« 「おこれる」の「れる」 | トップページ | のうたりん その2 »

「けっこい」の使い方

遠州弁的言い回し

「けっこい」

前にも書いたけど、これの使いどころがふと気になるので再び。

なお、あくまで個人的意見であって実用とは離れているのやもしれませんのでご注意を。

「けっこい」を訳さば「きれい」(綺麗)というものとなろう。

実際使われてるニュアンスとしては他には「うつくしい」(美しい)というのがあるが

「けっこい」は「うつくしい」じゃないだろうと思えて仕方ない。

「けっこい」は「結構」+「い」という作りだと邪推するもので

「結構」という言葉に「美しい」という意味は無い。

「けっこくなったじゃん」は「綺麗になったじゃないか」ではあるが

それは「整った」・「不満点が無い」とかいったもので「美しくなった」というものではない。

だから「しばらく見ないうちに綺麗になったね」という共通語を遠州弁に直す際に

「しばらく見ん内にけっこくなったじゃん」と発したら「身綺麗になった」・「化粧が上手くなった」とかは有り得るが内面(人そのもの)を褒めてるといった要素は感じられない。

物に対して使うもので人に対しては使わないかというとそうでもなく

「顔 泥付いてるでけっこくしてきない」

  (顔に泥が付いているから綺麗にしてきなよ)

といった使い方がされる。

やはりなんというか、「美しくなった」というのを「けっこくなった」と言うのはなんか違和感を覚えるんだがそれは自分だけか?

|
|

« 「おこれる」の「れる」 | トップページ | のうたりん その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57919661

この記事へのトラックバック一覧です: 「けっこい」の使い方:

« 「おこれる」の「れる」 | トップページ | のうたりん その2 »