« なんか変な遠州弁「参加づら」って? | トップページ | 「かや」・「かいや」 »

しゃってえ

遠州弁し行

「しゃってえ」

もしかしたら数少ない遠州弁固有種かもしれない。

確証は得ていないが。

意味は

「舎弟」(しゃてい)自分の弟の老人語

と辞書にあるくらいだから「しゃてい」は共通語である。

実用としては全国的には893系の用語みたいな扱いであろうが

遠州ではごくごく普通の人が「弟」を指す言葉として使っているものである。

「しゃてい」→「しゃてえ」→「しゃってえ」と変化しているものである。

「しゃってえ」と言った場合は「実の弟」のみで「義理の弟」の場合には「義理のしゃってえ」となる。

で、「しゃてい」は共通語であり、「しゃてえ」となるとちょっと方言性が出てくるが、それでもいくつかの地域でも用いられていそうと思われる。

が、「しゃってえ」となるとさすがに使ってるのは遠州くらいと思える。

ちなみに駿河で「しゃてえ」と発したら引かれたという逸話を聞いた事がある。意味は通じてるがその筋系の危ない人かと勘違いされかねないそうな。駿河ではそもそもの「舎弟」は普段使いはしてないと勘繰れる。

東隣りの駿河はそうらしいが、西隣りの三河はどうなんだろな。北隣りの信州もどうなんだろ。

確認出来れば「しゃってえ」は数少ない遠州固有種と断定できることになるのだが。

なお、「しゃてい」は男女共に使うが「しゃってえ」は男のみが使うものである。

当たり前だが一応、「弟」のみを指すものであり「妹」を指すことはない。

|
|

« なんか変な遠州弁「参加づら」って? | トップページ | 「かや」・「かいや」 »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58341869

この記事へのトラックバック一覧です: しゃってえ:

« なんか変な遠州弁「参加づら」って? | トップページ | 「かや」・「かいや」 »