« 遠州弁的「食べれない」と「食べられない」の違い | トップページ | 「起きよ」の抑揚 »

なるたけ

遠州弁的言い回し

「なるたけ」

共通語であるからして全国津々浦々で使われる言葉で遠州弁では決してないのだが

なんかちょっと共通語とニュアンスが違うのかもと思って記載。(あくまで「かも」)

もはや言葉を弄びの領域。

ネット辞書には、できるなら・なるべく、とある。

しかして遠州弁での使い方で例えば

「なるたけ使わんようにする。」

というのを訳さば「極力使わないようにする。」であり、なるべくとか可能な限りとかいった勢いのものとはちょっと違う。

「なるべく」なら使わないようにを意識してで

「なるたけ」なら使わないことを意識して

といった違いが感じられる。(って分かりづらいか。)

どちらも「絶対使わないとは言い切れない」ではあるが

遠州では「なるべく」だと回数を減らすとかいった勢いで

遠州弁での「なるたけ」は「余程の事が無い限り(言い訳が立つ・致し方ない等の理由が無い限り)使わない」という使い方のような気がするところ。

もしかしたら意味使いがちょっと辞書のものとは違う様な感じがしたので記載した。

|
|

« 遠州弁的「食べれない」と「食べられない」の違い | トップページ | 「起きよ」の抑揚 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57520271

この記事へのトラックバック一覧です: なるたけ:

« 遠州弁的「食べれない」と「食べられない」の違い | トップページ | 「起きよ」の抑揚 »