« 「へん」よりか「せん」の方が遠州弁っぽい? | トップページ | 「いじる」と「いぜる」のニュアンスの違い »

「だら」は語尾に付くとは限らない

遠州弁的言い回し

「だら」は大抵語尾に付く。

しかしそうでもない場合もある。

「だら」は「だろ」・「だらあ」で「だろう」と共通語に置き換えることが出来る。

「そうだろ」は「そうだら」

「見ていくだろ」で「見てくだら」

といった風に。

繰り返すが「だら」は「だろ」・「だらあ」で「だろう」と置き換えることが出来る。

なので共通語で「だろ」という箇所を「だら」に変えられることが出来る筈。

例えば「だろねえ」・「だろうね」。

これを「だらねえ」・「だらあねえ」と置き換えることが出来るか。

出来るという寸法。

じゃあなんでもかんでも置き換えることが出来るかというと

「だろうか」を「だらあか」→これは無い。

「はたして来るだろうか」だと「どうだかいやあ、くるだかいや」とかになる。

「だろうに」を「だらあに」→これも無い。

「苦労しただろうに」では「苦労しただいね」とかとなる。(「苦労しただらね」も有り)

「だろうが」を「だらあが」→これも無い。

「さっきから言ってるだろうが」だと「さっきからゆってるらあ?」とかいう風になる。

「だろな」・「だろうな」を「だらな」・「だらあな」→これは有り。

「きっと遅れてくるだろうな」だと「きっと遅れてくるだらな」とかになる。

つまり

「だら」・「だらあ」は大体において「だろ」・「だろう」置き換えられる

というのが正しいわけで、なんでもかんでも置き換えられるものではないということが言えそうだ。

|
|

« 「へん」よりか「せん」の方が遠州弁っぽい? | トップページ | 「いじる」と「いぜる」のニュアンスの違い »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57875113

この記事へのトラックバック一覧です: 「だら」は語尾に付くとは限らない:

« 「へん」よりか「せん」の方が遠州弁っぽい? | トップページ | 「いじる」と「いぜる」のニュアンスの違い »