« 遠州弁高座 その40 | トップページ | まちがえたにみ その2 »

固有名詞

他所とでは意味が違う言葉

ま、厳密に言えば通り名なんだが。

*「さわやか」

最近の話し。遠州ではげんこつハンバーグが代表されるファミリーレストランのことを指す。

「さわやか行きまい。」とか「さわか行っか。」は「爽やかに行こう」というのではなく「ファミレス(さわやか)行ってなんか食べようよ。」と言っている。

*「かっさらい」

遠州では草刈鎌のことをいう。

「雑草がんこで手で抜くじゃえらいでかっさらい貸して。」(雑草が凄い生えてて手で抜くんじゃ大変だから草刈釜貸して。)

*「たこ」

浜松まつりのことをいう。「凧に出る。」で「祭りに参加する。」。

「今年ゃたこ出んだよ。」(今年は祭りには参加しないんだ。)

*「あかでん」

古い話しとなるが「赤電話」のことではなく遠州鉄道の電車を指す。

もっと古い話しでは国鉄は「汽車」遠鉄を「電車」と使い分けしていた。

*「がっき」

最早使われていない昭和の遠州弁であろうが、「日本楽器」(ヤマハ)のことを指した。抑揚は「が」を強く発する頭高。「がっき」以外では「にちがく」(日楽)とも言っていた。

*「シーチキン」

ツナ缶の総称として使われ、はごろもフーズ社製以外の製品でも凡て「シーチキン」と呼んでいる。

*「ろっけん」

「六間道路」の通称。

挙げたらきりがないので今日はこの辺で。

|
|

« 遠州弁高座 その40 | トップページ | まちがえたにみ その2 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55299519

この記事へのトラックバック一覧です: 固有名詞:

« 遠州弁高座 その40 | トップページ | まちがえたにみ その2 »