« 暑い3 | トップページ | 「だらあ」と「だ、らあ」の違い »

逆を返せば

カテゴリー 言葉の彩?綾?誤?

「逆を返せば」

これは有りや無しや

「逆を返せば」

これは「裏を返せば」の言い間違いなのかそれともこういう言い方も存在しうるのか。

「逆にすれば」とは言うわな。

しかして、「裏」を返せば「表」になるけど「逆」を返しても「表」になるとは限らないよな。「逆さ」というのは裏表の面を返すだけでなく上と下の向きを変える(上と下を逆にする)ってのも含まれる訳だし。って言い掛かりかこれじゃ。

まあ多分言い間違いに限りなく近いと思えるところだが、しかしてネットで検索すると「逆を返せば」の使い手が結構存在しているというのは事実であった由。

ということはこれは「有り」な言葉ということになるんかい。

でもなあ、「裏を返せば 意味」で検索すれば意味を説明するサイトにヒットするけど

「逆を返せば 意味」で検索しても意味を説明するサイトにはヒットしない。文章に使われてるところだけがヒットするんだよなあ。

つまるとこ限りなく「無し」と思えるけど否定するほどのものでなしって事なのかな。なので「有り」や「無し」やという事になると微妙であって「灰色」というところで落ち着くのかしらむ。

|
|

« 暑い3 | トップページ | 「だらあ」と「だ、らあ」の違い »

4・言葉の彩?綾?誤?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/52767925

この記事へのトラックバック一覧です: 逆を返せば:

« 暑い3 | トップページ | 「だらあ」と「だ、らあ」の違い »