« 切りどころ その1 | トップページ | 遠州弁で同じ音の言葉をより多くを並べてみる »

「じゃん」と「じゃあん」

遠州弁的言い回し

「じゃん」は一般的に相模が本家と言われている。

遠州弁でも「じゃん」は使われているし変化形の「じゃあん」というのもある。

この「じゃあん」、「じゃんか」・「じゃんね」・「じゃんよ」とかと同じように関東では使わない言い回しかもしれないので遠州弁として記載。

例えば

「さっきからゆってるじゃん」と「さっきからゆってるじゃあん」とでは

ニュアンスで訳さば

「じゃん」だと「さっきから言ってるじゃない」

「じゃあん」では「さっきから言ってるだろうが」

別の言い方とも比較すると

「さっきからゆってるじゃんか」は「さっきから言ってるじゃないか」

「さっきからゆってるら?」は「さっきから言ってるだろ?」

「じゃあん」の効能は前に付く語を強めるというものであろうか。まあ、「じゃん」の強調形と言えなくもないか。

その他の効能としては、親しい度合いの高い相手に対して使うもので親しくも無い人に対して発した場合には馴れ馴れしいと映る。

もっとも使い方を知らない人からしたら語気を荒げてる風にしか聞こえないのかもしれないが。

|
|

« 切りどころ その1 | トップページ | 遠州弁で同じ音の言葉をより多くを並べてみる »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58198748

この記事へのトラックバック一覧です: 「じゃん」と「じゃあん」:

« 切りどころ その1 | トップページ | 遠州弁で同じ音の言葉をより多くを並べてみる »