« 「じゃさあ」と「じゃあさあ」の違い | トップページ | 「ものいわん」と「ものゆわん」 »

へんらなあ

遠州弁的言い回し

「へんらなあ」

変だなあと言ってるわけではない。

もっともこれで意味が成るというものではなく

「(誰も)いやへんらなあ」で「まさか(誰も)いないだろうなあ」

「やりゃへんらなあ」で「よもややろうとしてはいないだろうなあ」とかいった

「~してはいないだろうな」というのが「へんらなあ」。

男もしくは男女共用で女性だと

「へんらねえ」となる。

他には共用で「へんらやあ」とかがある。

味噌は「ら」の使い方であろうか。

「へん」。「(して)いない」を「へん」・「へない」・「いん」・「えにゃ」などと変化するのは遠州に限ったことではない広い地域での変じ方であろう。

「ら」。「だろ」・「だろう」が「ら」に変わってるというもので、これは全国的な変じ方ではなかろうと思える。というか共通語だったら「へんよねえ」で「よ」だろうな。それを「ら」とするというのは東海・中部辺りくらいじゃなかろうか。関西方面でも言うのかな?

「なあ」・「ねえ」。これは共通語で方言の要素は無い。

例文

「よし終わった終わった。さあ帰らすかな。」

「おい、まさか私置いて帰りゃへんらねえ。」

「なんでえ、一人じゃお化け出るで怖いってか?」

「ばかっつら、手伝えっつうのっ。」

|
|

« 「じゃさあ」と「じゃあさあ」の違い | トップページ | 「ものいわん」と「ものゆわん」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57725179

この記事へのトラックバック一覧です: へんらなあ:

« 「じゃさあ」と「じゃあさあ」の違い | トップページ | 「ものいわん」と「ものゆわん」 »