« 「ものいわん」と「ものゆわん」 | トップページ | 「でなんだあ」と「だでなんだあ」 »

「にい」と「やあ」の違い

遠州弁的言い回し

使いどころが同じな「にい」と「やあ」

どうニュアンスが違ってくるかというと

例えば

「初めて聞いたにい」と「初めて聞いたやあ」という場合

「初めて聞いたにい」は「そんなの初耳だぞ」と「ほんとかよ」といった「いぶかっている」勢いとなる。

「うそこけ、初めて聞いたにいそんなこと」は「嘘言うじゃないよそんな事聞いた事無いぞ」と訳せる。

「初めて聞いたやあ」は「初耳だあ」と「へ~そうなのか?」とか「ふ~ん」といった勢いとなる。

「うそだらあ、初めて聞いたやあそんなこと」

これを「ふ~ん」と納得したような場合は

「ホント?そういったのは初めて聞いたなあ」と訳すことになる。

この場合には共通語にするには「やあ」を「なあ」に替えればいい。

そして別で「へ~そうなのか?」と否定も納得もしかねるような場合には

「嘘じゃないよな、初めて聞いたぞそんなこと」と訳すことになる。

この場合の「やあ」は共通語にすると「ぞ」・「ぞう」とかになろうか。

「にい」を使うとほぼ相手の言った事を信じていない。

「やあ」は信じたという場合と納得してない場合のどちらにも使われる。

「やあ」の場合は抑揚の変化によって意味の使い分けがなされている。

|
|

« 「ものいわん」と「ものゆわん」 | トップページ | 「でなんだあ」と「だでなんだあ」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57737395

この記事へのトラックバック一覧です: 「にい」と「やあ」の違い:

« 「ものいわん」と「ものゆわん」 | トップページ | 「でなんだあ」と「だでなんだあ」 »