1-2・遠州弁す行

ずっぽし その2

遠州弁す行

「ずっぽし」

方言というより俗語の範疇であろうが、一応遠州では好く使われるので記載。

続きを読む "ずっぽし その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ずる

遠州弁す行

「ずる」

続きを読む "ずる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

すけない その2

遠州弁す行

「すけない」

説明の補足。

続きを読む "すけない その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ずっか その2

遠州弁す行

「ずっか」

方言というより俗語の範疇であろうかな。皆が皆こういうというものではない。

他の地方のはいざ知らず遠州だとこういう使われ方をしてそうだというのを勘繰ってみる。

続きを読む "ずっか その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ずっこい・ずっけえ

遠州弁す行

「ずっこい」・「ずっけえ」

ネットで検索すると色んなとこの方言として紹介されてる。

遠州でも使うよということで記載。

続きを読む "ずっこい・ずっけえ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

遠州弁す行

多分どっかから伝播してきたものだと思えたが調べたら共通語だった。

遠州でもたまには使うよということで記載。

「ず」。使い方「ず重い」

レベル 非日常参考レベル

続きを読む "ず"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

住まう

遠州弁す行

方言というより古い日本語の生き残りか?

「あそこに住まうじゃ大変だらあ。」

レベル 日常旧茶飯事レベル

続きを読む "住まう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*ずっぽし

全国的に使われている俗語の範疇であろうが、遠州弁での使い方とニュアンスを考えてみる。もしかしたら地域性があるやもということで。意味使いとしてはふたとおりが考えられる。

先ず一つ目

使いどころとしては「はまる」というのが一番印象が強い。

「ずっぽしはまる」

ニュアンスとしては「どっぷり」に近いが泥沼化みたいなどろどろ感は薄く、笑っちゃうくらい見事にといったあっけらかんとした勢いが漂う。ちなみに泥沼化だと「ずぼずぼ」という言い方をする事が多い。

話し戻して、「ずっぽ」しの元は「すっぽり」であろうて

「すっぽり」{副詞}①全体を包み隠す様子。②何かの拍子に完全に抜けはずれたり、はまったりする様子。

と辞書にある意味の中において「はまる」のみの意に特化して「すっぽり」より強調した言い方が「ずっぽし」ではなかろうかと。したがって①の意と②の抜けはずれという意は「ずっぽし」にはない気がする。

「ずっぽしかぶさった」は有り得そうだが普通は言わないし「ずっぽし抜けた」とも普通言わない。普通だと「すっぽりかぶさった」・「すぽんと抜けた」とかであろう。

「はまる」というのは丁度良く入る・ぴったりと入る・穴や溝とかに落ち込むといった意味であるが、丁度良くというかいい塩梅でとかいうニュアンスは「ずっぽし」には無い気がする。

「ずっぽり」と「ずっぽし」の違いは

「やいやいずっぽりはまっちゃってえ」だとあ~あと嘆いている要素が感じられるのだが

「やいやいずっぽしはまっちゃってえ」では笑っちゃうよ(参っちゃうよ)という陽気さが感じられるものである。

次に二つ目

使い方は

「ほれみいずっぽしだらあ」(そら見た事か図星だろうが)

見事にはまるということでは一つ目と同じなのであるが、こちらは「的中」・「図星」といった意で使われるものである。

穿った見方をすれば「ずぼし」が変化して「ずっぽし」になったとも勘繰れるところである。が、流石にそんなことはないだろう。

この使い方の場合「すっぽり」・「ずっぽり」が使われる事は無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*すと

「そうゆわすと」(そう言わないで)

「買わすと思った」(買おうと思った)

「あいつにやらすとしただに」(あいつにやらせようとしたのに)

というように「すと」にはいくつかの意味がある。そもそもこれが全部同じ言葉なのかという疑問もあるところであり、それぞれ別に記事にしてきたがここではひとつにとりまとめての紹介とする。

A「そうゆわすと」の「すと」は「ないで」と訳すのだがこの場合の「す」は打消しである。

B[「買わすと」の「すと」は「~しようと」と訳す何かをするぞという意思を表す「す」である。

C「やらすと」の「すと」「~させようと」と訳す命令を表す「す」である。

「と」についてはどれも大きな違いはなく「す」が大きく意味合いが異なるものである。

Bの「す」は「為」自動詞か他動詞のサ行変格活用「する」の文語形。

Cの「す」は助動詞下二段活用型「せる」の文語形というのが近い。

どちらも文語形というのが引っ掛かるところではあるが説明としてはこれに合わせれば屁理屈は成り立ちそうである。

問題はAの「す」で屁理屈でいけば「ず」助動詞特殊形.「ぬ」・「ない」の文語形。助動詞「ぬ」の連用形。というのははまるところであるが遠州弁では「ず」ではなく「す」である。なのであってる屁理屈かどうかは胡散臭いところであり説得力がまるでなく要はよを分からん。

共通してる不可思議な点はどれも文語形という説明がなされているが遠州弁は話し言葉であって書き言葉ではないのである。

つまるところ辞書から遠州弁の「すと」を説明する根拠は捻り出せないということである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*すか

ハズレという意味ではなく「あらすか」(ある筈がない)・「やらすか」(やる訳がない)・「買わすか」(買うかよ)といった使い方の「すか」これがA。

「やらすか」(やらせようか)・「やらさすか」(やらせようか)・「行かすか」(行かせるか)・「行かさすか」(行くようにさせるか)といった使い方の「すか」これがB。

「やらすか」(やろうか)・「あいつんやらすでいいよ」(あいつがやるからいいよ)といった使い方の「すか」これがC。

「あいつがやらすか」(あいつがやる訳ないだろう)がA。

「あいつにやらすか」(あいつにやらせようか)がB。

「わしんやらすか」(俺がやろうか)がC。

まず、AとBについて考えると

辞書によると「すか」では載っていないので「す」+「か」と思われる。

「す」{助動詞下二段活用型}「せる」の文語形。

「せる」{助動詞下一段活用型}①だれかにある行為をさせる意を表わす。「読ませる」。②相手のするがままにさせておく意を表わす。「勝手に言わせる」。

「か」{終助詞}①質問・疑問の意を表わす。「これは君のですか」。②反語の意を表わす。「誰が喜ぼうか」。③難詰の気持ちを表わす。「駄目じゃないか」。④勧誘・依頼の意を表わす。「出かけようか」。⑤事の意外に驚く気持ちを表わす。「なんだ君か」⑥人の言葉や諺や歌の文句などを反芻しながら、その意味や事実をひとりで確かめる意を表わす。「恋は盲目か」。

とある。Bの使い方に合いそう。

Aの使い方とは合うかというと上記の事から結びつけるに「す」は②の本人の意思で行為をするで「か」は②の反語ということで、「自らの意思でする奴がどこにいる」という意味が考えられる。

「そんなとこ誰が行かすか。行かないね絶対。」

  (誰が行くかよそんなとこ。絶対行かないね。)

とかいう使い方なら上記の説明で当てはまる。だが

「あんたやっただら?」

  (あなたがやったんでしょ?)

「やらすか。なんでわしんしんとかんよを。」

  (やる訳ないだろ。どういう理由で俺がやらないといけないんだ?)

とかいう使い方に対しては説明が上手く当てはまらない。これはおそらく「す」が違うんだろうな「せる」じゃないんだろうな。

別のものを探すと

「す」(為){サ変動詞}「する」の文語形。というのがあった。

文語形ということなら「~せんと欲す」とかいう奴かしらん。これなら「やらすか」だと「やらするか」とちょっと変だけど意味としては「やるをするだろうか」ということで繋がらない訳でもないな。強引だけど。

視点を変えたついでに「か」を古語辞典で引いてみたら

「か」{系助詞}疑問・不定の意を表わす。・・・か。・・・だろうか。反語の意を表わす事もあるそうな。

これだと辻褄が合いそうな気がする。「すかや」という言い回しもあって「やらすかや」(絶対やらないね)という「す」+「かや」という組み合わせにも辻褄が合うな。(もちろん「せる」+「かや」というのもあるけど。)

つまり人の事(Bの使い方)についての「す」は「せる」(①の意)で自分の事(Aの使い方)についての「す」は「為」(するの意)ということか。

それなら「やらす」が「やらせる」というのも合点が行くな。

「あいつになんかやらすか」

  (あいつになどやらせるもんか)

「わしがそんなのやらすか」

  (俺がそんな事するか)

という違った訳であっても辻褄が合いそう。

で、Cについては

「す」は「為」の「す」(する)であろうとして、問題は「か」。おそらくは

「か」{副助詞}の説明の中の勧誘・依頼の意を表わす。「出かけようか」。

であろう。

ということでA・B・C全て別物であろうと勘繰ることができる。

Aは助動詞「せる」+終助詞「か」の組み合わせ。

Bはサ変動詞「す」+終助詞「か」の組み合わせ。もしくは副助詞「か」。

Cはサ変動詞「す」+副助詞「か」の組み合わせ。

以上勝手な推論。合ってるかどうかは定かであらずな個人的見解。

しっかしまあ全て「すか」というのは正直こんがらがる話しである。でもこの使い方していて特に大きな誤解もなく生活できているのだから不思議な話しだよなあ。

補足

「かや」{終助詞}①(詠嘆・感動という意なので略)②{疑問の終助詞「か」に、詠嘆の終助詞「や」のついたもの}疑問の意を表わす。・・・であるか。③反問の意を表わす。・・・であるかい。・・・ものかい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0-0・当ブログの読扱要領 | 0-1・耳で聞く遠州弁 | 1-1・遠州弁かるた随時製作中 | 1-2・遠州弁あ行 | 1-2・遠州弁い行 | 1-2・遠州弁う行 | 1-2・遠州弁え行 | 1-2・遠州弁お行 | 1-2・遠州弁か行 | 1-2・遠州弁き行 | 1-2・遠州弁く行 | 1-2・遠州弁け行 | 1-2・遠州弁こ行 | 1-2・遠州弁さ行 | 1-2・遠州弁し行 | 1-2・遠州弁す行 | 1-2・遠州弁せ行 | 1-2・遠州弁そ行 | 1-2・遠州弁た行 | 1-2・遠州弁ち行 | 1-2・遠州弁つ行 | 1-2・遠州弁て行 | 1-2・遠州弁と行 | 1-2・遠州弁な行 | 1-2・遠州弁は行 | 1-2・遠州弁ひ行 | 1-2・遠州弁ふ行 | 1-2・遠州弁へ行 | 1-2・遠州弁ほ行 | 1-2・遠州弁ま行 | 1-2・遠州弁や行 | 1-2・遠州弁ら行 | 1-2・遠州弁わ・ん行 | 1-3・遠州弁+古語でお遊び | 1-3・遠州弁的言い回し | 1-3・遠州弁関連 | 1-4・遠州地域ネタ | 2・コマーシャル | 2・スウィングガールズ関連 | 2・テレビ | 2・映画・テレビ | 2・現クールのテレビドラマ | 2・2007年のテレビドラマ | 2・2008年のテレビドラマ | 2・2009年のテレビドラマ | 2・2011年のテレビドラマ | 2・2010年のテレビドラマ | 3・DVD | 3・戦争活劇 | 3・映画・DVD | 3・矢口史靖作品 | 4・その他 | 4・つぶやき | 4・変形改造ことわざ・慣用句 | 4・手作り話し | 4・死語の世界 | 4・言葉の彩?綾?誤?