« とんでく その4 | トップページ | 「しんとかん」と「しにゃかん」の違い »

遠州弁的言い回し

例えば「厄介や」

関西と遠州弁では抑揚も違うしニュアンスも異なる。

辞書とかで「や」を調べると

や(助動詞・特殊型)「じゃ」の変化・(関西方言で)主体の断定的な判断を表わす。

(ちなみに「じゃ」は辞書によると「じゃ」=「である」・「だ」)

や(終助詞)①同輩・目下の者を軽く促す気持ちを表わす。「早く行けや」②自分自身に言い聞かせるような気持ちを表わす。「つまらないや」③名前のあとに付けて、呼び掛けることを表わす。「太郎や、おいで」④(雅語)感動の気持ちを込めて文を終始したり、その言葉を述べることを表わす。「古池や蛙飛び込む水の音」

などとある。

遠州では「じゃ」を使わない傾向にあり、関西系の「や」も同じように使わない。「や」においては関東系といえるやも。

なので「そうや」・「せや」という言い方は遠州ではしない。

「そうだ」(まったくだ)という同意(断定)の意で「や」を使うことはしない。

同意の意であればそのままに「そうだ」と言う。(モロな遠州弁だと「そうでえ」とかがあるが)

遠州弁で「そうや」となれば・・・ってこういう言い方ではなく「そうだや」で意味が大層変わるが「だそうな」といったものとなる。「そうだがや」だと名古屋っぽくなる。

で、「厄介や」という場合

関西の方では「ほんま厄介や」だと「まったくもって厄介だ」となろうか。

遠州弁では「ほんと厄介や」だと直訳すると「本当厄介よ」、ニュアンスで訳すと「本当に厄介だよ」。「厄介やあ」で「厄介だよう」。(モロ遠州弁だと「ほんと厄介ゑ」(ゑは「YE」という発音)とかがある)

「松島や嗚呼松島や松島や」

関西風味だと「松島だああ松島だ松島だ」

遠州弁だと「松島だよああ松島だよ松島だよ」

といった違いであろうか。もっともモロ遠州弁だと「松島だやああ松島だあ松島だや」みたいになるが。

つまり繰り返しになるが、遠州では「や」に於いては関東系の使い方をするといえようか。

ただしモロ遠州弁ということになれば「や」ではなく「だや」になろうか。

関西だと「や」は「だ」に置き換えるもので遠州では「や」は「よ」に置き換えるものという違いがあるといえようや。

|
|

« とんでく その4 | トップページ | 「しんとかん」と「しにゃかん」の違い »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57829018

この記事へのトラックバック一覧です: :

« とんでく その4 | トップページ | 「しんとかん」と「しにゃかん」の違い »