« 「ばかいや」と「どいや」のニュアンスの違い その2か3くらい | トップページ | だいぶ その2 »

「おせん」と「おおせん」の違い

遠州弁的言い回し

「おせん」と「おおせん」はどう違うかというのを勘繰ってみる。

これが遠州弁なのかは不明。

個人的には古い日本語の生き残りなんだろうかなと思っているところ。

例えば「やりおせん」と「やりおおせん」

どちらも訳さば「やり(こなし)きれない」というものである。

勢いでいうと

「やりおせん」は「無理!」といった拒否ってる感じが湧く。

「やりおおせん」だと「全部は難しい」といった「やるだけはやるけど」といった感じが湧く。

「やれっちゅややるけど、とてもじゃないが・・・・・」という場合

「とてもじゃないがやりおせんに」だと「やれと言うならやるけれど無理だよ」と無駄骨だと言っている感じとなる。

「とてもじゃないけどやりおおせんに」だと「やれと言うならやるけど全部は無理だよ」となんらかの手を講じてくれと言っている勢いと感じる。

この場合誇張した言い方をすれば、再考を求めるなら「おせん」改善を求めるなら「おおせん」といった違いが感じられる。

|
|

« 「ばかいや」と「どいや」のニュアンスの違い その2か3くらい | トップページ | だいぶ その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58555832

この記事へのトラックバック一覧です: 「おせん」と「おおせん」の違い:

« 「ばかいや」と「どいや」のニュアンスの違い その2か3くらい | トップページ | だいぶ その2 »