« 遠州弁高座 その43 | トップページ | 書くとややこしい言葉 »

だか

遠州弁的言い回し

遠州弁的にはちょっと変わった使い方の

「だか」

使い方は

「最新式だかってゆうやつ」

まあ遠州弁とかじゃなく共通語ではあろうが。

共通語だと

「最新式とかっていうやつ」

になろうか。

遠州弁における「だか」は普通は「のか」というもので

「ちゃんとやってるのか」というのを「ちゃんとやってるだか」

といったものであるが

ここで挙げる「だか」は「とか」・「やら」という意味合いで使うというもの。

「やら」での例だと「何を言ってるんだか」モロ共通語である。

ほぼ共通語の範疇に入るものであろうが、「だら。だに・だもんで・だで・だあ・だや・だの」など「だ」が根幹という遠州弁に於いては「だか」は遠州弁らしい言葉とつい勘違いしてしまう。

|
|

« 遠州弁高座 その43 | トップページ | 書くとややこしい言葉 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58294999

この記事へのトラックバック一覧です: だか:

« 遠州弁高座 その43 | トップページ | 書くとややこしい言葉 »