« 「だら」のおかしな使い方 | トップページ | へんらなあ »

「じゃさあ」と「じゃあさあ」の違い

遠州弁的言い回し

「じゃさあ」と「じゃあさあ」

この違いというものを無理繰りに捻り出してみる。

ほぼ言葉遊びというか因縁つけてるようなものというか。

まあ。全国的な言い回しであって、遠州弁というものではなかろうが、よく使われる言い回しなので。

「じゃさあ」と「じゃあさあ」どちらも「それなら」・「ならば」とかいう意で用いられているものであるが、このふたつに違いや使い分けとかはあるのかというのを勘繰ってみる。

「さあ」は「あのさあ」と同じ「さあ」であろう。置き換えるとしたらニュアンスは異なって来るが「ねえ」か。馴れ馴れしさが伴うが親しい間柄を示す言い方と解釈するのが妥当であろうか。

次に、「じゃ」と「じゃあ」でどう変わってくるのかということであるが。

「じゃ」が「なら」で「じゃあ」が「ならば」と置き換えるとしたら

「じゃさあ」は「ならさあ」で「じゃあさあ」は「ならばさあ」ということになる。

前の話しに乗っかる(乗っける)勢いのものであるところは同じ。

しかし乗っかる勢いとしては「じゃ」の方が強めで「じゃあ」は「だったら」という意味合いの際にも使われるもので別なものを付け足すとか視点を変えるとかいった何かを乗っける勢いが感じられたりもする。

「じゃさあこうしん?」

「じゃあさあこうしん?」

「じゃあ」は使い様によっては反論に使えなくもない。

「じゃよろしくね」と「じゃあよろしくね」にしてみると

「じゃよろしくね」は「なのでよろしく」と言ってるもので前の会話の内容と繋がってる感が強いと思える。

「じゃあよろしくね」は「それではよろしく」と言ってるもので改まって・改めてといった感が増すような気がする。

あくまで勘繰りである。

|
|

« 「だら」のおかしな使い方 | トップページ | へんらなあ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56593200

この記事へのトラックバック一覧です: 「じゃさあ」と「じゃあさあ」の違い:

« 「だら」のおかしな使い方 | トップページ | へんらなあ »