« 「いいのけ」と「いいだか」の違い | トップページ | らね »

「ちゃんとしんとかんじゃん」と「ちゃんとしんでかんじゃん」の違い

遠州弁的言い回し

「ちゃんとしんとかんじゃん」

「ちゃんとしんでかんじゃん」

は、どう違うか。

ニュアンスで訳さば

「ちゃんとしんとかんじゃん」は「ちゃんとしないと駄目じゃないか」

「ちゃんとしんでかんじゃん」は「ちゃんとしないからそうなるんだよ」

「しっかりしなさい」と「ほらみたことか」といった違い。

「しんでかん」の部分は「しんもんでかん」と言ったりもする。

他には

「ちゃんとしんのかんじゃん」とすると「ちゃんとしないのがいけないんだよ」。「のが」の「が」抜き。

「ちゃんとしんにかんじゃん」は「ちゃんとしないといけないのにそうしないから駄目なんだよ」。これは強引だったかな。ホントなら「ちゃんとしんにしんじゃん」と言うのが普通。

ほぼ言わない言わない言い回しではあるが

「ちゃんとしんはかんだにい」だと「ちゃんとしないのは駄目なんだよ」。この場合「かんじゃん」では言わない。「ちゃんとしんなかんだにい」もほぼ同じ意味。

|
|

« 「いいのけ」と「いいだか」の違い | トップページ | らね »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58392380

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちゃんとしんとかんじゃん」と「ちゃんとしんでかんじゃん」の違い:

« 「いいのけ」と「いいだか」の違い | トップページ | らね »