« 「だら」は語尾に付くとは限らない | トップページ | みんなエスパーだよ 第4話 »

「いじる」と「いぜる」のニュアンスの違い

遠州弁的言い回し

「いじる」と「いぜる」

実際の所そう大した違いは無いのだが

それをこじつけに近い感じで違いを勘繰ってみる。

「いじる」は「弄る」で共通語。

それを「いぜる」と発するのが遠州弁。意味が変わるものでは無い。・・・筈。

ちなみに弄るは辞書によると

「いじる」他動詞五段活用①用事も無いのに(やたらに)手でさわったりなでまわしたりする。②(厳密な意味での研究ではなく)興味本位に・(道楽で)物を集めたり調べたりする。③(その任にあるという、ただそれだけの理由から)制度・機構をどうでもいい程度に部分的に改変する。

とある。

では「いじる」と「いぜる」の使い分けとかはあるのかというのを勘繰ってみる。

例えば「いじっちゃかん」と言うのと「いぜっちゃかん」と言うのとでは

「いじるな」の方は「触るな」で「さわるな」・「ふれるな」

「いぜるな」の方は「使うな」といったような感じがしなくもない。

「いぜる」は「操作」するみたいな「扱う」という意味で使われることもあり

「パソコンいぜれる」で「パソコン扱える」となる。

「パソコンいじれる」という言い方をするとこちらはパソコンの修理が出来る・手を加えるみたいな使い方もある。

「なんだお前パソコンいじれるだか?」

これだと操作できるのか?というのと直せるのか?とどちらとも解釈できる。

「なんだお前パソコンいぜれるだか?」

これだと操作できるのか?という使い方に絞られる。

「車をいじる」だとべたべた触れるというのと改造とか自分好みに手を入れるというののどちらともとれる。

「車をいぜる」だと単に車に触るみたいな勢いで他人の車を触るといった風と普通は解釈される。

|
|

« 「だら」は語尾に付くとは限らない | トップページ | みんなエスパーだよ 第4話 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57815431

この記事へのトラックバック一覧です: 「いじる」と「いぜる」のニュアンスの違い:

« 「だら」は語尾に付くとは限らない | トップページ | みんなエスパーだよ 第4話 »