« 恥ずからしい その2 | トップページ | とんでく その4 »

さあれ

遠州弁的言い回し

「さあれ」

「だあれ」との関連記事。遠州弁かどうかは定かに非ず。というか広い地域で使われているもので遠州でも使ってるよという類いのものであろう。

例えば「やるさあれ」と「やるだあれ」

「やるんだよ」と指示口調なのが「やるだあれ」

「やるのが当然」と命令口調なのが「やるさあれ」

多少ではあるが諭す(納得させる)勢いというのが「だあれ」

有無をも言わさぬ勢いというのが「さあれ」

言葉の作りは

「さあ」+「れ」か「さ「」+「あれ」どっちかと勘繰ると

おそらくは「さあ」+「れ」だろうなと思えるところ。

「やるさあ」+「れ」の方が「やるさ」+「あれ」とするよりも合点が行きやすそう。

「そ~れ」とか「ほれ」とかいったように勢いづけの効果が「れ」にあるような気がする。

それか、「見ろ」を「見れ」といったりすることから指示・命令を表わすのかも。

まああくまで勘繰りであるが。

例文

「どうしっかやあ。買って帰るかやあ」

  (どうしようかなあ。買って帰ろうかな。)

「んなもん買うに決まってるさあれ。」

  (そんなの当然買うに決まってるさあ。)

「そうゆうもんなの?」

「そおゆうもんだあれ。」

|
|

« 恥ずからしい その2 | トップページ | とんでく その4 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57812914

この記事へのトラックバック一覧です: さあれ:

« 恥ずからしい その2 | トップページ | とんでく その4 »