1-2・遠州弁せ行

せんひき その2

遠州弁せ行

「せんひき」

以前書いた記事の追記

続きを読む "せんひき その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

せんぼ その2

遠州弁せ行

「せんぼ」

まあ遠州固有というものでは決してないだろうが、使い方がもしかしたら独特な部分もあろうかと思って。

続きを読む "せんぼ その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

せわんない その2

遠州弁せ行

「せわんない」

続きを読む "せわんない その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*せす

「なにせすだあ」だと「なにをするんだ」と訳せる。

「どうせすよを」だと「どうするつもり?」と訳せる。

つまる「せす」は「する」という事になる訳であるが。「せる」という言い方も存在している訳で共通語の「する」だと「せる」の方が近い。

A・「せ」が使役の助動詞「す」の未然形であり

「す」も使役の意を表す助動詞であるとするならば使役の連呼ということになる。

別の妄想として

B・「せ」が尊敬の意を表す助動詞未然形であり

「す」が「為」(他動詞)ある動作を行う・するという意味使いであるのなら本来の訳は「なされる」・「しなさる」という訳の方が適切に思えてくる。

実際使ってる感覚からするとBの尊敬の要素というのはまずない。むしろ上から目線である。Aの使役の連呼というのも「なにすんだ?」で「させる」という事ではない。

「あいつにやらせす」(あいつにやらせる)というのであればAで異論はないところだが

「なにせすだあ」にはあてはまらない。

尊敬の「せ」は「いらっしゃいませ」くらいしか思いつかないや。

つまり「なにせすだあ」の「せす」はAもBも当てはまらないもではないか。

「す」は使役というよりもおそらく動作を行うという意に「為」であろうからして、問題は「せ」なのだが使役でも尊敬でもない。今のところ言えることは「分からん」。

ただニュアンスとしては単純に「する」ということではなく「しでかす」みたいな勢いが「せす」には感じられることだけは確かな印象である。

「し」とせ」

「なにをするんだ」を遠州弁に変換すると「なにせすだあ」・「なにせるだあ」になる。女性言葉なら「だあ」を「よを」に変えればよい。

「しない」を遠州弁に変換すると「しん」と「せん」・「せない」。「しよう」を変換すると「しまい」と「せまい」・「せるか」。

このように「し」と「せ」が混合で共存する地域ともいえる。「へ」も使うなあそういえば。なんでもありということか。

「す」については「し」と「せ」いづれにも変わるのだが「する」という表現の場合には「せす・せる」はあるが「しす・しる」は聞いたことがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*せるろう

「するだろう」と言っている。普通は「やるだら」・「せるらあ」等を使うので「せるろう」の使い手は多くはない。昔の仮名遣いだと「せるらう」になるんだろうか。もしそうだとすると「らあ」は「らう」の変化とも勘繰れなくもないところである。根拠は当然ない。

「せるだろう」の「だ」抜きと考えるか

最近土佐の言葉を駆使するドラマが話題であるが、土佐弁でもこういう使い方をしているみたいなので全国的に使われていた古い日本語の生き残りなのだろうか。ただし土佐藩の上士と呼ばれる人は三河・遠州から移住してきた衆ららしいので遠州弁がうつったという勘繰りもできなくはないところではある。もちろんこれも根拠の無いただの妄想である。

これの疑問形は語尾を上げて「せるろ?」と言うか「せるう」とかになる。

例文

「そういやああいつにゆっとくの忘れちってえ。」

  (そういえばあいつに伝えとくの忘れてたよ。)

「なにをよ。」

  (なにをだい?)

「帰り最後に多分なるだで出てく時鍵かってってくれって。」

  (多分あいつが最後に帰る事になるから出る時施錠してってねって。)

「そんくらい気づくこんだでせるろう。」

  (それくらいは気づくだろうだからするだろう。)

「結構ボケかますでなあ。心配だでいちおお確認入れとかすかなあ。」

  (結構抜けたことするからなあ。心配だから一応確認入れておこうかな。)

「心配性だなあやあ。泥棒入ったって盗られるもんなんかありもしん。」

  (心配性だねえ。泥棒が入ったところで盗られるようなものなんかないじゃないか。)

「随分な事ゆってくれるじゃんか。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*せせくる

「触る」ということだが。どちらかというとちょっかいを出すというか「いじる」・「つっつく」という感じの方が近いような感じがする。

言葉そのものは共通語で、ネットの辞書での「せせくる」だとその意味は遠州で使われている意味と少し異なるが、「「せせる」で載っている意味ならば、繰り返しつつく・つついて漁る・いじる・ほじる・つつき散らす等の意味であってこれなら遠州弁での「せせくる」とほぼ同じになる。共通語では使わなくなった言い回しが遠州ではまだ残っているというものであろう。「いじる」を「いじくる」というように「せせる」を「せせくる」というのが遠州弁っぽいともとれる。

遠州では子供のおいたを大人がたしなめるような場合とかに使われる事が多い。大人に対して発したらガキ扱いしてるという事になったりもするのであまり使うことはないような気がする。

近い言葉では「いぜくる」・「なぶる」・「かまう」というのがありこれらは大人子供とかに拘らず使っている。

例文

「あんたねえ。物珍しいからかしらんがさっきからせせくってばっかいるじゃん。変になっちゃかんでやめな。」

  (も~物珍しいからってさっきからずっと弄り回してるじゃないの。変になったらいけないから止めなさい。)

「こわしゃへんでいいじゃんかあ。」

  (壊したりしないからいいでしょ別に。)

「なにゆってるよを。あんたの手えかぶれるかもしれんでやめなっつってるの。」

  (なに言ってんの。あんたの手がかぶれるかもしれないから止めなさいって言ってるの。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*せんびく

この記事につきましてはいつもより増して根拠の薄いものである事を予めご了承下さい。

「せんびく」

「間引く」・「差し引く」とかいう意味。使い方によっては「話し半分」という意味でも使われることがある。

「せん」は剪定するの「剪」を使うのではないかと思われる取捨選択という意味だという解釈が一案。

もうひとつは「線引く」。線で仕切る・境界線を設けるみたいな意味で鵜呑みにしないみたいな使い方に変化したというのがもう一案。ちなみに「せんびきして聞かないと」とかいう使い方はあまり遠州では聞かず「せんびいてきかんとを」とか「真に受けちゃかんにい」とかになるのではと。

*注 ちなみにこの言葉は辞書にも古語辞典にも様々な遠州弁の紹介解説HP・ブログにもとどこにも記載されていないので、存在の根拠がなく私の思い込みによる間違いもしくは勝手な想像上の造語かもしれない可能性がありますので、正しいことを述べていると断言は出来ませんのでご了承下さい。

つまりせんびいて読んでねということです。出自は私の不確かな記憶のよるものだけなのでホント確かかどうか自信ありません。誤りだったらごめんなさい。

例文

「きんのう会場いっただに中止んなってたんでがっくしやあ。」

  (昨日会場に行ったのに中止になっててがっくりきたよ。)

「雨だあだあだっただもんで普通中止だって分かるらあ。」

  (雨どしゃ降りだったんだから常識からして中止って分かるだろうに。)

「ふんだだこんゆったって、あいつう槍ん降ってもやるだにい とか おとつい ぬかしてた もんで やるだかいやあと思って。やってていかんだったら馬鹿みちゃうでやあ。」

  (そんなこと言ったって、あいつが一昨日何があろうがやるもんだよって言ってたからそういうものなのかと思ってさあ。やってて行かなかったら損しちゃうだろ。)

「そんなのふかしだって。あいつんゆうことまるさら信じてちゃかんて。せんびいて聞かんとを。」

  (そんなの嘘だって。あいつの言うこと話し半分で聞かないと。いちいち真に受けてたら駄目だって。)

「こりちゃうやあ。」

  (参っちゃうよなあ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*ぜぜ・おぜぜ・おじぇじぇ

「銭」(ぜに)。お金の事であるが、これは遠州独特でもないし若い衆は使わないのでまあ方言というより名残りの言い回しということであろうと想像される。女性が使うことはまずない男言葉であろうか。

お金の事を口にするにおいてそこはかとなく後ろめたさというか恥じらいが籠もる印象になる。つまり訳すと「恥ずかしながらお金が・を」という感じであろうか。

露骨にお金がどうのこうのと言うに憚る時に使う照れの籠もった表現として使われることが多い。繰り返すが年寄り言葉に近いもので若い人達はまず使わないであろう。

他には「お足」という言い方もあろうが流石にこれを日常で使う人は稀というかいないだろうな多分。時代劇の中での用語か。

例文

「なに殊勝に残業してるでえ。」

  (何で殊勝に残業してんだい?)

「いんやあ。欲しいもんあるもんでおぜぜ稼がんとなっと思ってやあ。」

  (いやあちょっとね欲しいものがあるもんだからお金稼がなくちゃと思ってね。)

「何買うよを。」

  (なにを買うんだい?)

「そりゃいいとこまんじゅうでえの。」

  (そりゃあちょっと内緒だな。)

「てんめえ、ぶっさぐるぞガキじゃあるまいし。」

  (おい子供相手なみたいな口ぶりしやがってなんだよそれ。)

「嘘嘘。いやのっ。車そろそろ替えすかと思ってやあ。」

  (冗談冗談。いやね、車をそろそろ買い替えようかと思ってね。)

「そりゃそりゃ気の遠くなる話しでご苦労なこって。」

  (それはそれは気に遠くなる話しだこと。まあ頑張ってよ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*せんぼ

「栓」という意味。今はどちらかというと廃れつつある表現か。

方言というより「とおせんぼ」の「せんぼ」という言い方がまだ日常会話の中に遠州では残ってたということであろうか。

ちなみに「せんぼ」(栓をする)の他の言い方では「蓋をきせる」という言い方も遠州弁にはある。使い分けに決まりはないが一例として、中に他のものが入らないようにするためのものが「きせる」でせき止めるというか中のものが出ないようにするのが「せんぼ」といった具合。

冗句の語呂遊びとしては「先方の羨望の潜望鏡をせんぼしてどんじかられる」

例文

「かあぬけるだで、飲んだら忘れんとせんぼしときなよ。」

  (炭酸が抜けちゃうから飲んだ後は栓しなさいよ。)

「まるきし飲むでせんぼしんでもいいもん。」

  (全部飲むから栓なんかしなくてもいいもん。)

「やあばかっつら。皆に回すだで自分独りで飲むじゃねえよ。」

  (ちょっとを。皆にも分けるんだから一人で飲むんじゃないの。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*せる

「せる」は方言などでは決してないのだがその使用頻度が他の地域とは違うのが特徴かもと思って記載。それにちょっと受けるニュアンスも共通語とは異なるかも。

これが「させる」とか「やらせる」とかだとモロ共通語であるが、「貸せる」や「着せる」・「寄せる」だと遠州弁っぽくなるような気がする。

共通語の「せる」はどことなく命令というか上から目線な印象が強いが遠州弁だと上の者が下の者にといったような点では同じであるがそんな偉そうぶった印象を感じない。

「貸す」を例にすると「貸せる」は「貸す」・「貸してやる」の中間的な感覚であろうか。

話し変わるが「する」を「せる」というパターンもある。

「そうせよっつうんならそうせるけど、どうせるよを、せるだけえ。せんだけ?」

  (そうしろって言うのならそうするけどどうするんだやるのかやらないのか?)

この文章「せ」を「し」に変えても成立するかというと、「せる」は「しる」にはならないので成立しない。以下のようになる。

「そうしよっつうならそうしっけど、どうせるだあ。するだ?しんだ?」

で、「せる」を共通語に訳せとなると「する」になるんかな。そんな単純でもないような気がするけど。

話しを戻してたとえば「貸せる」。「貸す」という意味であるがそのニュアンスは微妙に貸してやるみたいな恩着せがましい(上から目線)感じが含まれる気がする。

おそらくは方言などではなく古い日本語なんだろうかな。「貸す」ではなく「貸する」という表現にした方が「貸せる」・「貸さる」に変化するのが納得いく気がする。そうすれば命令っぽい「貸せよを」という言い方も理屈は合う。

もっともサ行変格活用とかには当てはまらないんででどういう理屈だというツッコミに応酬できないが。

例文1

「財布忘れたで貸して。」

「貸せてもええけどたんとは嫌だにい。」

「がんこ貸してっつったって貸せる甲斐性ないなあ分かってるって。」

「あ。はあ貸せる気なくいた。」

「嘘嘘冗談だって。」

例文2

「なに着せる気でえ。」

「いいじゃん別にい。何着せようが勝手でしょ。」

「着せられる方ん身いなってみい。堪らんにい。」

「んなこたあねえらあ。カワイイだでいいじゃんかあ。」

「犬嫌がってるじゃん。飼い主の趣味ばっかし押し付けるなあどうかと思うやあ。」

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0-0・当ブログの読扱要領 | 0-1・耳で聞く遠州弁 | 1-1・遠州弁かるた随時製作中 | 1-2・遠州弁あ行 | 1-2・遠州弁い行 | 1-2・遠州弁う行 | 1-2・遠州弁え行 | 1-2・遠州弁お行 | 1-2・遠州弁か行 | 1-2・遠州弁き行 | 1-2・遠州弁く行 | 1-2・遠州弁け行 | 1-2・遠州弁こ行 | 1-2・遠州弁さ行 | 1-2・遠州弁し行 | 1-2・遠州弁す行 | 1-2・遠州弁せ行 | 1-2・遠州弁そ行 | 1-2・遠州弁た行 | 1-2・遠州弁ち行 | 1-2・遠州弁つ行 | 1-2・遠州弁て行 | 1-2・遠州弁と行 | 1-2・遠州弁な行 | 1-2・遠州弁は行 | 1-2・遠州弁ひ行 | 1-2・遠州弁ふ行 | 1-2・遠州弁へ行 | 1-2・遠州弁ほ行 | 1-2・遠州弁ま行 | 1-2・遠州弁や行 | 1-2・遠州弁ら行 | 1-2・遠州弁わ・ん行 | 1-3・遠州弁+古語でお遊び | 1-3・遠州弁的言い回し | 1-3・遠州弁関連 | 1-4・遠州地域ネタ | 2・コマーシャル | 2・スウィングガールズ関連 | 2・テレビ | 2・映画・テレビ | 2・現クールのテレビドラマ | 2・2007年のテレビドラマ | 2・2008年のテレビドラマ | 2・2009年のテレビドラマ | 2・2011年のテレビドラマ | 2・2010年のテレビドラマ | 3・DVD | 3・戦争活劇 | 3・映画・DVD | 3・矢口史靖作品 | 4・その他 | 4・つぶやき | 4・変形改造ことわざ・慣用句 | 4・手作り話し | 4・死語の世界 | 4・言葉の彩?綾?誤?