« 「かがぬける」を考える | トップページ | 「やってみい」と「やってみっせえ」の違い »

「られる」と「れれる」の違い

遠州弁的言い回し

遠州弁においての

「られる」と「れれる」のニュアンスの違い。

例えば

「自分らしく生きられればそれでいい」

というのと

「自分らしく生きれればそれでいい」

というのでは感じが異なる。

「生きられる」の方は周りの環境とかな流れの中でといった勢いを感じ

「生きれれる」の方が流れに関わらず自分の意思が折れないかどうかといった勢いを感じる。

まあ、能動と受動といった違いといえなくもないところだが。しかしそこまで厳格な使い分けといったものでもないと思える。

|
|

« 「かがぬける」を考える | トップページ | 「やってみい」と「やってみっせえ」の違い »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58475864

この記事へのトラックバック一覧です: 「られる」と「れれる」の違い:

« 「かがぬける」を考える | トップページ | 「やってみい」と「やってみっせえ」の違い »