« や | トップページ | 「やな」・「やね」は遠州弁的ではない »

「しんとかん」と「しにゃかん」の違い

遠州弁的言い回し

「しないといけない」というのを遠州弁では

「しんとかん」もしくは「しにゃかん」と言う。

このふたつに違いはあるか。

例えば「ちゃんとしなければいけない」これを遠州弁にすると

「ちゃんとしんとかん」

「ん」は「ない」の音便化したもの。「かん」は「いかん」の「い」抜きと考えられる。なのでこれを元に戻すと

「ちゃんとしないといかん」となる。勢いとしては「~するべきだ」といった感じであろうか。

「ちゃんとしにゃかん」

「しにゃ」は何が変化したのか説明できる勘繰りが考えつかないのだが「「しなければ」と訳すのが合いそう。なので「ちゃんとしなければいかん」となる。勢いとしては「しないのはおかしい」といった感じであろうか。

大袈裟にいえば

「しんとかん」は義務

「しにゃかん」は使命

って大袈裟過ぎるかやっぱ。無理があるな。

「しんとかん」は強めの忠告

「しにゃかん」は命令

とか辺りとなろうか。

で、

どっちも言われて気分のいいものではない事が多いが、どっちがよりカチンと来るかといったら個人差も大きかろうが「しにゃかん」と言われる方がカチンと来やすいかなと思う。

例文

「おいなんちゅうぶしょったいかっこしてるよを。ちゃんとしんとかんにい。」

  (もう、なんてむさくるしい恰好してるんだよ。ちゃんとしなさいな。)

「おいなんちゅうぶしょったいかっこしてるよを。ちゃんとしにゃかんにい。」

  (もう、なんてむさくるしい恰好してるんだよ。ちゃんとしないと駄目でしょう。)

|
|

« や | トップページ | 「やな」・「やね」は遠州弁的ではない »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57838626

この記事へのトラックバック一覧です: 「しんとかん」と「しにゃかん」の違い:

« や | トップページ | 「やな」・「やね」は遠州弁的ではない »