« 遠州弁で同じ音の言葉をより多くを並べてみる | トップページ | 「うっちゃる」はややこしい »

「お綺麗」と「お美しい」どっちがより褒めてる?

言葉の彩?綾?誤?

どうでもいい(どっちでもいい)「どちらが」を個人的意見で較べてみる。

個人の感覚なので正しい意味の解釈を探るものでは全く無いのであしからず。

今回のお題は「お綺麗」と「お美しい」

「いえいえ私なんか・・・」と謙遜されたうえでの応答で

「いえいえとても○○ですよ」と返す際

「お綺麗ですよ」と「お美しい」ですよと返すのではどう印象が異なるんだろうか。

単純に印象からすれば「綺麗」は「見栄え」「美しい」は「発する雰囲気」といった印象を受ける。

他には「綺麗」は冷静で「美しい」は感動(興奮)といった勢いの違いも感じられなくもない。穿った見方だと「綺麗」よりも「美しい」というほうが関心を示している(下心が湧いていそうな)感じにもとれるやも。

儀礼的なら「綺麗」で素直にということなら「美しい」ということなんだろうか。

もっともなかなか「お美しい」なんて発す勇気も根性も持ち合わせていないので、机上のアホ論にしか過ぎないが。

それにどうでもいい人間に「お美しい」と言われてもキモいだけということもあるだろうし、差し障りの無いところで「お綺麗」と言うのが無難であろうなやっぱ。

|
|

« 遠州弁で同じ音の言葉をより多くを並べてみる | トップページ | 「うっちゃる」はややこしい »

4・言葉の彩?綾?誤?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58158820

この記事へのトラックバック一覧です: 「お綺麗」と「お美しい」どっちがより褒めてる?:

« 遠州弁で同じ音の言葉をより多くを並べてみる | トップページ | 「うっちゃる」はややこしい »