« 「おせん」と「おおせん」の違い | トップページ | 「とちくるう」と「勘違い」の違い »

だいぶ その2

遠州弁た行

「だいぶ」

共通語ではあるが、意味使いが若干独特であろうかなと思えた言葉。

遠州固有かは定かではない。

辞書を引くと「だいぶ」は二種類あって。

「大分」程度が極端にひどくはないが、決して・少なくない(無視できない)様子。

「大部」①書物の分量が多いこと。②「大部分」の意の漢語的表現。

とある。

遠州弁での例を挙げると

「おい、まだだいぶ残ってるにい。」

訳すと「なあ、まだ相当残ってるぞ。」となる。

ニュアンスとしては共通語の「大分」の意の感じというよりも「大部」の意の方が近い。「極端にひどくはないが」というレベルではない。

という点で共通語の「だいぶ」と遠州弁の「だいぶ」は微妙にニュアンスが異なるものだと思えたのだが。

最近のネット辞書では

「大分」①数量が相当であるさま。たくさん。だいぶん。②物事の程度が相当であるさま。かなり。だいぶん。

とあって、遠州弁でのニュアンスと同じと思われる記載になっていた。

遠州弁が元あった共通語を浸蝕したなんていう大層なことは思わないが

昭和に於いては「ずれ」が生じていたものが平成になったら「ずれ」が無くなっていたという風に思える。

|
|

« 「おせん」と「おおせん」の違い | トップページ | 「とちくるう」と「勘違い」の違い »

1-2・遠州弁た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58573804

この記事へのトラックバック一覧です: だいぶ その2:

« 「おせん」と「おおせん」の違い | トップページ | 「とちくるう」と「勘違い」の違い »