« 「ちゃんとしんとかんじゃん」と「ちゃんとしんでかんじゃん」の違い | トップページ | イントネーションを伝えるのは難しい »

らね

遠州弁的言い回し

「らね」

例えば

「はあ足りるらね」

これを訳さば

「もう十分だよね」

「らね」でひとつの言葉というのではなく「ら」+「ね」というものと勘繰られる。

ただ、普通は共通語に置き換える場合「ら」→「ろ」・「らあ」→「ろう」と置き換えるものであり、その講釈からすると

「もう足りるろね」

となってなんじゃそれということになってしまう。

だったら素直に「ら」→「よ」ということになればすっきりするだろうではあるが

もしくは「だら」の「だ」抜きと勘繰って「もう十分だろね」とするか。

しかし「だら」を使って「はあ足りるだらね」とすると「もう足りるんだろうな」もしくは「もう足りるんだろうね」となるので意味合いが変わってくる。

ニュアンス的には「らね」は足りると思っているもので「だらね」は足りるんだろうなと懐疑的に思ってるという違いがある。

というように、意味合いが違ってくるのでここでの「ら」は「だら」の「だ」抜き表現というわけにもいかない。

屁理屈かますには困りものである。

しかも例を替えて

「あんたゆっちゃあいいんらね」

だと、「あんた言ってやしないだろうねえ」となって

これだと「だら」の「だ」抜きで「だら」→「だろ」という屁理屈が成り立つ。

とにかく屁理屈はかませないが言える事は、この「足りるらね」という使い方に於いては

「らね」→「よね」・「よな」

「だらね」→「だろうね」・「だろうな」

となるということである。特異な使い方ということになるのであろうか。

|
|

« 「ちゃんとしんとかんじゃん」と「ちゃんとしんでかんじゃん」の違い | トップページ | イントネーションを伝えるのは難しい »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58396358

この記事へのトラックバック一覧です: らね:

« 「ちゃんとしんとかんじゃん」と「ちゃんとしんでかんじゃん」の違い | トップページ | イントネーションを伝えるのは難しい »