« 「ず」→「なし」 | トップページ | 前夜祭 »

あれ その2

遠州弁あ行

「あれ」

抑揚は「あ」を強く言うもの。

あれ・これ・それ・どれの「あれ」ではない。

共通語に直すとしたら

「あら」・「おや」

とかいったものになろうか。

「あれ、風邪引いただ?」

  (おや風邪を引いたのかい)

「あれはああんなとこにいるや」

  (おやもうあんなとこにいるよ)

などといった使い方。

単純に「ら」が「れ」になったものと勘繰れなくもない。

「見られる」が「見れれる」とかいったもののように

遠州弁は「ら」を「れ」に変えて発する傾向が見られるといえなくもない。

|
|

« 「ず」→「なし」 | トップページ | 前夜祭 »

1-2・遠州弁あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/59335913

この記事へのトラックバック一覧です: あれ その2:

« 「ず」→「なし」 | トップページ | 前夜祭 »