« こすけえ、くるかや | トップページ | みんなエスパーだよ 第10話 »

しょう・しょや

遠州弁的言い回し

遠州独特いうものでは決して無く、遠州でも使われてるよというものであるが

「しょう」・「しょや」

「見しょう」・「やらしょう」・「まかしょう」・「行かしょう」・「さしょう」

普通だと「しょう」は「せろ」に置き換えるのが一番妥当と考えられ

「見せろ」・「やらせろ」・「まかせろ」・「行かせろ」・「させろ」

となるのだが

遠州弁的には「せろ」ではちょっとニュアンスが違うと感じる。

遠州弁でのニュアンスとしては、「見せろ」程には強要度はなく

「見せて」程には低い姿勢でもないその中間といった「見させろ」といったような感じであろうか。

「う」を省いて「しょ」で「見しょ」とすると「見せい」みたいな「しょう」より強要度が若干増す勢いとなる。

「しょや」は「しょうや」の「う」抜きと勘繰られるもので

「や」は「よ」に置き換えるのが自然で

「見しょや」で「見させろよ」・「まかしょや」だと「まかせろよ」

とかいった感じになる。

なお「う」抜きせずに「しょうや」で使われることもよくある。

「しょや」よりも「しょうや」を使う方が当たりが柔らかくなる感じがする。

他の言い方としては

「みっせえ」・「みっしい」などが思い浮かぶ。こちらの方が横柄(上から)な感じが増す。

例文

「やあ、なにやってるだあ。ちっとみしょう。」

  (あれ?なにやってんだ?ちょっと見せなよ。)

「偉そうに。なんで見せんとかんよを。」

  (偉そうに。どこに見せる義理があるんだよ。)

「冷たいじゃん。」

  (冷たいなあ。)

といったように、何様だ?みたいな印象を与えかねないので、「ため」同士とかでは使わない方が賢明であることが多い。

じゃあ「ため」の場合はなんと言うのが普通かというと「みして」が好く使われている。

|
|

« こすけえ、くるかや | トップページ | みんなエスパーだよ 第10話 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58141832

この記事へのトラックバック一覧です: しょう・しょや:

« こすけえ、くるかや | トップページ | みんなエスパーだよ 第10話 »