1-2・遠州弁そ行

そいで その2

遠州弁そ行

「そいで」

遠州弁というものではなかろうが遠州でも使われるということで。

続きを読む "そいで その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

そうけえ その2

遠州弁そ行

「そうけえ」

レベル 日常茶飯事レベル

続きを読む "そうけえ その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*そこんさあ

「そこのところ」と言っている。

「ここのところ」であれば「ここんさあ」となり

「あそこのところ」ということであれば「あそこんさあ」となる。

ただし「ここのところいい天気だよね」を「ここんさあいい天気だやあ」とは言わない。(その理屈は以下に示す)

「そこ」と訳しても問題ないのであるが「そこ」(そこ)+「ん」(の)+「さあ」(とこ)と理解した方がより詳しいということになろう。

「そこんとこ」という言い方もするところであるが、この使い分けとしては

「さあ」は「箇所」といった具体的な部分・所を指すものであり(ただし具体的かどうかは相手に伝わっていなければ曖昧となるところであるが)。

「とこ」は抽象的・曖昧なものに対しても使われるところであろうか。つまりなんにでも使える表現ということか。

「そこんとこよろしく」とは言うが「そこんさあよろしく」とは言わない。

紛らわしいのは「山ちゃんさあんとこの」という言い方。「さあ」=「とこ」ということであれば「山ちゃんとこのとこ」となるじゃないかとツッコミが出るところであるが。

この場合の「さあ」は「さあ」=「さん」で「山ちゃんさんのとこ」と解釈するのが正しいところ。

例文

「頼まれもん持ってきただけど。」

「ごめん。今手え離せんでとりあえずそこんさあ置いといて。」

「そこんさあってどこよ。」

「それん置けれるようなとこだあれ。」

「ど散らかっててどこも置けれるとこない風に見えるだけど。」

「心眼でもの見んもんで見えんだよ。」

「それよか日頃からきれいにしてんもんでかんだっつうのがなぜ見えん。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*そういわすとを

「そんな事言わないで」と言っている。

頼むよぉとかお願いだからというニュアンスが含まれている。つまり低姿勢。

低姿勢ではあるが敬語ではないので目上や恐れてるような相手には使わない。横並びか苦手な相手に対して使うことが多い。目下に使うとなめられやすい。基本男言葉。

女性の場合だと「そんなことゆわんでえ」とかが使われる。

基本姿勢は笑顔(作り・愛想笑顔も含む)なので相手が

「しょんねえなあやあ。」

とかで受け入れてくれればいいのだが、受け入れられない場合に相手から

「なにへらへらしてるだあ。」

とか言われたりなんかしてその場の空気が重くなることもある。

例文(さりげなくかわされたという図)

「今日はちゃっと帰るでねえ。」

  (今日はとっとと帰るからね。)

「そういわすとを。今のとりあえず仕上げちゃいまい。」

  (そんな事言わないでさあ。今やってる分仕上げちゃおうよ。)

「明日でもいいじゃん別にい。」

  (別に明日でもいいだろ。)

「だって何あるか分からんじゃん。」

  (だって何が起こるのか分からないじゃない。)

「ひとつはっきりしてるのはちゃっと帰りゃドラマが観れる。」

「冷たいじゃん。」

「おおなんとでもいってくりょ。」

  (うん、なんとでも言って。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*そんだだこん

そういうことという意味。

「ふんだだこん」という言い方とどう違うかというと意味的には大きな違いはなく使い分けも個人差があるので一概にこうだとは決め付けられないところがあるが「ふんだだ」の方がより遠州弁っぽくなることは確かであろう。私的には「ふんだだ」の方がより感情的っぽさが増す感じに聞こえるのだが。言えることは「そんだ」=「ふんだ」ではないであろうということ。上手く説明できないけど。

言い方で「そういうことはない」という場合は「そんだだこたああらすか」ということが多く、「ふんだだ」を使う場合には「ふんだだこたあねえらあ」とかになることが多い。もちろん「ふんだだこたああらすかあ」とか「そんだだこたねえら」とかいう表現は存在するので厳密な使い分けではない。

男女兼用の言葉である。

例文

「そんだだもん誰が信じるか。」

  (そんなこと誰が信じるかよ。)

「まあまあそをいわすとを。論より証拠っつうじゃん。」

  (まあまあ落ち着いて。論より証拠って言うだろ。)

「屁理屈すらおんしゃこいてもしんに。」

  (お前屁理屈すら言ってないだろ。)

「ほいたら鰯の頭も信心から。」

  (それじゃあ鰯の頭も信心から。)

「信じんわあそんなあ。」

「信じるものこそ救われる。」

「だで信じちゃいんて。」

  (だから信じてないって。)

「いいじゃんなんしょやらまい。」

  (いいじゃないの。とにかくやろうよ。)

「やなこってえ。」

  (御免だね。)

「冷たいじゃん。どをしたよを。」

  (つれないなあ。どうしたんだ一体。)

「どをもこをもねえわあ。なにょう根拠に絶対だって決め付けれるよを。」

  (冗談じゃないよ。何を根拠に間違いないって言い切れるんだ?)

「この道ン十年の勘を信ぜやええだあ。」

「そんだだもん誰が信じるか。」

「まあまあそをいわすとを。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*損こいた

損したと言う意味。味付けで「失敗した」というニュアンスも含まれることが多い。

似たような言い回しでは「馬鹿みた」というのもよく使われる。

「こいた」・「こく」は「言った」だけではなく「した」という意味でも使われると言うこと。ただし「損して得取れ」を「損こいて得取れ」とは言わない。

「得した」を「得こいた」とはいわないので「やってもうた」みたいな「あちゃー」なニュアンスが含まれるのであろうか。それか「損」を納得した上でのとか言う場合には使わないということか。

「損こいた」の反対(損しない)は「損しん」・「損せん」であろうか。

「損させた」は「損こかせた」が多く使われる。

例文

「最近さあ。新聞のチラシようけ入ってるじゃん日曜なんか特にい。」

  (最近新聞のチラシ一杯入ってるよね。特に日曜なんか。)

「おおそうだのえ。」

  (うんそうだね。)

「ふんで暇してるもんで見るじゃん。買う気ゃあなくても。」

  (それで暇なもんだから買う気とかなくても暇つぶしで見る訳だよ。)

「まあの。」

  (そうだね。)

「ほいたらやあ こないだ買った電化製品。はあ馬鹿安く売ってんの。」

  (そうしたらこの間買った電化製品。もう物凄く安く売ってるんだよ。)

「そりゃ損こいたの。怒れるらあ。」

  (そりゃ残念だったね。不愉快だろ。)

「しかもあれだにい。おんなし店っつうんでやがんの。」

  (しかもだよ。同じ店がってことなんだぜ。)

「最悪じゃん。」

  (最悪だね。)

「ホントだよを。やっきりこいちゃう。」

  (まったくだ。ほんとむかつく。)

「なんでまたそんな焦って買ったよを。まあちっと待ちゃよかったじゃん。」

  (どうしてまたそんな焦って買ったんだ?もう少し様子見てからにすれば良かったんじゃないの?)

「だってしょんないじゃん。金ある内ん買わんとパチンコ貯金しちゃうもんで。それに無いと困るだよを。おっかさひゃあひゃあゆうもんだしやあ。」

  (だって仕方ないだろ。お金のある内に買わないとパチンコ貯金しちゃうから。それに女房にもないと困るってしつこく言われたしね。)

「ん~微妙な理由だの。」

| | コメント (0)
|

*そんじゃさあ

それじゃあさあと言う意味。「ほいじゃさあ」・「あのさあ」・「ふんじゃさあ」・「ほんじゃさあ」などの同じ意味の言葉がある。

「とりあえず」というニュアンスで使う場合もある。

「そんじゃさあ」の後には大抵お願い(頼み・命令)事とかが続くことが多く。あまり頻繁につかうと厚かましいとか図々しい奴とか思われることもあり、注意が必要な表現ではある。

例文1

「明日中止んなったでねえ。」

「そんじゃさあ買いもんつきあってやあ。暇だらあ?」

「別に良いけど何買い行くよお。」

「家電。大分おんもいかもしれんけど頼める?」

「配達してもらやあいいじゃん。」

「そんじゃさあこうせまい。配送は頼むで家の取り付けてんだってやあ。」

「やってもらやあいいじゃん。」

「だって家こぎたなくしてるもんで恥ずかしいだよ。」

「そんなん買いもん行く前に掃除しない。それから買い行きゃ済むこんじゃん。」

「だって掃除しとったら日い暮れちゃうもん。」

「どんだけ汚くしてるよぉあんた。」

注、「てんだって」は「手伝って」と言う意味。

例文2

「おーい。応援来たにい。なにやってもらう?」

「そんじゃさあ。なにしてるだか後ろで見ててもらうかあ。」

  (とりあえず仕事の内容後ろで見て憶えてもらうか。)

| | コメント (0)
|

*そうけえ

そうなの?。そうなんだというニュアンスの意味。若干すっとぼけた感じを受けるかもしれないがごく普通の状態である。

早慶・早計・総計という意味では使っていない。

なので「大学行くならどこ行く?」・「そうけえ。」(早慶)・「そりゃそうけえだら」(早計)・「そうけえ?」(そうかい)とかいう冗句は存在しない。

「早合点すんじゃねえよ。」・「そうけえ。」ならば「そうかい」と「早計」と掛けた冗句に「全部いっしょくったにするとがんこな数んなるにい。」・「そうけえ。」だと「そうなんだ」と「総計」を掛けた冗句とかにすることはできるが多分掛詞になってると気づく人はいないであろう。

例文

「ここんとこそこらじゅう痛くてガタ来ただかいねえ。医者料もばかんならんだよ。」

「治療費だらあ。普通そうゆうに。」

「そうけえ。」

「あんた知らん衆聞いたら違う方に思われるにい。」

「違うってなにがよー。」

「なんか悪さこいて慰謝料請求されてるって風に。」

「そうけえ。」

「恥ずからしいことあんまし人前で言わんでよこっちまで恥ずかしくなるだで。」

「そうけえ。」

「そうだよお。」

注、「そうだよお」のアクセントが独特なのが味噌。「よ」を強く言う。

| | コメント (0)
|

*そんでなによを

直訳すれば、それでなによと言うことになるが、追求と言うか突き詰めるようなニュアンスは薄く意味的にはあまり深い意味はない。どちらかといえば、話しの流れを変えたい時とかに使うことが多い。

なのでニュアンス的には、「それでね」とか「あのー」とか「とにかく」とかいう風に訳した方がいい場合が多い。

例文

「そんでなによを。ここんさあで店広げていいだって?」

  (とにかくさあ。ここを使ってもいいって?)

「芝生入るなって看板あるでまずいらあ。」

  (芝生に入るなって看板あるからまずいんじゃないの?)

「いいだか悪いだか聞いて来いっつうの。おんしゃの意見なんかきいちゃいんわ。」

  (君の意見なんか聞いてないよ。いいのか悪いのか聞いてきなって言ってるの!)

注、例文での「店広げる」(みせひろげる)は、商売を始めるということではなく、花見やキャンプとかでビニールシート広げてお弁当とか道具とかを置いていいのかという意味で使われている。

| | コメント (0)
|

*そんななあなあやあ

多少強引な訳だが、そんなのはなあっておい!ちゃんと聞けよと言う意味。

言いにくいであろうが確かに存在する遠州弁の言い回し。言いにくければ「そんなんなあやあ」でも可。ただし口調の荒さは若干削がれる。

男性言葉で女性言葉の場合

「そんなねえあんたほい」・「そんなねえあんた、聞いてる?」

とか言う風になる。

ポイントは「やあ」であるが「やあ」以外にも「のう・のえ」とかがある。

くれぐれも、そんな・なあなあ・やあと区切らないこと。正しくはそんななあ・なあ・やあである。

例文

「おんしゃなにしょろしょろやっとるだあ。まだでけんだか。」

  (お前はなにとろとろやってるんだ。まだ出来ないのか。)

「ねじ山ばかんなっちゃってて締まらんだよ。」

  (ねじ山がおかしくなっていて締められないんです。)

「そんななあなあやあ。ほかいて先んこっちやれやあ。」

  (そんなのはなあおい!後回しにして先にこっちをやれよ。)

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0-0・当ブログの読扱要領 | 0-1・耳で聞く遠州弁 | 1-1・遠州弁かるた随時製作中 | 1-2・遠州弁あ行 | 1-2・遠州弁い行 | 1-2・遠州弁う行 | 1-2・遠州弁え行 | 1-2・遠州弁お行 | 1-2・遠州弁か行 | 1-2・遠州弁き行 | 1-2・遠州弁く行 | 1-2・遠州弁け行 | 1-2・遠州弁こ行 | 1-2・遠州弁さ行 | 1-2・遠州弁し行 | 1-2・遠州弁す行 | 1-2・遠州弁せ行 | 1-2・遠州弁そ行 | 1-2・遠州弁た行 | 1-2・遠州弁ち行 | 1-2・遠州弁つ行 | 1-2・遠州弁て行 | 1-2・遠州弁と行 | 1-2・遠州弁な行 | 1-2・遠州弁は行 | 1-2・遠州弁ひ行 | 1-2・遠州弁ふ行 | 1-2・遠州弁へ行 | 1-2・遠州弁ほ行 | 1-2・遠州弁ま行 | 1-2・遠州弁や行 | 1-2・遠州弁ら行 | 1-2・遠州弁わ・ん行 | 1-3・遠州弁+古語でお遊び | 1-3・遠州弁的言い回し | 1-3・遠州弁関連 | 1-4・遠州地域ネタ | 2・コマーシャル | 2・スウィングガールズ関連 | 2・テレビ | 2・映画・テレビ | 2・現クールのテレビドラマ | 2・2007年のテレビドラマ | 2・2008年のテレビドラマ | 2・2009年のテレビドラマ | 2・2011年のテレビドラマ | 2・2010年のテレビドラマ | 3・DVD | 3・戦争活劇 | 3・映画・DVD | 3・矢口史靖作品 | 4・その他 | 4・つぶやき | 4・変形改造ことわざ・慣用句 | 4・手作り話し | 4・死語の世界 | 4・言葉の彩?綾?誤?