« 「走る」=「とぶ」って? | トップページ | 「けっこい」の使い方 »

「おこれる」の「れる」

遠州弁的言い回し

「ら」抜きというものではないという

これは別種なんだろうかという勘繰り。

「怒れる」

これは「怒りがこみあげてくる」といった意のもので

もしこれが「ら」抜きであるからけしからんとして「ら」をきちんと入れて「怒られる」などとしたら「叱られる」みたいな意となってしまって意味が通らなくなる。

「怒れた」は「ムカっときた」で共通語ではないらしい。

遠州で「怒られた」発せばそれは「叱責された」とかでそのまんま共通語と同じ意味。

遠州弁は「ら」抜き言葉の激しい好からぬ言葉と言う向きもあるが

言葉が近いだけで別種の言葉で成り立っていると勘繰れば

「ら」抜きという理屈を遠州弁にあてはめるのは無理があるのかもしれない。

「おこれた」→「むかついた」

「おこれて」→「むかついて」

「おこれる」→「むかつく」

「おこれん」については「むかつかない」と「怒れない」の二通りある。

|
|

« 「走る」=「とぶ」って? | トップページ | 「けっこい」の使い方 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57905786

この記事へのトラックバック一覧です: 「おこれる」の「れる」:

« 「走る」=「とぶ」って? | トップページ | 「けっこい」の使い方 »