« 古い歌謡曲の歌詞を遠州弁に | トップページ | かじくる »

遠州ではあまり使わない言葉「ぶち」

遠州弁的言い回し

あまり使わない言葉を挙げるというのも遠州弁の傾向として特徴になるかなと思って。

今回は「ぶち」。

「ぶち痛え」とかいう「ぶち」。

「大層」とか「大いに」といった意であろうか。

まったく耳にしないというものではなく聞いても意味不明と感じるものではない。

が、遠州人は大抵使わない傾向が強いと思われる。

その理由は単純で

「ばか」・「ど」・「えらい」・「がんこ」など

種類が豊富なのであえて「ぶち」を使わなくてもというものであろう。

ところでこの「ぶち」どこの言葉かとネットを徘徊すると山口・広島・岡山とかいった地域名がよく出てくるのでそこいら辺の言葉が元祖ということなのであろうか。でも最早一部地域というよりほぼ全国的な言葉となってると言えようかな。

「打ち」と書いて「ぶち」と読む「打つ」の連用形に由来しているという説明がなされいるところもあった。「ぶちまける」と「ぶち明ける」とかいう「ぶち」。

ちなみに遠州で「ぶち」だと

「ブチ猫」の「ぶち」の方を連想されてしまいがちである。この場合の「ぶち」は「斑」と書いて「ぶち」と読む方の「ぶち」である。

|
|

« 古い歌謡曲の歌詞を遠州弁に | トップページ | かじくる »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58050481

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州ではあまり使わない言葉「ぶち」:

« 古い歌謡曲の歌詞を遠州弁に | トップページ | かじくる »