« 遠州弁と関西弁の「やったるでえ」の違い | トップページ | 切りどころ その1 »

遠州ではあまり使わない言葉「クソ」

遠州弁的言い回し

「とても」とか「凄く」とかいう意味での「クソ」は

遠州では共通語という認識であって、かつあまり使用頻度は高くない傾向にあろうか。つまり他所の俗語という認識。

なにしろいつも書いてるが「ばか」・「ど」・「がんこ」・「えらい」など「クソ」を使わなくとも事足りてるからであろう。

もちろん全く使わないというものでは無く

「クソ重い」・「クソ暑い」とかはよく使われる。

(まあこれに関しては、意味が「とても」とかじゃなくて「糞」(くそ)での「頭に来るほど・むかつくほど」とかいうことで使われてるのかもしれないが。)

使わない傾向にあるのは

「クソ疲れた」

「クソ痛い」

「クソつまんない」

など

どれも「ばか」・「ど」・「がんこ」・「えらい」を使う。

使わないのでは

「クソたあけ」 これは名古屋とかでよく聞くが遠州では全く言わない。

ちなみに「クソ」の意味は理解できるのでなにそれ?と聞き返す事は無い。聞き取りは出来るが言わない傾向にあるだけである。遠州人が受ける印象としては遠州弁の荒さからしたら意外かもしれないが「品が無い」言い方と映る。

なお、「糞」(くそ)という意味での「くそ」は遠州でも普通に使われている。

|
|

« 遠州弁と関西弁の「やったるでえ」の違い | トップページ | 切りどころ その1 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58184517

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州ではあまり使わない言葉「クソ」:

« 遠州弁と関西弁の「やったるでえ」の違い | トップページ | 切りどころ その1 »