« 遠州では「だて」はあまり使わない? | トップページ | 猿手・猿腕って »

「共存」って「きょうそん」?きょうぞん」? その2

言葉の彩?綾?誤?

「存」の読みについて その2

「存分」・「存外」って「ぞん」だろう「そん」じゃなくて

というツッコミこれありて

そういえばそうだなとボケをかましていたを知る。

つまり「存在」とか前に付く場合には「ソン」で「共存」とか後に付く場合には「ゾン」と読むみたいなルールがあるんじゃなかろうかとその1で書いていたのだが。

ルール外が多過ぎで

この考え方には無理があるを知るといった次第。

それでも相変わらず「ゾン」支持の身としては、とりあえず迷ったら「ゾン」で発しておけばたとえ間違っていたとしても傷は浅くて済みそうだと思うところ。

こういうの地域によっても違うのかなとふと疑問湧く。

|
|

« 遠州では「だて」はあまり使わない? | トップページ | 猿手・猿腕って »

4・言葉の彩?綾?誤?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58106788

この記事へのトラックバック一覧です: 「共存」って「きょうそん」?きょうぞん」? その2:

« 遠州では「だて」はあまり使わない? | トップページ | 猿手・猿腕って »