« 「逆手」って「ぎゃくて」?「さかて」? | トップページ | 「とてつもない」の「とてつ」って何だ? »

見れん・見れれん・見れれれん

遠州弁的言い回し

見れん・見れれん・見れれれん

どれも実在する。最後のなんかは冗談みたいだし言いにくいが。

始めに書いときますが、いつにも増してぐじゃぐじゃです。あしからず。

先ず「見れん」。

「見れない」。解釈としては「ない」が撥音便化して「ん」になったもの。「ない」というよりも「ぬ」とした方がホントはスッキリくるのであるが。

次に「見れれん」。

「見られない」。直訳となると「見られられない」といったものとなろうか。「見られん」と同じであろうか。「ら」が「れ」になってると考えると多少は納得出来るかも。

で「見れれれん」。

ニュアンスで訳すと「見たいんだけど見ることがどうにも出来得ない」と言っている。

直訳となるとこれは骨が折れる。いくつかパターンが思い浮かんでどれが相応しいのかよく分からない。

1.「ら」抜きなので「ら」を足すという案。となるとどこに足せばいいのか悩む。

「見られられれない」とすると「られれない」って共通語であるのか?と疑問が残る。

じゃあ「見られられられない」とすればいいのかとなると「られ」ひとつ余分じゃね?と思える。

2.「ら」は「れ」に変わっているのでそれを元に戻すという案。となるとどれを戻せばいいのか苦しむ。

「見られれん」と一個戻すというのがすっきりした感じであるが

「見れられん」という手もあるかなとも思える。

3.「ら」を足すべきところは足して「れ」を「ら」に戻すべきところは戻すという案。

これはもうめんどくさいのでパス。

とにかく意思に反して見れないと言ってるのが「見れれれん」である。

すると「見られられない」か「見れれられぬ」って感じだろうか。「見られられれぬ」かもしれないし正直なところ「ら」をどこに入れるかよく分かっていないで書いてる。

これも「ら」が「れ」になっていて「見られれん」という形であろうか。

4、「見られられ得ぬ」。「見られ」+「られ」+「れ得ぬ」

変形しない元の形はなんじゃらほいと勘繰ってみると

「見れん」→「見れぬ」。「見れ」+「ぬ」

「見れれん」→「見れれぬ」。「見れ」+「れぬ」

「見れれれん」→「見れれられぬ」。「見れ」+「れ」(られ)+「れぬ」

・・・・・・・・って

ああもう頭爆ぜた。結論、よう分からん。どれも合ってる気がしない。

とにかく、屁理屈はともかく「見れれれん」という言い方は遠州弁に存在するのである。

「見れれれれん」はあるかというと、ありそうだが・・・もっと説明できんのでパス2。

|
|

« 「逆手」って「ぎゃくて」?「さかて」? | トップページ | 「とてつもない」の「とてつ」って何だ? »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56620353

この記事へのトラックバック一覧です: 見れん・見れれん・見れれれん:

« 「逆手」って「ぎゃくて」?「さかて」? | トップページ | 「とてつもない」の「とてつ」って何だ? »