« しゃってえ | トップページ | 「弟」を「しゃってえ」と言う。では「兄」は? »

「かや」・「かいや」

遠州弁的言い回し

「かや」・「かいや」

「どうしようかな。行ってみようかな。」を遠州弁にするといくつかの言い回しが思いつく。

「どうしっかな。行って来っかな。」(この場合の「来っかな」は「くっかな」・「こっかな」どっちでも)

「どうせっかやあ。行って来すかな。」(「来すかな」は「こすかな」・「きすかな」どっちでも)

このふたつは「え~と」といった勢い。

「どうしまいか。行って来っかな。」(この場合の「来っかな」は「こっかな」)

「どうせまいか。行って来すかな。」(この場合は「こすかな」。「きすかな」はあまり使わない)

こちらのふたつは「う~ん」といった勢い。

「かな」を「かいや」ニュアンスが変わってくる

「どうしっかや、行った方いいだかいや。」

訳すと「どうしたらいいんだろ、行った方がいいのかな。」

注、「どうしっかいや」という言い方も存在するがあまり使われない。大抵は「どうしっかや」・「どうしっかやあ」の方を使う。

「かや」を使うと迷いはあるが行く気があるというもの。

「かいや」を使うと躊躇していて行くかどうかを自分では決められないという勢いとなる。従って「行って来す」とかいう言い方にはならない。

|
|

« しゃってえ | トップページ | 「弟」を「しゃってえ」と言う。では「兄」は? »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53993327

この記事へのトラックバック一覧です: 「かや」・「かいや」:

« しゃってえ | トップページ | 「弟」を「しゃってえ」と言う。では「兄」は? »