« わが生涯に一片の悔いなし | トップページ | どっかにないかな »

漏おる(もおる)

遠州弁的言い回し

「漏る」は共通語

では「漏おる」は?

遠州弁と言えるのかどうか、遠州人は普通に共通語だと思っているのだが

よくよく考えてみると

「漏れる」

というのが共通語だよなあと。

この「もおる」だが、「もれる」には「漏れる」の他に「洩れる」・「盛れる」とかが思い浮かぶが

「漏おる」でしか使わないと思える。水とかな液体や煙とかな気体が滲み出す時に使うもので、こぼれ出る(落ちる)ような状況を指す事が多い。

「光が漏おる」とか「秘密が漏おる」とかいう使い方は普通しない。

辞書の「漏れる」の説明には①光・明かり・気体・液体・声などがすきまを通って少しずつ出ていく(入ってくる)。②隠していたことが知れる。③採用されないで除かれる。洩れるとも書く。とある。

②と③の使い方は「漏おる」は普通しない。

①においても声・光・明かりについては使わないと思われる。

ネットで検索しても見つからないところであるが、遠州でしか使われていないのかどうかは定かではない。というか最初に書いたが遠州人は共通語だと思って使っている。

例文

「物置小屋、雨漏おってるだか知らんが、仕舞っといた本えらいしっけてるやあ。」

  (物置小屋は雨漏りしてるんだろうかねえ、仕舞って置いた本がやけに湿気てんだよ。)

「だいぶ古いでなあ。建て替えさんとかんだかいやあ。」

  (相当古いからねえ。建て替えしなきゃいけないのかなあ。)

|
|

« わが生涯に一片の悔いなし | トップページ | どっかにないかな »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58499461

この記事へのトラックバック一覧です: 漏おる(もおる):

« わが生涯に一片の悔いなし | トップページ | どっかにないかな »