« 「ど」は必ずしも「凄い」という意味ばかりではない | トップページ | 「そうでっしゃろ」を遠州弁にするには »

京都弁?の「どす」・「だす」を遠州弁に置き換えるとなると

遠州弁関連

他の方言と遠州弁とを較べてみようかというもの。

今回のお題は京ことばの「どす」

共通語の「です」は京ことばだと「どす」となるらしい。

じゃあ「だす」は?となるとネット(ウィキの「京言葉」)で見る限り大阪の言葉とあった。

でも、昭和の時分の映画(京都が舞台)を観たら「どす」・「だす」両方駆使していた。

で、その映画観た限りに於いて思えたのは

「だす」は男言葉なのかしらむ。

「どす」は男女共用みたいだ。

というもの。

それと、これもあくまで勝手な勘繰りであるが

「そうゆうもんだす」と「そうゆうもんどす」だと

「どす」は「そういうもんです」と聞こえ

「だす」を使うと「そういうものであるのです」みたいな言い切り感が強く聞こえる

といった違いがあるように自分には感じられる。

感想はともかく、この「どす」・「だす」を遠州弁に置き換えるとしたらなんになるんだろと考えてみる。が、「です」は「です」のままだよな遠州は。

でもまあ強引にこじつければ

「そうゆうもんどす」→「そおゆうもんでえ」

「そうゆうもんだす」→「そおゆうもんだや」

というのが思いつく。ただどっちも男言葉で女性が発すものではない。

|
|

« 「ど」は必ずしも「凄い」という意味ばかりではない | トップページ | 「そうでっしゃろ」を遠州弁にするには »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58393708

この記事へのトラックバック一覧です: 京都弁?の「どす」・「だす」を遠州弁に置き換えるとなると:

« 「ど」は必ずしも「凄い」という意味ばかりではない | トップページ | 「そうでっしゃろ」を遠州弁にするには »