« 「いれるかな」と「「いれすかな」と「いれっかな」の違い | トップページ | しんかんせん »

ついでちゃう遠州弁の「だよ」

遠州弁的言い回し

「それこそついゆっちゃうだよ」

とかいう「だよ」。

「だよ」は共通語だが、使い方に共通語との相違点があるらし。

しかも無意識で出てしまう上に方言的とは気付いていないという。

例えば

「ついゆっちゃうだよ」

共通語だと「つい言っちゃうんだよ」とかになろう。

「最近は早く寝るんだよ」→「最近早く寝るだよ」

「何かあってはいけないので見に行くんだよ」→「なにかあっちゃかんだで見い行くだよ」

「そう思うんだよ」→「そお思うだよ」

といった具合。

要は「だよ」の前に付く「の」(ん)が抜けてるということで「だよ」そのものが変というものではないのだろうが、しかしてこの「だよ」の使い方は共通語でいうと「のさ」と同じで「のさ」と訳したほうが分かりがいいかもと言えなくもない。

「だよ」以外だと思いつくところでは「でえ」・「ですよ」などが同じように「の」(ん)抜けで使われる。

|
|

« 「いれるかな」と「「いれすかな」と「いれっかな」の違い | トップページ | しんかんせん »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/58090014

この記事へのトラックバック一覧です: ついでちゃう遠州弁の「だよ」:

« 「いれるかな」と「「いれすかな」と「いれっかな」の違い | トップページ | しんかんせん »