« 「だらあ」と「だ、らあ」の違い | トップページ | 遠州ではあまり使わない言葉「ぶち」 »

古い歌謡曲の歌詞を遠州弁に

遠州弁でお遊び

古い昭和の歌謡曲の歌詞を遠州弁で

お題は「男と女のお話し」

遠州弁の終助詞辺りを覚えるにはけっこういいかも。

恋人に 振られたの

よくある話じゃないか

世の中変わって行くんだよ

人の心も変わるのさ

遠州弁

恋人にい 振られただ

珍しい話しじゃありもしんに もしくは よくある話しだら

世の中変わってくもんだに

人ん心も変わるだで

注、恋人にいの「にい」は方言の「にい」ではない。単なる遠州弁の傾向(癖)。

|
|

« 「だらあ」と「だ、らあ」の違い | トップページ | 遠州ではあまり使わない言葉「ぶち」 »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58044525

この記事へのトラックバック一覧です: 古い歌謡曲の歌詞を遠州弁に:

« 「だらあ」と「だ、らあ」の違い | トップページ | 遠州ではあまり使わない言葉「ぶち」 »