« 「けっからかいた」と「けっつまづいた」の使い分け方 | トップページ | 暑い3 »

三河弁の「りん」に相当する遠州弁はなに?

遠州弁的言い回し

「りん」は湖西辺りでも使われてはいるが、浜松では使われていない。

三河の言葉だろうなと思える。

ではその「りん」、遠州弁では何に相当するのかを勘繰ってみる。

とりあえず思いつくところとしては

「りん」は遠州弁だと「りない」共通語だと「りなよ」

「帰りん」だったら「帰りない」。共通語だと「帰りなよ」

といった具合。違和感は薄かろう。

しかしこれが全てに当てはまる屁理屈かというとそうでもなく

例えば

「食べりん」

「食べりない」とはならないのである。共通語においても「食べりなよ」とはならない。(言 うのは「食べない」、たまに「食べりい」と発すこともある。)共通語なら「食べなよ」)

といったように屁理屈が当てはまらない言い回しもある。(おそらくは「帰りりん」というパターンが本筋で「り」をひとつはしょった言い方が「帰りん」なんだろうかなと邪推する。)

では「りない」・「りなよ」以外に「りん」になんとか置き換えられる言葉があるかというとこれが思いつかない。

言葉が「りん」でひとつではなく「り」+「ん」というものであろうというのは妄想できるのであって、「「ん」が遠州では音便化せず「ない」となっていると勘繰りが出来そうであるが。

「り」がどうにも使わないだけに説明(理解)出来ない。「り」とはなんなのだろうか。命令とか指示を表わす感じなのはなんとなく感じるのであるが。

で、まあ、とりあえず言える事は「りん」を遠州弁に置き換えるとしたら「りない」しか思いつかない。でもすべてに当てはまるものでは無いということで正しい置き換えではないのだろうな。

|
|

« 「けっからかいた」と「けっつまづいた」の使い分け方 | トップページ | 暑い3 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58012391

この記事へのトラックバック一覧です: 三河弁の「りん」に相当する遠州弁はなに?:

« 「けっからかいた」と「けっつまづいた」の使い分け方 | トップページ | 暑い3 »