」

「ちんぷんかんぷんな講釈垂れてると嫌われるにい。」

  (意味不明に理屈ばってたら人付き合い大変だよ。)

「はあそうですか・・・。」

「はあってなにが?」

  (もうって何が?)

「え?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*きちきち その2

別の記事に於いて「きつきつ」との比較で書いたが、別の用途があったので追記。

「きちきちやらんと気い済まん」

訳すと「きっちりやらなければ気が済まない」。

つまり意味として「きっちり」・「精一杯」・「きちんと」とかいったニュアンスで使われる場合が遠州弁にはあるということである。推測だが「きちんきちん」の省略された表現かと想像される。

「しゃきしゃき」や「はきはき」というテンポよくとかいうニュアンスではなく「手を緩めない」という意味合いが強い。

似たような表現で「はしはし」というのもあるが、比較すると「はしはし」は要領よくの意味合いが強く「きちきち」はより精確にという趣を感じる。

例文

「あの人と仕事すると疲れるやあ。」

  (あの人と組むと疲れるんだよね。)

「なんで?」

  (どうして?)

「あの人どこかしら手え抜くだいね。わしなんかきちきちやらんと気い済まんたちだもんでやっきりこくだよ。」

  (あの人はどこかしら手を抜くんだよね。私なんかちゃんとやらないと気が済まない性質なんでむっとくるんだよね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*きよる

あいつが持ってきよる・電話してきよる。

使い方としてはこうであるが、じゃあ「きよる」ってどういうニュアンスなんだと聞かれるとはたと説明に窮す。

「きてくれる」ほど丁寧(感謝)でもないし「きやがる」ほど横柄(余計な)でもなし、単に「きた」では味気ない。少なくとも上から目線と取られるので知らない人とかに使うと偉そうにと思われるので使い方には注意が必要な言葉ではある。

「来て寄る(寄こす)・拠る・因る」の短縮で「きよる」とも勘繰れるが根拠は非常に薄い与太話し。

じじばばの「この忙しいだに孫が電話してきよる。」といった表迷惑内心嬉しいみたいな使い方が多いのであろうか。

他の言い方だと「持ってこす」・「電話してこす」(~くる)・「持ってきてよこす」・「電話してよこす」(~してくる)・「持ってくらっしゃる」・「電話してくらっしゃる」(~してくれる~して頂いた)・「持ってくりゃがる」・「電話してくりゃがる」・「持ってきてけつかる」・「電話してけつかる」(~しやがって)・「持ってきてけつかりゃあがる」・「電話してけつかりゃがる」(~してきやがる)などなどがある。

ちなみに「きよる」だけだと「着よる」と「来よる」のどちらとも聞こえるのであるが今話しているのは「来よる」の方。

例文

「なんでうさぎさんあっちばっか行ってこっちこんの?」

「餌とかくれてるもんであっちい行きよるだらあ。」

「なんかくれるもんないだけ。」

「ねえの。」

「そうだ。おべんとに人参入ってたでそれくれりゃこっちきよるらあ。」

「やあばかっつらあ自分嫌いで食いたくないだけじゃんか。そんな言い訳通用しんでねえ。」

| | コメント (0)
|

*きさる・きさらん

閉まる・閉まらんという意味。

全てのものの閉じるに使う言葉ではなく、ふた(蓋)とかごく限られたものにしか使わない言葉。蓋以外にどういうのがあるかというと・・・実は思いつかない。

ふさぐ(塞ぐ)という意味もあるなら「穴んきさらん」(穴が塞がらない)という使い方もありえるのだが正直自信なし。とりあえず蓋には間違いなく使うので「閉める」の意味は間違いない。

どういういわれでこういう表現に至ったのか不明。

「服を着せる」ように「器に蓋を着せる」から変形して「着さる」という形になったと勘繰れなくも無いがその根拠はない。

蓋はかぶせるものであり、「かぶせる」・「かぶさる」の「かぶす」が異常変異して「き」に化けて「きさる」になったという勘繰りもあり得る。もちろんこれも根拠はない。

例文

「さっきいからなにうんしょうんしょしてるよを。」

  (さっきから力(りき)入ってなにごそごそやってるの?)

「それがやあ。ふたんきさらんだよを。」

  (それがさあ。蓋が閉まらないんだよ。)

「違う奴無理していれすとしてるだらあ。」

  (違う蓋無理して入れようとしてるんじゃないの?)

「んなことあらすけえ。これでいいだ。」

  (そんなことないよ。これで合ってる。)

「でもきさらんだらあ?きさるだ?」

  (でも閉まらないんでしょ?閉まりそう?)

「おっかしいなあ。」

  (変だなあ。)

「貸してみい。・・・ってこれさあ。ふたん回すのじゃなくて上からぶっさぐる奴じゃん。」

  (貸してみなよ。・・・ってこれ、蓋を回すのじゃなくて上からポンって押し込むタイプじゃないか。)

「うわあなんでえそれ。やいやい馬鹿こいた。」

  (うわあなんだよそれ。あ~あ失敗した~。)

「よく見んもんでえ。あわっくいがあ。」

  (よく見ないからだよ。あわてもんがぁ。)

| | コメント (0)
|

*きいな

黄色という意味。「黄色い」だと「きいない」・「黄色く」だと「きいなく」という風になる。

しかし「黄色の」は「きいないの」・「黄色で」は「きいないで」と言うので「きいない」=「黄色」ということも考えられる。まあ実際は「きいなく」は「きいないく」で「きいない」は「きいないい」が言いやすいように略された表現であろうと想像されるので「きいない」=「黄色」が正しいのであろう。

「きい」は「黄」だと分かるが「な」って何?という説明は分らないので出来ない。ちなみに「な」が付く色の表現は「黄色」しかない。

「黄な粉」というのが共通語でもあるのでもしかしたら古い日本語なのかもしれない。とはいっても遠州では「きいなこ」と言ってる訳ではなく「黄な粉」は「きなこ」である。

「黄色い色してる車」を「黄色な色してる車」という風に共通語では使うことがあるのだろうか。遠州ではある。

例文1

「手ぇみかん喰い過ぎできいなくなっちゃたよ。」

「ばかばか喰うもんでえ。なくなりゃせんだであせって喰わんだっていいじゃん。」

「ついついなあテレビとか見てると手え寂しいもんでえの。」

「だからっつって煙草吸わせやせんでねえ。」

例文2

「信号きいなかったけど急いでたもんでとんじゃかなく入ったらやあ。パトカーにとんまさった。」

  (信号黄色になってたけど急いでたから構わず進入したら、パトカーに捕まった。)

「いくらしたよを。」

  (反則金いくらしたの?)

「がんこ。懲りちゃうやあ。」

  (そりゃもうたっぷり。参っちゃうよ。)

| | コメント (0)
|

*ぎゃーつく

広範囲で使われる表現で特に遠州弁ということではないのだろうが。

一般的には「ぎゃーつくぎゃーつく」と繰り返す言い方で使われる地域が多いらしく、遠州は「ぎゃーつく」と繰り返さないことが多いのが特徴といえるのかもしれない。ただ単に略したのが定着したということも考えられるが。

意味的には「わめく」ということであろう。以前記事で「ひゃあひゃあ・ぎゃーつく」を書いたが、遠州ではランクというか強弱で言い方を変えて「わめく」の表現をしているということであろうか。

「ぎゃーつく」だと「ほざく」がつくことが多く。「ひゃあひゃあ」だと「言う・こく」がつくというように、「ぎゃーつく」の方がわめき度が高い印象がある。

大雑把に訳すと「口答えする・批判非難する」というニュアンスであろうか。

例文

「も~。ぎゃーつくほざくな。うっとおしい。」

  (も~きゃんきゃん喚くなうっとおしい。)

「こんだけゆったってきかんならわし帰るでねえ。」

  (これだけ言っても聞かないなら帰るからね。)

とまあ強硬な言い合いになる。ちなみに「ひゃあひゃあ」にすると

「も~。ひゃあひゃあ言わんで。うざったい。」

  (も~いちいち言うな気が散る。)

「こんだけゆわにゃあんたわかりもしんに。」

  (口酸っぱくして言わないと分からないでしょあなたは。)

ってな感じできつさ(対決姿勢)は薄れる。

| | コメント (0)
|

*きつきつときちきち

どちらも共通語であろうが、ニュアンスというか使い方が異なるかもと思えたので記載。ちなみにネットや辞書で調べると「きちきち」はあったが「きつきつ」を説明するところだと全く違う用途だった。

あくまで遠州弁の中での一例であり方言としてこうであるという決めつけではないので誤解の無き様に。

「きつきつ」

「ぱんぱん」と同様サイズの合わない小さい服とかを着た時の印象・感想を表現する場合に使う言葉。着るだけではなく箱に詰めるとか言う場合でも使われて、入れ物・器と詰める着る被せる等のものが適度ではないような場合に使われる。入りきらないのではなくなんとか隙間無く入る状態。

「きちきち」

使い方が曖昧で「きつきつ」と同じような使い方をする場合もあるが、どちらかというと中身が器より多いとか成長してとか膨らんだりして外の器に入りきらなくなるような状態を示すというニュアンスを多く含む感じになる。

「きつきつ」は中身の側からの言葉であり、「「きちきち」は器の側からの言葉という風にもまとめられるかもしれない。体とズボンの関係で言うと体からすれば「きつきつ」ズボンに言わせれば「きちきち」といった関係か。

繰り返すが私見であってこれが正しいと胸を張れる根拠は無い。

例文

「はあこのズボンきつきつだよお。」

  (もうこのズボンだとパンパンだよ。)

「はあちんちくりんだかいねえ。きちきちにめえるもんね。」

  (もうサイズ合わなくなったのかねえ。ぎゅうぎゅうに見えるものね。)

「だで新しいの買うかあ。」

  (だから新しいの買おうよ。)

「今はダイエットっつう手もあるだにい。買わんで済むし、あんた痩せない。そうすりゃいいじゃん。」

  (今はダイエットっていう手段もあるんだから。そうすれば買わないで済むから痩せなさいよ。それがいいよ。)

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0-0・当ブログの読扱要領 | 0-1・耳で聞く遠州弁 | 1-1・遠州弁かるた随時製作中 | 1-2・遠州弁あ行 | 1-2・遠州弁い行 | 1-2・遠州弁う行 | 1-2・遠州弁え行 | 1-2・遠州弁お行 | 1-2・遠州弁か行 | 1-2・遠州弁き行 | 1-2・遠州弁く行 | 1-2・遠州弁け行 | 1-2・遠州弁こ行 | 1-2・遠州弁さ行 | 1-2・遠州弁し行 | 1-2・遠州弁す行 | 1-2・遠州弁せ行 | 1-2・遠州弁そ行 | 1-2・遠州弁た行 | 1-2・遠州弁ち行 | 1-2・遠州弁つ行 | 1-2・遠州弁て行 | 1-2・遠州弁と行 | 1-2・遠州弁な行 | 1-2・遠州弁は行 | 1-2・遠州弁ひ行 | 1-2・遠州弁ふ行 | 1-2・遠州弁へ行 | 1-2・遠州弁ほ行 | 1-2・遠州弁ま行 | 1-2・遠州弁や行 | 1-2・遠州弁ら行 | 1-2・遠州弁わ・ん行 | 1-3・遠州弁+古語でお遊び | 1-3・遠州弁的言い回し | 1-3・遠州弁関連 | 1-4・遠州地域ネタ | 2・コマーシャル | 2・スウィングガールズ関連 | 2・テレビ | 2・映画・テレビ | 2・現クールのテレビドラマ | 2・2007年のテレビドラマ | 2・2008年のテレビドラマ | 2・2009年のテレビドラマ | 2・2011年のテレビドラマ | 2・2010年のテレビドラマ | 3・DVD | 3・戦争活劇 | 3・映画・DVD | 3・矢口史靖作品 | 4・その他 | 4・つぶやき | 4・変形改造ことわざ・慣用句 | 4・手作り話し | 4・死語の世界 | 4・言葉の彩?綾?誤?