« どっかにないかな | トップページ | あっこ »

りょうくろ

遠州弁ら行

「りょうくろ」

まあ、「くろ」の応用編みたいなもの

「くろ」は「端」(はじ・はし)・「隅」(すみ)という意味。

漢字にするとおそらくは「畔」と書くと想像している。

「畔」は「湖畔」とかいう「ほとり」という意味と田んぼのあぜという意味がありどちらの意も「はじっこ」という意味使いだと勘繰れ、遠州ではその「はじっこ」の意味で「くろ」を使っていと妄想できる。

で、「りょうくろ」

漢字で書けば「両畔」ということになろうか

「両方のはじっこ」つまり「両端」(りょうはし)ということ。

例文

「これ長くて、りょうくろいっぺんに持てんで片方持ってやあ。」

  (これ長くて両端ひとりじゃ持てないから片方持ってくれないか。)

「重いのは嫌だにい。腰おやいてるだで。」

  (重かったら駄目だよ。今腰痛めてるから。)

「重かないでいいよ。」

  (重くないから大丈夫だよ。)

|
|

« どっかにないかな | トップページ | あっこ »

1-2・遠州弁ら行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58508787

この記事へのトラックバック一覧です: りょうくろ:

« どっかにないかな | トップページ | あっこ »