« 「腫れぼったい」は共通語だが「暗ぼったい」は方言 | トップページ | 「幻滅」と「失望」はどう違う? »

「易い」を「いい」・「よい」

遠州弁的言い回し

例えば「見易い」は遠州だと「見いい」・「見よい」と発する。

まあ、広い地域で使われる言い回しであって遠州弁といえるほどのものではないが。

「やりやすい」なら「「やりいい」・「やりよい」

「しやすい」なら「しいい」・「しよい」

「買いやすい」なら「買いいい」・「買いよい」

方言というより古い日本語みたいな感じがする。(あくまで感じであって、そうだと断定する根拠とかは調べてない)

「いい」と「よい」の違いを勘繰ると

これも感覚だが「いい」というよりも「よい」と言う方が上品に聞こえる。

普段使いが「いい」でちょっと丁寧にという際に「よい」と言うみたいな印象がある。

別な視点をすると「いい」より「よい」の方が使用年齢お高めという印象がある。

意味としては「いい」も「よい」も違いは感じられない。

例文

「なんでそんなぼっこいの使ってるよを。新しいの買やあいいじゃん。」

  (どうしてそんな使い古したのを使ってるんだよ。買い換えた方がいいんじゃないのか?)

「これんやりいいだでいいだあ。」

  (これが使い易くていいんだよ。)

「最新式ん方がやりよいじゃないのけえ。」

  (最新式の方がやり易いだろう普通。)

「楽ちんとやりいいは違うだあれ。」

  (便利と使いやすさは違うんだよ。)

|
|

« 「腫れぼったい」は共通語だが「暗ぼったい」は方言 | トップページ | 「幻滅」と「失望」はどう違う? »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58365728

この記事へのトラックバック一覧です: 「易い」を「いい」・「よい」:

« 「腫れぼったい」は共通語だが「暗ぼったい」は方言 | トップページ | 「幻滅」と「失望」はどう違う? »