« 接続助詞の「に」・「にい」 | トップページ | 「なんしょ」=「なにせ」 »

かん

遠州弁的言い回し

「かん」

「いかん」は関西では「あかん」

遠州では「かん」と発することが多い。

例えば

「やってはいけない」

関西だと「やったらあかん」となろうか。

遠州弁だと「やっちゃかん」となる。

「見てはいけない」だと

関西だと「見たらあかん」

遠州だと「見ちゃかん」

関西系というよりも東海系に属するんであろうかな。

しかし多用はしないとこが名古屋とかとの違いで

「こりゃあかんわ」を「こりゃかんわ」とは発せず。

「こりゃだめでえ」とか発するのが遠州。言い方を代えれば「かん」と「駄目」を併用するものである。

例文

「ほんたあゆっちゃかんだん、つい言いたくなるだいね。」

  (本当は言ってはいけないんだけれど、つい言いたくなっちゃうんだよね。)

|
|

« 接続助詞の「に」・「にい」 | トップページ | 「なんしょ」=「なにせ」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58922885

この記事へのトラックバック一覧です: かん:

« 接続助詞の「に」・「にい」 | トップページ | 「なんしょ」=「なにせ」 »